理想の唇へ導く美容整形方法をご紹介:気になるダウンタイムや費用は?

「笑った時に唇が強調されるのが嫌!」「唇をもっとふっくらさせて女性らしくなりたい!」など、唇にコンプレックスを持っていて、上手く顔の表情が作れないという方も少なくないでしょう。

唇はある程度化粧で上手く改善することが出来ますが、顔を近づけられると化粧でごまかしているのがバレてしまって恥ずかしいものです。

そんな時には、美容整形で唇を改善してみませんか?今回はそんな美容整形を4種類紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

どの施術が自分の理想の唇になるためにぴったりなのか相談したいという方は、全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」でカウンセリングを受けてみましょう。

湘南美容外科をチェックする

唇の整形方法

唇の整形には、主に「ヒアルロン酸注入」「コンデンスリッチ脂肪注入術」「口唇縮小術」「口唇拡大術」という4つの方法があります。それぞれ、どんな整形方法になるのか、平均的な費用も含めてご紹介していきます。

あひる口にしたい、セクシーな口元にしたいといったさまざまな希望に沿ってデザインを決めていきます。まずは自分の希望の唇の形と今の唇の差を知ってから、施術方法を見つけましょう。

1.ヒアルロン酸注入


ヒアルロン酸を唇に注入することで、唇のシワを薄くしたりふっくらとした唇にすることができます。

唇の整形方法の中では1番スタンダードな施術で、手軽に施術を受けることができると人気を集めています。

メリット

ヒアルロン酸注入では整形した後、 すぐに効果を実感することができる上に、傷跡が残らず周囲にバレないことが大きなメリットです。

また施術時間も5分程度で、切開の伴わない施術なのでダウンタイムもほとんどありません。施術後すぐに針をさした部分以外のメイクが可能です。

注意点

ヒアルロン酸注入の効果は、半永久的なものではないことに注意が必要です。

ヒアルロン酸はもともと体にある物質なので、時間の経過とともに溶け込んでしまいます。ヒアルロン酸の持続性は、3〜12ヶ月程度です。

効果を持続させたい場合は、唇が元に戻ってきたなと感じたらすぐにクリニックに行って再び施術を受けましょう。

ダウンタイム

切開や麻酔なしで施術を受けることができるので、ダウンタイムはほとんどありません。

針をさした部分が赤くなったり、内出血が起こることもありますが、翌日からファンデーションやコンシーラーでカバーすることができるので、バレる心配も少ないでしょう。

費用

基本的には安全性の高い施術方法で、価格は1回につき約5万円程度になります。

各クリニックのヒアルロン酸の費用を比較してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

クリニック名 施術名 料金
湘南美容クリニック ジュビダームビスタウルトラプラスXC(1.0cc) 50,000円
共立美容外科 ヒアルロン酸(1.0cc) 13,000円
品川美容外科 グロス注射(1本) 17,770円
高須クリニック 唇を薄く(口唇縮小術上下各) 150,000円
聖心美容外科 ジュビダームビスタウルトラXC(1.0cc) 65,000円

2.コンデンスリッチ脂肪注入術



豊胸手術を考えたことがある方なら、この施術名は聞いたことがあるかもしれません。この整形方法は豊胸手術と同じ方法になります。

まずコンディションの良い脂肪組織を採取し、しこりになりやすい物質を除去し、今度は唇の注入したい所に入れるという整形方法です。

メリット

あひる口やセクシーな口元を形成するのに適した施術方法です。施術時間は2時間程度になります。

自分の脂肪を移植するためアレルギー反応が起こる危険性がなく、効果も半永久的に持続するのが嬉しいポイントです。

ヒアルロン酸のように何度もクリニックに通うのがいやだという方におすすめの施術になります。

注意点

脂肪を採取するときに、太ももや下腹部がスタンダードな部位になりますが、希望によっては脂肪を取り除きたい部位を指定することもできます。

またその脂肪採取の量も、唇に注入する最低限の量なのか、しっかり脂肪吸引も行うのかカウンセリング時に決定します。

また純度の高い脂肪を採用していても、しこりができてしまうリスクはあります。気になる場合は再びクリニックを訪れる必要があるので、アフターケアの充実しているクリニックかどうか事前にチェックしておくことをおすすめします。

ダウンタイム

腫れや痛みが2〜3日続くことがあります。また内出血が起こった時は1〜2週間様子をみる必要があります。

メイクは当日から可能で、脂肪吸引部分を濡らさなければシャワーも当日から可能です。

副作用としては、だるさや蕁麻疹、痒みやむくみ、冷や汗などが起こる可能性があります。注入部分の血行がよくなると、腫れや赤みが出やすくなるので、激しい運動や入浴は控えましょう。

費用

価格は1回で約5万円〜10万円が相場になります。

クリニック名 施術名 料金
湘南美容クリニック CRF作成+唇(上下各) 81,000円+81,000円
ヴェリテクリニック 脂肪注入 500,000円
プリモ麻布十番クリニック 口唇脂肪注入(両側) 400,000円
神成美容外科 口唇脂肪注入(上下どちらか) 500,000円

3.口唇縮小術



タラコ唇と言われている方は唇をどうにか薄くしたいものです。薄くする時には、唇の粘膜を取り除くという方法を行います。

カウンセリングを通して、希望の唇の薄さをデザインします。施術ではデザイン通りに、口唇の粘膜の中の皮下組織を除去していきます。

かなり唇を薄くしたい場合には、唇の中の筋肉である口輪筋という部分を一緒に切除することもできます。手術をする時には麻酔を行うので、痛みはほとんどありません。

おすすめの記事: たらこ唇の人必見!唇を薄くしたいなら口唇縮小術がおすすめ:整形術内容や費用をご紹介

メリット

施術時に、切開して皮下組織をしっかり切除しているため、整形後に元に戻ることがなく、半永久的に理想の栗びるを保つことができます。

ヒアルロン酸や脂肪注入では理想の唇を手に入れることができないという方でも、口唇縮小術なら理想のデザインを再現ることができます。

注意点

副作用は、血が溜まったり頭痛が起こる可能性があります。価格は上唇か下唇で約10,000円です。

ダウンタイム

3〜7日間切開した部分が赤くなったり、腫れが残ったりします。腫れが引いた後も完全に自然な状態になるまで3〜6ヶ月かかるので、学校や会社がある方はしっかりと休みを確保しておきましょう。

また術後の痛みについては、麻酔が切れるとじんじんした痛みが生じる場合があります。術後1週間ほどで抜糸をするので抜糸の痛みもあることを覚えておきましょう。

費用

口唇縮小術は時間にすると30分程度と短時間で終わりますが、費用は、上・下各15万円程度となっています。

各クリニックでの口唇縮小術の料金を比較してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

クリニック名 施術名 料金
湘南美容クリニック 口唇縮小(上下各) 168,000円
品川美容外科 唇を薄く(上下両方) 213,880円
高須クリニック 唇を薄く(口唇縮小術上下各) 150,000円
銀座マックスファクス銀座 口唇縮小(両側) 360,000円

4.口唇拡大術



口唇拡大術は、薄く冷たい印象の唇を、厚くして暖かみのあるグラマラスな印象にする施術です。

唇を大きくする施術は、口腔内から内側の粘膜を外にずらし出すことで赤い唇部分を大きくさせます。

メリット

粘膜を切開しますが、傷は口唇の裏側にあるため、正面から見えないことが大きなメリットです。

また注入の際に、さらにポテッとした唇にしたい場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入などの施術と併せて行うことができるので理想の唇を手に入れることができます。

またこちらの施術も半永久的に効果を持続させることができます。

注意点

副作用としては、血が溜まったり頭痛やだるさといった副作用が起こる可能性があります。

ダウンタイム

腫れが1〜2週間程度続くことがありますが、時間の経過とともに引いていきます。内出血が起こった場合も1週間程度で治るのでマスクなどでごまかしましょう。

医療用の特別な糸で、体に溶け込む糸を採用してる場合は、抜糸は必要ありませんが、通常の糸の場合は施術から1〜2週間後に抜糸を行います。

費用

価格は1回につき上唇か下唇で約200,000円〜250,000円程度です。

クリニック名 施術名 料金
湘南美容クリニック 口唇拡大術(上下各) 198,000円
リッツ美容外科 口唇拡大術(粘膜弁法) 540,000円
ヴェリテクリニック 口唇拡大術(上下) 250,000円

プルプルの唇を手に入れるなら

化粧などで唇のコンプレックスをカバーするのは、どうしても限界があります。そんなときはプロの手を借りて自信をつけましょう。

湘南美容クリニックでは、唇に関するさまざまな施術を扱っているので、カウンセリングを通じて自分にあった施術を提案してもらうことができます。

「ふっくらした唇にしたい!」「ゆるんでしまった口元を引き締めたい!」という方はぜひ1度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

湘南美容クリニックでは、ていねいなカウンセリングと充実したアフターケアを実施しているので、美容整形に抵抗がある方でも不安をしっかり解消してから施術に臨むことができます。

まずはカウンセリングに足を運んでみてください。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者