音のハラスメントとは?原因から対処法まで紹介!

パワハラやセクハラは聞き馴染みがありますが、音のハラスメントもあります。

自分が周りの人が出す音に困っている人や、自分が誰かに「音ハラ」だと思われていないか心配な人のために、音ハラについて紹介します。

音のハラスメントとは何かという説明から、音ハラをしないための注意点や、音ハラに悩む時の対処法までわかるので、ぜひ参考にしてください。

音のハラスメントとは?

音のハラスメントというのは、具体的にどんなものを指すのでしょうか。

例えば、仕事中にPCのキーボードを強くたたく音や、ボールペンをカチカチと必要以上に押す音など、仕事の邪魔になるような音を立て続けると、ハラスメントになる可能性があります。

他にも、飲食をする音や、独り言を大きな声で言う、会社の取引先の電話を大きな声で話すなど、声に関するものもあります。

受話器をガチャンとおく音、椅子がキーキーなる音など、物が発する音もハラスメントになる可能性があるので、注意が必要です。

小さいことかもしれませんが、とにかく他の人が嫌だと思ったら、すべてそれはハラスメントになってしまうという認識を持ちましょう。

音のハラスメントの原因

上記の音のハラスメントは、ほんの一部にすぎません。職場の音のハラスメントを感じている人は、非常に多くいます。

しかしながら音のハラスメントは、無意識な行動が原因で起こっている場合が多いです。

本人は、そのことが他の人に対するハラスメントになっているという認識がありません。

音のハラスメントをしない方法

音のハラスメントをなくすには、音のハラスメントとは何か知ることが一番です。

こんなことに人が不快な思いを感じていたのか、と知ることで意識的に気を付けることができます。

そして、自分も他の人の気になる音についてよく考えてみることも大切。自分が嫌だと感じている音は、相手もそうなのです。自分も相手も、無意識に音のハラスメントをして、されているという認識を持ちましょう。

音のハラスメントにあった場合の対処法

一方で、音のハラスメントにあっている場合は、どうすれば良いのでしょうか。

一番簡単なのは、直接伝えることです。音のハラスメントは無意識な行動によって引き起こされる場合が多いので、自分が不快に思っていることを伝えれば治る可能性が高いからです。

しかし、癖になっているため繰り返してしまったり、また大したことないだろうと流されてしまう場合もあるかもしれません。

ストレスになってしまうのは良くないので、その場合は上司から注意するようお願いしてみたり、他の人からも言うように頼むと良いです。

職場以外での音のハラスメント

音のハラスメントは、職場以外でも起こり得ます。騒音と言い換えると、イメージがつきやすいかもしれません。

騒音と言われるほど大きな音を出していなくても、無意識な生活音で他の人が嫌な思いをしていれば、それは音のハラスメントと言われてしまう可能性があります。

例えば、集合住宅での下の階の方に響く足音や夜の洗濯機、シャワーなどの水の音、ペットの鳴き声や子どもの泣き声などは、要注意。

そして自分だったらこの音気になるなど、相手の音にも敏感になることが大切です。音ハラスメントで誰かに迷惑をかけないよう、心がけましょう。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る