日常に潜む30種類のハラスメント一覧:セクハラやパワハラ以外に何があるのか?

ハラスメントといっても、いろいろな種類があります。その数は、驚くことに30種類以上ともいわれています。

こんなことがハラスメントになるのかと思うようなものもあると思いますが、これからハラスメント30種類を起こる場所ごとに分けて紹介していきます。

主に会社内で起こるハラスメント

まずは、会社内で起こっているハラスメントから紹介していきます。

セクシャルハラスメント(セクハラ)

男性・女性にかかわらず、性的な嫌がらせをして相手を不快な思いをさせるハラスメントです。

身体的接触だけがセクハラの対象になるのではでなく、性的言動も対象に含まれます。

セカンドハラスメント(セカハラ)

ハラスメントを相談したことによって、被害者が相談相手や周りの社員に責められるハラスメントです。

相談した人にセカハラを受けると、被害者はそれ以上の相談がしにくくなってしまうので、社外の相談機関も巻き込んで解決させることが必要です。

パワーハラスメント(パワハラ)

社内等で優位的な立場を利用する、業務の範囲を超えたハラスメントです。身体的攻撃、精神的攻撃、人間関係からの切り離し、過大な要求、過小な要求、個の侵害の6つが典型例とされています。

アルコールハラスメント(アルハラ)

歓送迎会などの個人的な会ではない飲み会の場で、お酒を強要するなどのハラスメントです。

お酒に弱いのに飲むことを強制されたり、泥酔状態の人に迷惑行為を受けたりすることで、不快に感じる人は多いのではないでしょうか。

ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)

男のくせに、女のくせにこんなこともできないのかと言って、男性・女性のあたりまえを押し付けるハラスメントです。

男らしさ、女らしさを強制されるのを嫌だと感じる人も多いです。

リストラハラスメント(リスハラ)

リストラ対象者に対して行うハラスメントです。自主退職を推奨されて断ったら嫌がらせを受けたり、繰り返し自主退職を勧められたりした経験がある人もいるのではないでしょうか。

企業側が解雇のリスクを避けるためにリスハラが起こってしまうことが多いようです。

モラルハラスメント(モラハラ)

言葉や態度で、相手に精神的に追い込むハラスメントです。職務中の人間関係を利用する必要がないという点が、パワハラとの違いです。

カラオケハラスメント(カラハラ)

歓送迎会などでカラオケに行った時、無理やり歌うように強要するハラスメントです。

歌うのが苦手で人前で歌うのが嫌いな人は、無理やり歌わされることを不快に感じてしまうでしょう。

エイジハラスメント(エイハラ)

会社、家庭などで年齢によって差別をしたり、嫌がらせをしたりして、相手に不快な思いをさせるハラスメントです。

これだからゆとり世代はダメなんだよというセリフをよく耳にしますが、立派なエイジハラスメントです。

テクノロジーハラスメント(テクハラ)

PC、タブレット、携帯などのハイテク機器に詳しい人が、あまり得意でない人にこんなのもできないのかといって、嫌な思いをさせるハラスメントです。テクニカルハラスメントと呼ばれることもあります。

マタニティーハラスメント(マタハラ)

会社内で、妊娠した人、子育てをしている人に対して、忙しい時期なのにと陰口をいったり、いやがらせをするなど、不快な思いをさせるハラスメントです。

妊娠した人は、つわりや強烈な眠気を起こして業務の効率を下げてしまいますし、子育てをしている人は、なかなか周囲に子育ての事情を理解してもらえないので、ハラスメントが起こってしまうことが多いようです。

主に学校で起こるハラスメント

次は、学校内で起こっているハラスメントを紹介していきます。

アカデミックハラスメント(アカハラ)

大学内で、大学教授が学生などに、その立場を利用して嫌がらせを行うハラスメントです。

正当な理由もないのに進級させてもらえなかったり、学生のプライベートに過度に関与したりと悪質なケースが多いです。

テクスチュアルハラスメント(テクハラ)

これは男性が書いたものだよねと言ったり、こんな素晴らしい文章を女性が書けるわけがないと言ったりして、文章の内容から勝手に性別判断するハラスメントです。

男女雇用機会均等法違反になったり、名誉毀損で訴えられたりする可能性もあります。

終われハラスメント(就活終われハラスメント/オワハラ)

会社がリクルート中の学生に対して、内定を出したのだから他の就活を終わらせろというような事を言って、強要するハラスメントです。

強い口調でオワハラをして、脅迫罪に問われてしまったケースもあります。

エアーハラスメント(エアハラ)

会社や公共の場所で、周りの人を気にせず温度を設定して、相手に不快な思いをさせるハラスメントです。

稀ですが、場の雰囲気を悪くするという意味で、エアーハラスメントという言葉を使う場合もあります。

主に家庭内で起こるハラスメント

次は、家庭内で起こるハラスメントを紹介していきます。

シルバーハラスメント(シルハラ)

家庭内や介護施設などで60歳以上のシルバーに対して、不快な思いをさせるハラスメントです。老人に対する嫌がらせや、介護拒否などがシルハラに当たります。

上記3つ以外の場所で起こるハラスメント

最後に職場、学校、家庭以外で起こるハラスメントを紹介していきます。

ブラッドタイプハラスメント(ブラハラ)

A型だからこのタイプなどと、血液型で判断して、相手に不快な思いをさせるハラスメントのことです。

会社の採用面接の際に血液型を聞いて、それを元に性格を勝手に判断して合否を決めるところがありますが、これはブラハラに当たります。

エレクトロニックハラスメント(エレハラ)

電波や電磁波など、エネルギー系の目に見えないものを通して嫌な思いをさせるハラスメントです。

日本では認知がまだ少なく、公安保安庁がエレハラ対策をあまり行なっていないというのが現状です。

ドクターハラスメント(ドクハラ)

医師から診断を受ける際に、自分の診断が信じられないのかと言われたり、病気になったのはあなたが原因ですよと言われたりして、不快な思いをさせられるハラスメントです。

マリッジハラスメント(マリハラ)

結婚適齢期を過ぎた方に、まだ結婚しないのなどと言って、不快な思いをさせるハラスメントです。

結婚する気がない人が、結婚適齢期を過ぎているだけで結婚できないと決めつけられたら、不快に感じてしまいますよね。

ペットハラスメント

飼い主が、うちのペットは大人しいからなどと言って、リードをつけないで散歩して、他人に嫌な思いをさせるハラスメントです。

生理的に動物が嫌いな人や、動物に恐怖を感じている人からすれば、迷惑行為に当たるでしょう。

スメルハラスメント(スメハラ)

体臭、口臭だけでなく、強い香水などの匂いで、相手に嫌な思いをさせるハラスメントです。

しかし、体臭や口臭は意図的なものではないので嫌がらせとは言い難く、難しい問題です。

ソーシャルハラスメント(ソーハラ)

相手の許可を取らずに、SNSにその相手に関する書き込みをして、不快な思いをさせるハラスメントです。

上司が部下に自分の投稿に反応するように強制したり、部下のコメントを常にチェックして毎回反応したりするなどの行為が、ソーハラに当たります。

ゼクシャルハラスメント(ゼクハラ)

結婚雑誌ゼクシーのを元にした言葉で、交際中の男女が相手に対して結婚をアピールして、不快な思いをさせるハラスメントです。

執拗に結婚の話をしたり、友人が結婚したことを交際中の相手に話したりするなどの行為は、相手にとっては迷惑になってしまうことがあります。

パーソナルハラスメント

個人的な特徴に対して何か言って、相手に不快な思いをさせるハラスメントです。いじめのきっかけになることがよくあります。

ラブハラ

恋愛や性に関して発言して、相手に不快な思いをさせるハラスメント。恋愛観は人によって多種多様なので、無自覚に起こりやすいでしょう。

レイシャルハラスメント

人種差別的な発言で、相手に不快な思いをさせるハラスメントです。

外人を日本人でないことを理由にして差別して起こるイメージがありますが、逆に外人を日本人と同様に扱って、出生に伴う文化的尊重をしていないという理由で不快感を抱き、ハラスメントになってしまうこともあります。

レリジャスハラスメント

宗教法人が、執拗に勧誘したり、やめさせなかったりして、不快な思いをさせるハラスメントです。

宗教団体に入ると、高額な壺やビデオを買わされることがありますが、これもレリジャスハラスメントに当たります。

フォトハラスメント

相手の写真を勝手に撮ったり、それをSNSにアップしたりすることで、相手に不快な思いをさせるハラスメントです。

プライバシーの侵害だと感じたり、写真の悪用を恐れたりする人が多いようです。

カスタマーハラスメント

店舗で必要以上に、店員やカスタマーセンターにクレームをつけるハラスメントのことです。クレイマーハラスメントと呼ばれることもあります。

全く店舗側に非がないのに、客にクレームをつけられるといったような悪質なケースもあります。

ハラスメントを防止するにはどうしたらいいのか?

あまりに多くのことがハラスメントに該当すると知り、驚いたかもしれません。ただ、知っておくことが未然に防ぐ唯一の方法かもしれません。

自分は何もしていないつもりでも、相手が不快に思えばハラスメントです。

人の受け取り方は様々ですが、周りの人と上手にやっていく方法を見つけるために、ハラスメントについて知っておくのはいいことだと思います。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る