脱毛中の日焼けはNG!どのレベルの日焼けならOK?

脱毛サロンに通っている方、通うことを悩んでいる方に向けて、今回は脱毛と日焼けの関係性について紹介します。

日焼けをした肌の場合、サロンによっては施術を断られる可能性もあります。

施術を断られるためサロン側に言わずに脱毛を行うと肌状態が悪化することもあるため、正しい知識を持って脱毛サロンに通いましょう。

脱毛中、脱毛後に日焼けがNGの理由とは?

光脱毛やレーザー脱毛は、肌のメラニン色素に反応し脱毛を行います。そのため、日焼けをして肌が黒くなると、火傷や強い痛みの原因にもなります。

痛みが強くなる

黒く日焼けした肌のメラニン色素に光が反応した場合、本来は照射されない部分に光が当たり、通常よりも強い痛みを感じる可能性が高くなります。

なぜなら、日焼けをすることで肌全体に光が反応するため広範囲に渡って傷みが続くことになるからです。

それに加え、日焼けをした肌は火傷状態の肌とも言われるほど刺激に敏感な状態であるため、より痛みを感じやすくなります。

肌トラブルに繋がる

脱毛後の肌は熱をもった状態になります。その状態で日焼けをすると、色素沈着、シミの原因にもつながる恐れもあるため、注意が必要です。

日焼けをすると、肌の水分が失われとても乾燥している状態になります。その肌に照射を行うと、さらに熱によるダメージが大きくなる可能性があります。

また、日焼け後の肌はバリア機能が低下しているため照射によって毛穴の炎症が引き起こされる危険性もあります。

脱毛の効果が低下する

日焼けした肌のメラニン色素に光が反応すると、光が分散されてしまいます。そのため、広範囲に渡って光が当たるため効果が低下してしまうわけです。

照射され反応するのが毛根のみの場合は、最適な効果を発揮し脱毛の効果が高まります。

どのレベルの日焼けならOK?

日焼けのポイントは「紫外線対策を行ったかどうか」と「屋外に出たか」です。

肌の露出部位と隠れている部分に日焼けの差が出ていると、日焼けをしています。しかし、日焼けをした時に黒くはならない人もいるでしょう。

また、赤くなって皮がむける人はサロンによっては施術を断られる可能性が高まります。そして、ほとんどのサロンで施術時期の延期を勧められることになります。

季節によっても異なりますが、紫外線が強くなる夏と秋は特に要注意です。大前提として、脱毛期間中に日焼けをしに行ったり、日焼けのしやすい状況になることはできるだけ避けてください。

脱毛中のおすすめ日焼け対策

日焼け止めを常用する

最も効果的な日焼け対策として日焼け止めを塗ることです。今はスプレータイプのものや飲む日焼け止めもあります。

露出を減らし直射日光を避ける

1番の対策は直射日光に当たらないことです。しかし、1日中屋内に引きこもることは不可能なので、露出の少ない服を着るなどの対策が必要です。

もし日焼けをしてしまった場合、日焼けをした肌は水分を失った乾燥状態です。そのため、しっかりと保湿をすることが大切です。

また、日焼けした場合に限らず脱毛期間中は常に化粧水や保湿力の高いクリームを塗ってケアを行いましょう。

おすすめの脱毛サロン

シースリー 銀座店

シースリーでは、脱毛が完全に終わるまで永久メンテナンスが保証されているので安心です。

また、24時間ネットでいつでも予約できるので、予約が取れずに脱毛を諦めるということもありません。まずは、無料カウンセリングを受けてみましょう。

  • 住所東京都中央区銀座6-12-10銀座龍岡ビル4階
  • アクセス銀座駅A4出口 東銀座駅A1出口より徒歩5分
  • 料金月額5800円
  • 営業時間12:00~21:00
  • 定休日毎週木曜日・第2水曜日
  • 電話番号03-5537-1277
  • シースリーで脱毛の予約をする

    脱毛するなら日焼け対策が大切!

    脱毛と日焼けの関係性について紹介しました。脱毛の効果を低下させずに、かつ痛みや肌のダメージを減らすには日焼け対策が重要となるのです。

    脱毛を考えている方は、日焼け対策をして、最後に紹介した店舗を参考にしてみてください。

    記事の著者

    脱毛の悩みをもっと見る