鼻を高くする方法:整形術内容やセルフケアのしかたをご紹介

メリハリのある顔を作るための第一ステップとして、鼻を高くしたいという人は多いと思います。またEラインと呼ばれる鼻と顎を結ぶ直線の美しさも気になりますね。

鼻を高くする方法はさまざまなやり方があり、自宅でできるケアでも長期間諦めずに続ければ効果が見えてくることもあります。また触ればわかる通り鼻のほとんどが骨でできています。そのためセルフケアだけで完全に自分の理想の鼻を手に入れるということは難しいでしょう。

そこでセルフケアの方法と合わせて美容整形の種類と施術内容についてご紹介していきます。費用やダウンタイムについてもご紹介していくので自分に合った方法を見つけてみてください。

どの施術内容が自分の顔や鼻にぴったりなのかわからないという方や、この施術でいいのかなと不安を感じる方は、全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」で1度カウンセリングを受けてみてください。

湘南美容外科をチェックする

鼻が高いと好印象?

鼻が高いとそれだけで好印象を与える場合が多いようです。これはなぜかというと、顔の中央にある鼻が高いことで顔のバランスが整うからです。メリハリのある、しっかりとした印象を与えることができるので好印象を与えます。

また、美人顔にも近づくでしょう。美人の多くは、鼻筋がシュッと通っていて高さがあります。そのため、いつも童顔だと見られているのが嫌な場合には、マッサージや整形で鼻を高くすることで美人顔に近づくこともできるかもしれません。

またEラインと呼ばれ、鼻先とアゴの直線ライン上に唇がぶつからないのが美しい横顔とされています。

しかし鼻が低いとそのEラインのスタート地点が下がり、直線に唇がぶつかってしまい、横顔美人とは遠ざかってしまいます。

そのためどこから見ても美しい顔立ちでいるために、やはり鼻の高さは必要になります。

関連記事:横顔がブスに見える原因:鼻・アゴをセルフチェック!美人の条件Eラインとは?

鼻を高くする方法



鼻を高くするには骨格から変えていかなくてはならない‥と思う方も多いですが、鼻の骨は軟骨なので日々マッサージやケアを欠かさないことで少しずつ改善することもできます。

ここからは自宅でできる鼻を高くする方法をご紹介していきます。

メイクで外人風の高い鼻に

ハイライトとローライトを使って、鼻筋に陰影をつけることで鼻が高く見えるメイクです。

まずはファンデーションで顔全体を均一に整えます。

その後、ファンデーションよりも明るい色のハイライトと、暗い色のローライトを用意し、鼻筋の中心にまっすぐハイライトを入れていきます。

眉頭から鼻筋の横にかけてゆるいカーブをイメージして、ローライトを入れていきます。

その後、ハイライトとローライトの境目がうまく馴染むようにパフで優しくぼかしていくと、鼻筋や顔立ちがはっきりするメイクが完成します。

マッサージで高くする

鼻は軟骨でできているため、高さを矯正するマッサージを行うことで長い月日がかかりますが、ある程度の高さを出すことができます。

小鼻の脂肪を解消して、ボテッとした印象をなくすには、両方の鼻の穴の横の小鼻を人差し指と中指でくるくるとマッサージしていきます。このマッサージによって小鼻の余計な油分が出てくるため、小鼻の縮小に効果があります。

高さを意識したい場合は、目頭のあたりから小鼻の手前までを、親指で強く滑らせるように押していきます。

鼻を高く細くするイメージでスライドさせていくと、矯正の効果があります。しかし矯正と言っても長期間継続して行わなければいけないので大変かもしれませんが、諦めずに続けましょう。

習慣を見直す

小さい頃から、鼻に指を突っ込んだり、ティッシュを詰めたりしていると、鼻の穴が広がり、低くなってしまいます。

そこで上記のマッサージと合わせて、これらの習慣を断つことをおすすめします。鼻の穴よりもサイズの大きいものを入れると広がってしまうので、綿棒などの細いもので代用しましょう。

関連記事:鼻がでかい人必見!鼻を小さくする呼吸法やマッサージをマスターしよう

鼻を高くする美容整形の方法



自力で頑張ってみたけど、理想の鼻の高さとは程遠い‥という方は美容整形も視野に入れてみてもいいかもしれません。

鼻を高くする美容整形の方法としては、人口軟骨を入れる、ヒアルロン酸を注入する、骨切りする、という3つの方法が代表的です。

ここからはそれぞれの施術内容の詳細と費用をご紹介していきます。

プロテーゼ(人口軟骨)を入れる

プロテーゼの施術は、鼻筋と目頭の彫りが浅い人や、平べったい印象の人におすすめの施術です。

鼻の穴の内側を3mmほど切開して、そこから人工軟骨を注入して高さを出します。挿入後は骨膜に覆われて固定されるため、傷やズレのしんぱいがありません。

ここで気になるのが、人口軟骨についてではないでしょうか。人工軟骨として、プロテーゼと呼ばれるものを注入するのですが、こちらは体内に入っても腐ったりすることはありませんので安心してください。

また一人一人の鼻の形や顔立ちに合わせて、シリコンのプロテーゼをオーダーメイドで調整してくれるクリニックが多いので、希望通りの鼻の高さになります。

プロテーゼの費用は約30〜40万円が相場になります。安いクリニックだと20万円程度で施術を受けることができますが、アフターフォローや保証期間をしっかりと確認してから施術に臨みましょう。

また鼻プロテーゼのダウンタイムは、1〜2週間かかります。施術当日から翌日にかけてが腫れのピークになりますが、長くても1週間ほどすると、人前に出ても平気な程度の腫れに治ります。

完全に腫れが引いて、きれいな形に完成するには3ヶ月〜6ヶ月かかります。

骨切りする

骨切りの場合は、高さを出すというよりかは同じ鼻の高さで、より高く見えるようにする施術になります。

具体的には、鼻は高いけれど、鼻筋が太い場合は、鼻が高くでもあまり高さがあるようには見えないことが多いようです。そのような時に、鼻筋の骨を削って細く見せることで、鼻をより高く見せるのです。

骨切りの施術方法は、鼻の内側にを約2cm切開し、理想の細さや高く見える幅まで鼻の骨を削るという方法です。左右の骨を削るので、鼻筋の部分が中央にしっかり寄せられ、すっきりとした鼻筋を手に入れることができます。

手術が終了してからは、1週間程度鼻をギブスで固定する必要があります。またギブスを外した後も1〜2週間程度腫れが続きます。

骨を削るため大掛かりな整形に部類されますが、鼻の内側を切開するため、ダウンタイム後は傷跡があまり目立ちません。

費用は約50〜60万円になります。高額ですが、1度施術を受けて完成すると半永久的にスマートできれいな鼻を手に入れることができ、再手術のリスクはほぼありません。

ヒアルロン酸を注入する



プロテーゼでの施術や骨切りが怖い‥という方には、注射器でピアルロン酸を注入する施術がおすすめです。

メイク感覚ででき、10分程度で注入が完了する施術なので、切開や骨切りにまだまだ不安があるという方はヒアルロン酸の注入で高さを出しましょう。

ここで注意したいのは、ヒアルロン酸でのプチ整形は「鼻根」という目と目の間の一番低い部分にしか施術できないため、鼻先を高くしたり、団子っ鼻をシュッとさせたりという希望には対応していません。

しかし「鼻根」が少し高くなるだけでも洗練された大人っぽい印象になります。横顔の印象も変わるので、手軽に顔の印象を変えることの出来るコスパの良いプチ整形の1つです。

鏡を見ながらヒアルロン酸の量は調度いいか、もう少し足すか、微調整しながら形を整えてもらうことができます。

ヒアルロン酸注入は一時的な高さを出す施術となりますので、効果は永久的ではなく、約1年でなくなります。効果を継続させる場合は定期的に施術を受けることがポイントです。

鼻に使用されるヒアルロン酸の価格は40,000~150,000円と幅広く少し迷うかもしれません。6〜7万円程度が相場になります。

学生割やモニター割、月ごとのキャンペーンで表示価格の半額ほどお得になる場合もあるのでしっかり調べてからクリニックを決めることをおすすめします。

おすすめの整形外科はどこ?

鼻を高くする整形の方法と費用を説明しましたが、いざ整形をしたいという人におすすめしたい整形外科が「湘南美容クリニック」です。

湘南美容クリニックでは鼻整形の症例が5万件近くあり、価格もリーズナブルな施術が多いので美容整形が初めての方でも安心です。

そして何より、たくさんの施術方法がありますので、必ず自分が希望する施術方法が見つかるでしょう。

カウンセリングは無料なので自分にぴったりの施術方法や疑問に思っていることを気軽に相談することができます。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者

整形の悩みをもっと見る