顔のダイエットはできる?小顔を目指すためには何をすればいい?

記事の著者:1392411

写真映りや全身のバランスに大きく関わる顔の大きさ。小顔になりたいと考える人におすすめしたいのは、顔ダイエットです。

顔が大きく見える原因は1つではありません。セルフケアで小顔を目指すのは難しいと考えがちですが、原因によってはエステや整形に頼ることなく、自宅でできる顔ダイエットでも効果的に印象を変えられます。

小顔に見えない原因をセルフチェック

まずは、自分が小顔に見えない原因がどこにあるのかチェックしてみましょう。

顔の左右のバランス

目や頬、ほうれい線が左右でアンバランスに感じられる場合は、骨格の歪みが顔太りの原因の1つとして考えられます。姿勢の悪さにより骨格が歪むことでリンパの流れが悪くなってしまうため、姿勢を正すことやリンパマッサージの顔ダイエットが有効な対処法です。

太っていないのに顔が腫れぼったい

体は太っていないのに顔だけが腫れぼったく感じられる場合は、むくみが原因として考えられます。水分や塩分の摂りすぎ、冷え性などにより起きやすくなるため、カリウムが豊富な食材を選ぶことやマッサージを中心とした顔ダイエットが有効です。

フェイスラインのたるみ

頬にハリが無く、ほうれい線が目立つように感じられる場合は、筋肉が落ちている状態です。表情に変化が少ない人に起きやすいため、表情筋を意識して動かすこととあわせて顔ダイエットをすることが効果的です。

肥満

脂肪が増えると、体だけでなく顔まで太ってしまいます。この場合は顔ダイエットだけでは効果が少ないため、運動や食生活の改善による身体全体の肥満の解消も必須です。

頬骨や顎の骨格

むくみやたるみ以外の理由として、頬骨が出っ張っていたり、顎がしゃくれていることが顔を大きく印象づけることもあります。この場合は顔ダイエットだけで小顔を目指すことは難しいので、整体やクリニックによる小顔矯正やプチ整形を考えてみることがおすすめです。

顔ダイエットに効果的なリンパマッサージ

老廃物の排出を促す、むくみやたるみの解消につながるリンパマッサージは、顔ダイエットに効果的です。老廃物が排出されるため、小顔効果だけでなく美肌効果にも期待できます。鎖骨から上に向けて順に行うのがポイントです。

リンパマッサージの手順

1.鎖骨のくぼみを指の腹で触れた状態で、肌を揺らすようにマッサージする
2.首を挟むように両側から手のひらをあてて動かす
3.左右の耳の下の肌を軽くつまみ引っ張る
4.耳の下からあごにかけたフェイスラインの肌を軽くつまみ引っ張る(数カ所)
5.頬に沿って指を3本あてて回す
6.ほうれい線に沿って指をあてて持ち上げるように動かす
7.眉に指先をあてて回す
8.目と鼻のくぼみ、こめかみに指先をあてて、持ち上げるように動かす
9.目の下のラインに沿って指をあてて軽く揺らす
10.おでこに指先をあてて回す
11.頭全体を、指の腹を使ってほぐすように動かす

各部位のマッサージは、10秒ずつ行うのが目安です。

リンパマッサージをより効果的にするポイント

マッサージは湯船に入って体が温まった状態で行うと効果がより感じやすくなります。マッサージオイルを使いながら行うと、肌の負担を抑えられる他、美肌効果を得ることも可能です。

リンパマッサージは強い力で行う必要はありません。力が強すぎると摩擦による肌の負担が大きくなるため、揉みほぐすように優しくマッサージするようにしましょう。リンパはそれほど深い場所にある訳ではないため、優しいマッサージでも効果は感じられます。

大切なのは継続することなので、できる限り毎日マッサージをすることが小顔への近道です。