子どもへのかんたんなヘアアレンジ9選:いつもよりウキウキするおでかけに

記事の著者:1792685

子どもに毎日かわいいヘアアレンジをしたくても、特に朝は時間がなくて、いつも同じヘアアレンジになってしまうこともあるでしょう。

子どもが喜ぶヘアアレンジをマスターしてあげたいと思うお母さんのために、簡単にマスターできる子どものヘアアレンジを9つ集めてみました。

おでかけの時や少し特別な日にしてあげると、子どもも喜ぶかもしれません。

編み込みヘアはお出かけにも通園・通学にもOK

三つ編みヘアには飽きてしまった子どもにおすすめなのが、編み込みヘアです。

髪を少しずつ編み込んでいくことで、三つ編みとは違ったふんわり感が子どもから人気があります。

基本形をマスターすれば、編み込みを少しほぐしてゆるふわ風に仕上げたり、ヘアアクセサリーを混ぜ込んでカラフルに仕上げるなどの様々なバリエーションが楽しめますので、お出かけにも通園、通学にもピッタリです。

浴衣にも似合う編み込みポニー

ポニーテールと編み込みヘアを組み合わせたヘアアレンジで、暑い日などにおすすめ。

サイドの髪を残してポニーテールを作り、残しておいた両サイドの髪の毛を編み込んで、ポニーテールに巻き込んだら完成です。

子どもに人気のリボンやシュシュでアレンジすると華やかでとても可愛いらしいヘアスタイルになりますので、ドレスはもちろん、浴衣などの和装にもよく似合います。

お祭りやパーティーなどにしていくといいでしょう。

ピンがなくても作れるお団子ヘア

子どものヘアアレンジの定番であるお団子ヘアも、様々なバリエーションが楽しめます。

基本的にはねじった髪束をピンで固定しますが、公園などで遊ばせる際に心配だというママさんも少なくありません。

そこで、ねじった髪束を固定する際、ポニーテールで結んだゴムに髪束を巻き付け、その上から別のゴムで固定すればピンは必要ありませんから安心です。

また、お団子部分の大きさを調整したり、ゆるめにすればシンプルながら様々なバリエーションが楽しむことができます。

三つ編みヘアはバリエーションが豊富

子どもから大人まで、誰もが経験あるのが三つ編みヘアです。

そのため、ヘアアレンジが苦手でも、三つ編みなら簡単だという方も少なくありません。

また、子どもが自分で覚える最初のヘアアレンジとしても三つ編みヘアは親しまれています。

アレンジの基本は「耳の真横または耳の前で三つ編みをつくる」「三つ編み後に十分にほぐす」「大きく編む」の3点です。

これだけマスターしておけば、三つ編みでお団子を作ったり、ヘアアクセサリーを使用することで、お出かけにもカジュアルにも最適なヘアアレンジが楽しめます。

華やかなアレンジを楽しむなら玉ねぎヘア

玉ねぎヘアはポニーテールにした髪束を毛先に向かって、さらにいくつかに束ねて「玉ねぎ」のようなふくらみを持たせるヘアアレンジです。

ポニーテールのバリエーションですから、忙しい朝の時間帯でもあまり時間をかけずにアレンジできます。

また、「玉ねぎ」を作る結び目にリボンやヘアアクセサリーを用いることで、とても個性的で華やかなアレンジを楽しむことができますので、ピアノの発表会などドレスを着る場面にピッタリです。

子どもに人気のツインテールヘア

ツインテールヘアは、2つのブロックに分けた髪束を結ぶだけのシンプルなヘアアレンジです。

結ぶ位置を高くしたり、髪を束ねる結び目にリボンやシュシュで飾ると子どもらしくキュートなスタイルになります。

反対に低くすれば大人っぽいスタイルになりますから、その日の洋服やお出かけ先によって選んで楽しめるアレンジです。

個性を追求するならギザギザブロック

ツインテールヘアの進化形で、個性的なヘアアレンジがギザギザブロックです。

ギザギザにブロッキングした髪束を二つに結んだだけのアレンジ方法ですが、髪を分ける際にギザギザを大きく作ることで、とてもインパクトのあるヘアスタイルになります。

また、ブロッキングした髪束にアクセサリーを加えたり、軽いウェーブを与えると可愛らしさが倍増しますので子どもにも大人気。

遊び心満載のヘアアレンジですから、カジュアルな服装でお出かけする時におすすめです。

エスニックテイストを楽しむならフィッシュボーンヘア

お出かけ時などオシャレに決めたいときにチャレンジしたいのがフィッシュボーンヘアです。

フィッシュボーンとは「魚の骨」という意味で、三つ編みよりもさらに細かく編み込んでいくことで、独特のエスニックテイルトのスタイルを作ることができます。

ドレスなどにも似合いますが、意外にもジーンズなどボーイッシュな服装にもよく似合いますので、いろいろな服装で試してみたいヘアアレンジです。

ノットヘアーはおしゃれ好きの子どもにおすすめ

おしゃれ上級者の子どもに人気なのがノットヘアーです。

ノットとは「結び目」の意であり、基本的にはピンやヘアゴムなどは使わないで、髪の毛で結び目を作るヘアアレンジです。

結び方には多くのバリエーションがありますが、髪の毛を後ろセンターで大きく2つに分け、そのまま右と左の毛束を2回んだ後、毛束をローポニーの位置まで下げてトップを引き出す方法が簡単でおすすめ。

子どもと結び目を相談しながらアレンジしてみてもいいでしょう。