ビジネスの場における「インスピレーション」の言葉の意味と使い方:注意点は?

日常生活において「インスピレーション」という言葉を使う人も多くいるでしょう。ここでは、ビジネスの場における「インスピレーション」の言葉の意味と使い方、そして注意点などを紹介します。

インスピレーションの意味

インスピレーションとは、ひらめきや霊感などを意味する言葉です。インスピレーションという言葉は、精神や精霊を意味する「スピリット」を語源としており、この「スピリット」はラテン語で呼吸するという言葉から来ています。

ひらめきと言う意味で使うことが多いインスピレーションですが、呼吸することで精霊が宿るということを意味する言葉でもあるのです。

ビジネスの場におけるインスピレーションの意味

ビジネスの場でインスピレーションという言葉を使う時に精霊や霊感と言う意味で使う人はほとんどいないでしょう。

直感的なひらめきが沸いた時に、アイデアと言う意味で使います。このアイデアは熟考して考え練られたうえでのアイデアではなく、直感的にパッと思いついたアイデアとして用いられます。

インスピレーションの使い方1

では、実際にどのようにインスピレーションという言葉を使うのか、例を挙げて見ていきましょう。

発明家が他の人の発明を見て、「この発明からインスピレーションを受けて、新しい発明を生み出した」と言うように使うことができます。ここでは、刺激的なアイデアに影響されて思いつたというような意味で使われます。

インスピレーションの使い方2

会社の会議において、「君の発想はユニークだから、君との会議ではインスピレーションが次々に浮かんでくる」などと使う時は、会議が起因となってひらめくことが多いという意味で使っています。

インスピレーションの使い方3

「インスピレーションを大切にして、商品開発に挑んでくれ」と上司に言われた場合には、色々な研究よりも、ぱっとひらめいたことを大切にする、という意味で使われます。

エジソンの名言

皆さんも知っている発明家のエジソンは、「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という名言を残しています。

英語に訳すと努力がperspiration、ひらめきがinspirationとなり、韻を踏んでおり、インスピレーションをひらめきと和訳された有名なフレーズの一つとして今でも多くの人に知られています。

インスピレーションを使う時の注意点

インスピレーションという言葉と似た言葉にインスパイアという言葉があります。インスピレーションは名詞で、インスパイアが動詞ですが、インスパイアは鼓舞する、激励する、発奮させるという意味です。

そのため、「あの作品にインスパイアされた」ということはできますが、「インスパイアを大切にしなさい」と言ってしまうと、意味が通じなくなりますので注意しましょう。

インスピレーションを受ける

インスパイアは上述の通り、奮い立たせるや起こさせるという意味ですが、作家や映画監督は「ある事件にインスパイアされてこの作品が完成した」と言ったりします。

これをインスピレーションを使って言う場合には、「その作品はある事件からインスピレーションを受けた」というように言い換えることができます。

インスピレーションはいつ感じる?

ビジネスでは様々なシチュエーションでインスピレーションを求められることがありますが、いつ感じることができるのでしょうか。リラックスしているときに感じることができる人もいれば、ストレスを感じているときにひらめく人もいます。いつインスピレーションを感じることができるか分からないから、ひらめきなのです。

皆さんもたくさんのインスピレーションを感じて、ビジネスで活躍してください。

記事の著者

ビジネスマナーの悩みをもっと見る