ハラスメントを受けたら誰に相談するべき?一人で悩まないことが大事

ハラスメントを受けたら誰に相談すべきか、と悩む方もいると思います。

どこで、どんなハラスメントを受けたのかによって、誰に相談するべきかが変わってきます。また、精神状態や、ハラスメントの深刻度によっても変わってきます。

ただし、すべての場合において共通していえるのは、まずは1人で悩まず相談する、ということです。

今回は、ハラスメントを受けたときに相談するべき相手や相談する際に気をつけるべき点について、紹介します。

まずは家族に相談

どんな場合でも、まず家族に相談するようにしましょう。家族はいつでも味方になってくれます。

心配をかけたら悪いので、家族には相談できなかった、という方も多くいますが、家族は、あなたの立場だけを考えて、心配して、アドバイスしてくれます。

もし会社でのハラスメントであれば、辞めることも勧めてくれるかもしれませんが、それはハラスメントをしてきた相手のことを考えず、あなたのことだけを心配してくれているからこそのアドバイスなのです。

ただし、同居している家族からのハラスメントの場合は、別居の親、祖父母などに相談しましょう。当事者に近い人への相談は避けるべきです。

社外の友人に相談を

家族以外でしたら、社外の知人に相談してみましょう。第3者としてのアドバイスをもらえるので、少し冷静になって考えることができます。

ハラスメントは、受け取り方の問題という場合もあり、相手は嫌がらせしているという意識がない、ということもあるのです。

社外の友人に相談して、心の負担を少し軽くすれば、気にならない程度だったと思うこともあるかもしれません。

会社の専門部署へ相談してみる

会社にハラスメント対応の部署がある場合は、そちらに相談してみましょう。

しかし、会社はなるべく穏便にことを済ませたい、と考えている場合が多いので、すぐに解決することをあまり期待し過ぎないようにしてください。専門部署が直接働きかけをしてくれるはず、と考えるとショックが大きい場合があります。

ただ、専門家に相談し心が落ち着くと、他の受け取り方をできるようになることもあるので、相談してみることが大事です。

深刻な場合は専門機関に相談を

深刻な場合は、会社内のことであれば、各都道府県に設置されている、公的な相談所の雇用均等室や総合労働相談コーナーなどの専門機関、労使問題の公的機関である労働基準監督署などに相談できます。

また、民間であれば労使問題を専門に、労働者のクレームに対応するNPOもいます。

それ以外の場合は、弁護士などに相談してみましょう。民間機関は有料の場合がほとんどですので、事前に確認するようにしてください。

会社の知人への相談はよく考えてから

会社のことを知っている人に相談した方が、状況を分かってくれるはず、と安易に社内の知人などに相談すると、違うハラスメントをさらに引き起こすことになりかねません。

会社内の人に相談する場合は、その人が本当に自分の味方になってくれるのか、などをよく考えてからするようにしましょう。

悩み過ぎない

ハラスメントは、その人の受け取り方の問題という側面もあるので、あなたが嫌だと思っていても、相手はそんなつもりではない場合も多いのです。

相手に対して、嫌だとわかる意思表示をして、相手にわかってもらうことも大事になってきます。

しかし、状況によっては意思表示をすることも難しい場合があります。そのときは1人で悩まず、相談してみましょう。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る