まぶたのくぼみの原因と改善方法紹介:美容整形でコンプレックスを解消!

まぶたの上にくぼみがあると、少しくらいなら堀が深くて美人系に見えるものの、あまりにもくぼみが深いと老け顔まっしぐら。特に女性の場合、実年齢よりも老けて見えてしまうとすごくショックですよね。

このまぶたのくぼみは一体何が原因なのでしょうか。そして、その原因からまぶたのくぼみを改善することは出来るのでしょうか。

今回は、まぶたのくぼみの原因と自宅でできる対処法から美容整形の施術方法までご紹介していきます。

まぶたのくぼみに長期間悩んでいるという方は、全国に75のクリニックを構える「湘南美容クリニック」で、1度カウンセリングを受けてみて自分にぴったりの施術方法はどれなのか相談してみましょう。

湘南美容外科をチェックする

まぶたのくぼみの原因



まず、まぶたのくぼみの原因には「加齢」、「血行不良」、「ハリ不足」、「皮下脂肪の減少」という4つの原因があります。それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

1.加齢

目の周りには目輪筋と呼ばれる筋肉があり、この筋肉は加齢と共に弱くなるもので、多くの人は30代から筋力が下がり出します。

加齢によって表情筋を動かす回数がどんどん減っていくため、筋肉が衰えるだけではなく、皮下脂肪の重みによって目元がたるみます。

また加齢によって、まぶたの乾燥やコラーゲン不足が積みかさなり、たるみやくぼみの原因にもなります。ドライアイを引き起こす原因でもあるので、普段から目の周りの筋肉をしっかりほぐし、疲労を溜め込まないためのケアが必要です。

2.血行不良

次は血行不良です。血行不良になる原因にもさまざまな原因があります。

例えば、スマホやテレビの見過ぎ、本などの読み過ぎも血行不良になります。睡眠不足やストレスが溜まることでも血行不良の原因になるので注意が必要です。

目の周りの血行不良や疲労によって、効き目に筋肉が偏り、凝り固まってしまいます。

またコンタクトレンズをずっとつけっぱなしにしておくことも目の疲れ・凝りの原因になります。

3.ハリ不足

加齢に伴い筋力も低下しますが、コラーゲンやヒアルロン酸などのハリを保つための成分も減少していきます。

このようなハリを与えていた成分が減少すると、皮膚がしぼんだ状態になるので、くぼみやすくなるということです。

普段からしっかりと保湿を心がけることと、サプリメントなどからコラーゲンやヒアルロン酸などの潤い成分を補うことで改善・予防できるでしょう。

4.皮下脂肪の減少

比較的痩せ型の体型をしている人が対象の原因で、皮下脂肪が骨や眼球にくぼんでいくことでまぶたにくぼみが生じます。

この原因に関しては体系の変化だけで改善することもあるでしょう。急激なダイエットや目元へのダメージが皮下脂肪の減少を引き起こします。

目元のくぼみの改善方法

上記で紹介した4つの原因に対してどのような対処をすれば、目元のくぼみは予防・解消できるのでしょうか?

自宅でできる解消法や、美容整形の施術内容について見ていきましょう。

目元のマッサージ

目元のマッサージは、目の筋力低下や血行不良の原因にアプローチできる方法です。

1日中メイクやPC・スマホからの負担を受けて疲れた目をしっかり休めることが大切です。作業の間や目の疲れを感じた時には、目頭・鼻・眉頭にかけて親指で流れるようにほぐしましょう。

この目元のリフトアップをしっかり習慣にすることで、くぼみ予防が可能になり、顔全体の印象も明るくなります。

保湿ケア

目元の皮膚は薄く、メイクや乾燥によってダメージを受けやすい部分です。そこで日々の保湿ケアが重要なポイントになります。

毎日しっかりとメイクオフして保湿ケアを行うことで、ハリや弾力を保ち、加齢に負けない目元作りができます。

目元のくぼみやクマが気になるという方は、通常の化粧水だけではなく、乳液や目元専用のアイクリームをなじませてケア行いましょう。

保湿ケアを行う際に、上記でご紹介したマッサージやツボ押しを同時に行うことでまぶたの疲れやくぼみを予防・軽減することができます。

また目元専用クリーム「アイキララ」は、コンシーラーやメイクだけではごまかすことができない加齢による皮膚痩せに対して、内側からコラーゲンをサポートしてくれるアイショットクリームです。

マッサージや通常のケアでは太刀打ちできないくぼみに悩んでいる方はぜひ試してみてください。

アイキララをチェックする

美容整形手術

改善方法を紹介してきましたが、慢性的なくぼみに悩んでいるという方や、しっかりとまぶたのくぼみを改善したい方には美容整形がおすすめです。

美容整形でのまぶたのくぼみ施術は、「ヒアルロン酸注入」、「脂肪を注入」という2つの方法があります。ここからは2つの施術方法をご紹介していきます。

①ヒアルロン酸注入

注射器で目元にヒアルロン酸を入れる方法です。このヒアルロン酸の注入では、体内にもともと持っているヒアルロン酸と新たに注入したヒアルロン酸が結合し、ハリのある目元を形成することができます。

肌になじみやすく、アレルギーや副作用の心配もほとんどありません。

ヒアルロン酸を注入する施術は最もシンプルな整形方法になり、施術時間も10分程度で終了します。

そのため整形施術としては気軽に行える方法なのですが、効果は一時的なものになり、長くても半年程度で元の状態に戻ります。また、目の下の敏感な部分に注射を打つということで、腫れが引くまでに1週間程度かかる場合もあるようです。

金額は、他の施術方法に比べると低めの、約6万円が目安になります。

②脂肪を注入

自分の体の脂肪を吸引して、その脂肪を目元に注入する方法です。この脂肪は二の腕や太もも、お腹など皮下脂肪がついている部分から吸引します。

もともと自分の体にあったものを別の場所に移植するという形なので、コラーゲンと同様になじみやすく、アレルギーや副作用の心配がいりません。

また肌に吸収されなかった脂肪は半永久的に保つことができるので、コラーゲンよりも長期的にハリのある目元をゲットすることができます。

しかし、注入した脂肪のうち吸収されてしまう脂肪もあるため、完全に術後のハリのある状態を永久に保つということは難しいようです。コラーゲンと同じく何度かクリニックに通う必要があります。

脂肪を移植する場合は、二の腕などの脂肪の塊を摂取してまぶたに移植するという方法で、脂肪注入と脂肪移植の費用は15万円程度です。

くぼみをハリに変える美容整形

くぼみができる原因とその解消方法についてご紹介してきましたが、自分のくぼみの原因やぴったりの対処法は見つかりましたか?

慢性的なくぼみに悩んでいるという方は、マッサージやアイショットクリームだけでは完全に解消するということは難しいかもしれません。

理想の目元を手に入れたい方は、美容整形でハリと弾力のある目元を目指してみてはいかがでしょうか?

整形と聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、コラーゲンあるいは脂肪の注入は短時間で簡単に行うことができます。また体内にもともとある成分を注入するため副作用やアレルギーの心配もありません。

年間125万人の来院者数を誇る「湘南美容クリニック」なら、ていねいなカウンセリングで、無理な勧誘もないので、相談した後に実際に整形をするかしないか最終的な決定をすることができます。

まずは美容整形のプロに自分にはどの施術があっているのかを相談し、不安や悩みを解消してみましょう。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者

整形の悩みをもっと見る