ビジネスの場における「遅ればせながら」の言葉の意味・使い方:注意点は?

ビジネスの場においては、コミュニケーションが非常に重要です。きちんとした言葉遣いができるということは、ビジネスの場ではコミュニケーションがしっかりできるということを意味します。そのため、ビジネスの場における適切な言葉遣いを身に着けておくことは非常に重要です。

この記事では、遅ればせながらという言葉の意味・使い方・注意点について詳しく説明していきます。

「遅ればせながら」の正しい使い方

遅ればせながらという言葉は、ビジネスの場でも使える便利な言葉です。遅れてしまったことに対するお詫びを伝えるための丁寧な言葉なので、ビジネスの場だけではなく、フォーマルな場でも使うことができます。

以下では、ビジネスの場における「遅ればせながら」という言葉の意味、使い方、注意点について説明していきます。

「遅ればせながら」の意味は?

「遅ればせながら」とは、「他の人より遅れてその場に駆けつける」ということを意味する言葉です。相手へ伝えるタイミングを逃してしまっい、連絡が遅くなってしまって申し訳ないという気持ちを伝えるために使う言葉です。

遅くなったということを伝える言葉ですが、特にフォーマルな場で使われる傾向にある言葉です。

「遅ればせながら」の具体例

「遅ればせながら」とは、「するべきタイミングに遅れて物事を行うこと」を表す言葉です。具体的な使い方をきちんと知っておく必要があります。例えば、「遅ればせながら御礼申し上げます」と言うと、「遅くなってしまいましたが、ありがとうございました」ということを意味しています。

ビジネスの場においては、報告や御礼・お詫びなどはタイミングが大切です。遅くなることそれ自体が相手に対して失礼にあたります。そのため、「遅ればせながら」という言葉を使うことで、相手に対して「申し訳ありません」「失礼いたしました」という気持ちを伝えられるのです。

目下の人から目上の人へは使える?

遅ればせながらという言葉は、目上の人にも使うことができる言葉です。そのため、上司などにも使うことができます。遅ればせながら、〰させていただきましたなど、遅れてしまったことを申し訳ないと思いながら次の言葉をつなげるようにすると適切です。

お客様にも使える言葉?

ビジネスの場使える遅ればせながらという言葉は、お客様にも使える言葉です。遅ればせながらという言葉は、遅れてしまって申し訳ないということを、へりくだっていうための言葉であるため、誰に対しても使うことができる便利な言葉となっています。

書き言葉としても使える?

書き言葉と話し言葉は区別して使わなければなりませんが、遅ればせながらという言葉は書き言葉としても話し言葉としても使うことができる万能の言葉です。メールや手紙などでも使うことができるので、汎用性も非常に高い言葉と言えます。

会社の部下などに使うのは不自然

「遅ればせながら、〰しました」というのは、相手より自分を下げた上で言う言葉です。そのため、自分より役職が下の人に遅ればせながらという言葉を使うのは少し不自然な印象を与えます。そのため、会社の部下に対して使うような場合には、遅くなったけれどもなど、カジュアルな言い方でも失礼にはあたりません。

「遅ればせながら」は前置きとして使う言葉でもある

特に何かに遅れていなかったとしても、「遅ればせながら、〰」というように話を始めることができます。この場合には、遅ればせながらという言葉を前置きとして使っていると考えるのが妥当です。

遅れたとは言えないけれど、自分を下げておいたほうが良い場面でも、「遅ればせながら」という言葉は用いられる場合があります。

遅ればせながらを頻繁に使わない

遅ればせながらは頻繁に使わないようにしましょう。遅ればせながらという言葉は、遅れて申し訳ないという気持ちをあらわしたものです。しかし、当然遅れることそのものがビジネスの場でふさわしくありません。

極端に言えば、ビジネスの場では、できるだけ「遅ればせながら」という言葉を使わないようにすることが大切です。

「遅まきながら」、「遅くなりましたが」という言葉もある

遅くなって申し訳ないという言葉を伝える言葉としては、遅ればせながらという言葉だけではありません。遅まきながら、遅くなりましたがという言葉もあります。どの言葉も、遅くなって申し訳ないということを意味する言葉です。

どの言葉にも大きな違いはありませんが、遅ればせながらが最もフォーマルな言い方となると覚えておくと良いでしょう。

記事の著者

ビジネスマナーの悩みをもっと見る