パワハラの証拠を集める方法は何がある?:証拠を集めてパワハラを解決しよう!

パワハラがひどくなり、もう自分では対応できなくなって、もしパワハラを訴えようと考えているならば、どんなことを言われたのか、どんなことをされたのかなどが詳細にわかる証拠を集めなくてはなりません。

そこで今回は、パワハラの証拠を集める方法を紹介していきます。そしてどんなものが証拠になるのかも紹介します。

最も有効なのは動画

最も有効な証拠は動画ですが、なかなかパワハラを受けている際に動画を撮影することはできません。

会社に協力者がいる場合は、動画撮影を頼んでもいいかもしれませんが、会社では個人情報の保護などのため、動画撮影はできない場合があり、もしかしたらそのことで、逆に会社から服務違反で懲戒処分を受ける可能性もありますので、慎重に検討しましょう。

音声を録音する

携帯、ボイスレコーダーで音声の録音をできます。録音は、声が本人のものかどうかの判断が難しいですが、証拠としては非常に有効です。

提出を求められた際には、ボイスレコーダーの方がいいでしょう。常に持ち歩きして、パワハラされている上司に呼ばれた場合など、録音しましょう。

メモを残す

パワハラされた日時・場所、何をされたか、何を言われたかなどをメモに残しましょう。なるべく記憶が鮮明なうちがいいです。動画や音声より証拠としては不十分ですが、ないよりはいいです。

メモは後で書くので、感情が入ってしまい実際よりひどい内容になる可能性もあります。できるだけ感情を入れずに、正確にメモを残しましょう。

また録音した内容も文章に残して、日付・場所を記し、もしほかに誰かいたらその人の名前も残しておきましょう。証人になってくれる可能性は非常に少ないですが、ゼロではありません。

会社でのパワハラの場合、他の同僚が見て見ぬふりをすることはよくあることです。自分の身に災難が降りかかることを恐れるためです。

上司からのメールも証拠になります

上司からの不適切な指示、ひどい叱責の内容のメールも証拠になります。メールを見たくないからと削除しがちですが、大切な証拠ですので保存しておきましょう。

医師に診断書お願いする

パワハラで精神的疾患を発症した場合、治療するだけでなくきちんと診断書をお願いしましょう。

診断書では、パワハラが原因かどうかについての因果関係は証明できませんが、疾患を引き起こしていること、その時期などをはっきりさせることができます。

有効な証拠を残してパワハラを撃退しようとする場合、その証拠をもとに、パワハラを会社、上司に認めてもらうには、本人の力だけではできません。

パワハラを相談できる公的な機関が各都道府県にありますし、有料となりますがパワハラ専門の弁護士に相談しましょう。

専門の弁護士は、証拠としてどんなものが有効か、この証拠だけでは不十分かなどの判断をしてくれますし、今後パワハラを訴えるための手順を教えてくれます。

また会社を相手にするのか、上司だけを訴えるのかなども相談しましょう。

記事の著者

ストレスの悩みをもっと見る