顎を小さくするにはどうしたらいい?顔の黄金比やおすすめのエクササイズとは?

記事の著者:1392411

顎の大きさや長さは顔全体の大きさの印象にもつながるため、顎のことで悩んでいる人は少なくありません。

顎が長かったり、顎が大きかったりすると、芸能人のようなシュッとした、美しい輪郭、小さい顎に憧れる人も多いでしょう。特に顎は髪型やメイクでは、なかなか隠せない部分でもあります。

しかし、実際にどの程度であれば顎が小さいとされるのか、顔における理想の比率について答えられる人はほぼいないというのが事実です。

そこで今回は、理想とされる顔の黄金比や顎を小さく見せるためのテクニックなど、顎に関する気になることについて詳しく紹介します。

どこまでいったら顎が大きい?理想的な顔の黄金比は?

顔における理想の比率は、主にタテから見たパーツの配置と、ヨコから見たパーツの配置から知ることができます。

タテの黄金比

・顔を髪の生え際から眉頭、眉頭から鼻下、鼻下から顎先で3つに区切り、それぞれの長さが1:1:1

・頭頂部から眉頭の下、眉頭の下から顎先の長さが1:1

この2点を満たしていることが、顔のタテにおける理想的な比率をされています。

ヨコの黄金比

・顔の横幅が目の横幅の5倍

・目と目の間の幅が鼻の横幅と同じ

その他、鼻先と顎先にかけたラインが直線で揃った状態が、顔のヨコ幅と横顔における理想的な比率とされています。

顎が長くなる原因は?後天性の場合もある?

顎が長くなってしまうのにはいくつかの理由があります。生まれつきだけではないのです。

そこで、顎が長くなる原因を1つずつ紹介していきます。

遺伝

決して高い確率ではありませんが、輪郭は遺伝による影響をやや受けやすい部位です。両親の輪郭の特徴が子どもに遺伝する可能性はゼロではありません。

ただし小さい頃から、顎の形に異変を感じたのであれば、整形では矯正で、骨格を矯正することも可能です。もし、お子さんのことが心配なのであれば、矯正を行うことも考えてあげてください。

生活習慣

頬杖をつく、かみ合わせが悪い、歯ぎしりなど。顎にかかる負担が強くなると、顎がしゃくれたりズレてしまい顎が長く見えることへと繋がります。悪い癖がついている人は意識的に直しましょう。

肥満による脂肪

遺伝や骨格だけでなく、肥満による脂肪が顎下につくことで顎全体が下がって見えてしまいます。

顔についてしまった脂肪は、簡単に落とせるものではないので、少しでも顎の長さや大きさが気になっているのであれば、日頃の運動や食事に気を使うようにしましょう。

顎を小さくするために日頃からできること

顎を小さくするために有効なのは、顎のラインを整えるエクササイズをすることです。そこで、どのようなエクササイズがいいのか紹介します。

舌回しエクササイズ

・口を閉じた状態で歯茎の外側をなぞるように舌を回す運動を右回り、左回りで各20回

1日2回~3回が目安です。口の内側から筋肉を鍛えて脂肪を引き締める効果が期待できます。

顎のエクササイズ

1.左右のこめかみに手のひらを当てた状態で口を大きく開いてゆっくりと閉じる運動を30回
2.下顎を左右に動かす運動を30回

筋肉をほぐすことで顎の骨の歪みを改善する効果が期待できます。

自分で顎を短くしたい、小さくしたいと考えている方は関連の記事も合わせてチェックしてみてください。

関連記事:気になる顎を自力で短くする方法:マッサージとエクササイズで顎は短くなる!

エクササイズで効果がない場合



エクササイズやメイクで日々努力していても効果が見られない場合は、美容整形クリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

美容整形というと、少し怖いというイメージがある方もいるかもしれませんが、注射のみで10分程度の施術で顎を小さくすることもできます。

ここからは、エスササイズで効果がなかった時にどのような美容整形を検討すればいいかをご紹介していきます。

ボトックス注射

顎の筋肉が発達している人や、脂肪で顎と首の境目がわかりづらくなっている人におすすめの施術です。

ボトックスによって、筋肉を縮小させ顎や顔の面積自体が小さくなるので、顎だけでなく小顔効果もあります。

切開や麻酔なしで、注射のみでできるので、美容整形初心者の方にもおすすめできます。

また呼ばれる腫れや内出血が治るまでのダウンタイムと呼ばれる期間もほとんどないので周囲の人にバレる心配もいりません。

ボトックス注射が気になる方は、関連の記事で各クリニックの費用比較やボトックスの注意点などをまとめているのでぜひ合わせてチェックしてみてください。

関連記事:顎のボトックス注射の効果とメリット:気になる痛みやダウンタイム・費用は?

顎削り・骨切り

骨格的に顎がしゃくれている方、ドシっと大きな顎の方は、エクササイズだけでは解消できないので骨を削って小さくする方法も検討してみましょう。

骨切りは切開や全身麻酔が必要になるので、ボトックスでもあまり効果が小さい場合や半永久的にきれいなフェイスラインを手に入れたいという方におすすめします。

カウンセリング時に自分の希望のデザインを医師と入念に話し合い、施術に臨みます。全身麻酔をした後にオトガイと呼ばれる顎の先の部分の位置をずらしたり、顎の骨を少しずつ削ることで理想の顎へと導きます。

顎削り・骨切りの効果や痛みについて詳しく知りたいという方は、関連の記事も合わせてチェックしてみてください。

関連記事:顎削り(オトガイ形成)の美容整形って痛い?費用・手術内容・ダウンタイムなどをご紹介!

顎を小さくしたい方は1度カウンセリングへ

日々のエクササイズで顎を小さくする方法や、おすすめの美容整形をご紹介してきましたが、自分にぴったりの方法は見つかりましたか?

エクササイズである程度効果が見える場合もありますが、顎は骨格の問題なので簡単に理想のフェイスラインを作ることには限界があります。

ただ、いきなり美容整形を受けるのには抵抗があるという方が多いかと思います。顎を小さくする施術の中には、リーズナブルな価格で注射のみで完了するものもあるのでぜひ1度医師とのカウンセリングを受けてみてください。

全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」では、ていねいなカウンセリングと充実した保証制度が整っているので、美容整形が初めての方でも安心です。

カウンセリング時に無理な勧誘をされることもないので、美容整形に抵抗がある方もまずは医師のカウンセリングを受けてから検討してみましょう。

湘南美容外科をチェックする