顎のボトックス注射の効果とメリット:気になる痛みやダウンタイム・費用は?

記事の著者:1208700

顎に梅干しのようなシワが入っており、顔がどことなく「怒」の表情に無意識になってしまっていることがある、という悩みを抱えている方は少なくないでしょう。

一旦気になってしまうと、鏡を見るたびに気になってしまうものです。しかし、顎が元々このような骨格が原因という人も中にはいるでしょう。

顎の形はなかなか自力では変えられるものではありません。そこでおすすめしたいのが、顎に注入するボトックス注射です。今回は、顎整形のボトックス注射とはどんな方法なのかをご紹介します。

初めての美容整形で、不安な方は症例数や来院者数の多いクリニックで情報収集をしましょう。

全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」では、ていねいなカウンセリングと充実したアフターフォローの制度が整っているので、安心して施術を受けることができます。

まずは湘南美容クリニックのカウンセリングに足を運んで、自分の希望のフェイスラインにするにはどれくらいボトックスが必要なのかを相談してみましょう。

湘南美容外科をチェックする

ボトックス注射とは?

整形

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質のことで、一時的に注入した部分の筋肉を麻痺させます。

筋肉を麻痺させることで、筋肉の動きを抑えて細くしていく効果があります。顎や顔周りに注入することで張っている筋肉を細くし、顔全体を小さくすることができます。

麻酔や切開などの大掛かりな施術を伴わずに、注射のみで10〜15分程度で施術が完了するので初めての方にもおすすめできる美容整形の1つです。

ボトックスにもさまざまな種類があるので、代表的なものをご紹介していきます。

ボトックス(アラガン社)

アメリカの大手医療メーカーが提供するボトックスは、世界シェアNo.1で世界中で多くの人に利用されています。

純度が高く、安全性の面での信頼があるメーカーなので、日本の多くのクリニックでもアラガン社のボトックスを扱っています。

持続期間は4〜6ヶ月で、費用は1万円〜5万円とされています。

ボトックスビスタ(アラガン社)

こちらのボトックスビスタも上記と同じくアラガン社の製品です。

日本国内で唯一目尻や眉間などの目の周りに使うことができるボトックスです。効果自体はボトックスとほとんど同じようですが、日本で幅広く使われているボトックスです。

持続期間は3〜4ヶ月で、費用は2万円〜5万円とボトックスよりやや値段が上がります。

ニューロノックス(メディトックス社)

ニューロノックスは、美容大国の韓国のメーカーが製造しているボトックスです。

ジェネリック薬品のため、費用が1万円〜3万円とリーズナブルな価格で利用することができます。

持続期間は3〜6ヶ月が目安になります。

ゼミオン(メルツ社)

ゼミオンはドイツのメーカーが製造しているボトックスです。最新のボトックスで高純度であることが特徴になっています。

ゼミオンのボトックスは、従来のボトックスよりも効果が見えるのが早くなり、効果の減退スピードが遅いことがポイントとなり、人気を集めています。

費用は6万5千円程度が目安になります。

顎のボトックス注射の効果

ボトックスとは、ボツヌリス菌のたんぱく質の1種である、ボツヌリストキシンと呼ばれる物質を脂肪の中に注入することによって脂肪を溶かすもので、筋肉の収縮を弱める働きがあります。

そんなボトックス注射を顎に行うと、多くの顎の悩みを抱えている人に共通する「緊張状態の顎」や「梅ぼしのような顎のシワ」を改善する効果が期待できます。

特にシワについては効果が高く、欧米ではかなりスタンダードな美容整形として知られており、多くの人が行っています。

ボトックス注射のメリット



次にボトックス注射のメリットを紹介します。ボトックス注射を打つメリットは
・お手軽に申し込める
・整形時間が短い
・痛みが少ない
・ダウンタイムが少ない
ということが挙げられ、大がかりな整形に比べるとプチ整形に属する簡単な整形ということになります。

ダウンタイムについては次で詳しく説明します。

ダウンタイムや痛みは?

ダウンタイムとは、施術をしてから回復するまでの期間のことを言います。いつ頃自然な顎に近づくのか、ということはかなり重要ですよね。

顎ボトックスのダウンタイムは短いことが特徴で、2~3日もあれば自然な顎になります。ボトックス注射は筋肉に働きかけるので使わなくなった筋肉が徐々に痩せていくイメージです。

しかし、時には施術中に血管を傷つけてしまうことも考えられます。このような時には腫れと内出血が1~10日ほどあるでしょう。

痛みについては、ボトックス注射を実際に行った人達の口コミを確認してみると、「全く痛くなかった」という人もいれば「痛みは多少あった」という口コミなど様々です。

痛みがあったとしても、予防接種などの注射程度の痛みだと思っていて良いでしょう。

注意点



さまざまな効果が期待できるボトックスですが、意外な落とし穴があるので注意しておきましょう。

ボトックス注射の唯一の欠点として、半永久的に効果が持続しないということがありますが、効果が薄れてきたからと言って何回も使用していると、体の中に耐性ができてしまいます。

この耐性ができてしまうと、ボトックス注射をしてもあまり効果を実感出来なくなる可能性があるので、やりすぎには注意しましょう。

顎のボトックス注射の費用

ボトックス注射は半永久的に効果が持続するものではないので、自分で効果が薄れてきたと感じたら再度注射をする必要があります。

1回の注射でいくらかかるのかというと、顎の場合は10,000~60,000円程度になります。金額に差があるのは、クリニックによって使用しているボトックス液の成分が違うからです。

事前にクリニックの特徴をよく調べて、自分に合ったクリニック選びをしましょう。

クリニック名 施術名 料金
湘南美容外科クリニック ボトックス(アラガン) 20,000円
湘南美容外科クリニック ボツリヌストキシン(REGENOX) 20,000円
東京美容外科 ボトックス(アラガン) 12,000円
東京美容外科 リジェノックス 8,000円
共立美容外科 ボトックスビスタ 50,000円
城本クリニック ボトックス注入 58,000円
聖心美容クリニック ボトックス(アラガン) 78,000円

まずはカウンセリング

顎のボトックス注射についてご紹介してきましたが、実際に医師に相談してからでないと、どれくらいの量を注入すればいいのか、どの製品がいいのかということはわからないでしょう。

量や効果については個人差があるので、まずはカウンセリングに足を運んでみることをおすすめします。

「湘南美容クリニック」では、ていねいなカウンセリングと充実した保証制度が整っているので、美容整形に不安を持っている方も、納得して施術を受けることができます。

湘南美容クリニックでは、1年以内に3回施術をしても効果が現れない場合、1回無料で注入してくれる安心保証制度があります。

術後の経過を見ながら、すぐに医師に相談できるのは嬉しいポイントです。ボトックス注射が気になる人は、まずはカウンセリングに行って、自分にぴったりの施術方法を相談してみましょう。

湘南美容外科をチェックする