まだ遅くない!30代無職でも正社員になれる方法まとめ

フリーターで食べてきて、これといった職歴もないまま、気付けばアラサーになってしまう人が最近増えているようです。

30代で無職では、就職なんて無理だ、そんな風に思ってしまい、一生フリーター生活を送る覚悟を決める人がほとんどのようですが、諦めてはいけません。適切な手順を踏めば、アラサーになっても正社員として就職できるのです。

今回は、30代で無職でも、正社員就職に成功する方法をご紹介します。

各企業が求めるものを知る

就職活動とは、企業に自分という商品を売り込む営業のようなものです。

商品を効率よく売り込むには、闇雲に突撃するのではなく、相手がどんなものを求めているか。を考えることがポイントです。

また、相手との交渉を円滑に進めるには、ある程度の妥協も必要になってきます。

企業が求めている条件を知った上で、自分が希望する条件と調整してみましょう。

特に一般的に就職が厳しいとされている30代無職の人は、自分の理想と現実のバランスを見ることがカギとなるそうです。

では、一般企業が具体的にどのようなものを求めているか、採用してもらうために注目すべきポイントを以下で見ていきましょう。

企業が採用する人材の3つのコスト

企業が採用する人材の3つのコストとはズバリ、お金、時間、人です。

大学の新卒ではない、ましてや30代前後の人材の採用となると、企業もより慎重になってきます。

実際、新卒の面接よりも、ずっとハードルは高いのです。転職ではなく、無職からので就職となると、企業はより一層採用に慎重にならざるを得ません。やはり、採用したとしても、少し嫌な思いをしたからといって、辞めてしまうのでは、と思ってしまうからです。

自分をアピールばかりするのではなく、相手の求めるポイントを慎重に考えて売り込まなくてはなりせん。そのポイントとは、中途採用のとき、企業が着目するお金、時間、人の3つのコストです。

求人別にみる、3つのコストの着眼点

一般企業が人材の発掘に用いるサービスは、ハローワーク、求人広告、人材紹介がポピュラーです。

では、この3つのサービスが、先述の「3つのコスト」のうち、それぞれどのコストに着目しているかを見ていきましょう。

ハローワークは行政が運営する人材発掘サービスで、企業、人材ともに、利用するのにお金は一切かかりません。

ハローワークにおける、企業が着目するコストは、「お金」です。

人材の採用にお金をかけたくない企業は、ハローワークでしか人材を募集しません。

求人広告は転職や就職を考える人がまず手にするものでしょう。求人広告に企業の情報を乗せるには、掲載料金がかかります。

その代わり、多くの人材の目に止まるため、早く人を集めることができます。

つまり、求人広告に載っている企業は、時間というコストに着目しているのです。

人材紹介は、文字通り人材紹介会社がそれぞれの企業に適していると選定した人材を紹介するサービスです。

人材派遣会社の正社員バージョンということです。

人材紹介会社が仕事への適正、人柄などをチェックしてくれるので、企業側は何百人もの面接をこなす必要がなくなります。

人というコストに着目した人材募集です。

30代正社員就職に最適なサービスとは

それぞれの企業の着眼点がわかったところで、30代で無職から正社員就職を目指す人が、どのサービスを利用すればいいかを考えていきます。

結論から言うと、求人広告と人材紹介の2つです。

この2つのサービスを利用している企業は、多少料金を負担してでも、一定数の応募を欲しがっている企業です。

なので、新卒や卒業した大学、職歴にこだわりがなく、転職や中途採用でも、戦力となりうる人材であれば採用してくれる傾向にあると言えます。

また、30代で初めての就職を目指す人は、求人サイトや人材紹介を利用する場合、扱いは転職と同じになります。

ですので、職業の掲載数が圧倒的に多いのは、転職サイトということになります。

人材紹介と違い、電話での面談なども無く、空いた時間に調べることができて、エントリーシートを書くだけですぐ応募できるので、転職サイトをベースに、必要なら人材紹介も利用していくと効率がいいでしょう。

30代無職の人におすすめなのが、リクルートエージェントです。このサイトに登録すると、業界トップクラスを誇る求人数にアクセスできます。また、専任のキャリアアドバイザーが自分の希望に合った求人の紹介から、企業への提出書類添削、面接対策、自分ではなかなか言いづらい企業との待遇、給与面での交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

登録は無料でかんたんにできるので、ぜひこのサイトに登録して、就職活動に役立ててください。

リクルートエージェントのサイトを見る

応募するときに意識すること

企業に応募する段階で、一つ意識しておいてもらいたいことがあります。

それは、「給料などの条件」や、「希望の職種」だけで応募してはいけないということです。

条件のいい会社には、当然多くの募集があるでしょう。また、30代無職から就職する際は、働き口が限られているため、少しでもいい条件、職種に就職したいと思うはずです。しかしその場合、20代の新卒たちが鳴り物入りでエントリーしてくる場合も少なくありません。

30代無職の人たちにとって、新卒の人たちにはない長所や、資格があるならば別ですが、よほど突出したの武器がない場合は、残念ながら条件だけで会社を選ぶことは出来ないでしょう。

ちなみに、30代のいわゆるミドル世代で、一度就職した人たちが転職を考える理由として、トップ3を占めるのは、会社の方針や雰囲気、職場の人間関係など、仕事の環境に対する理由でした。

これはこれから就職する人にも言えることです。

つまり、30代で転職や就職する場合に意識したいのは、職場の雰囲気や環境だということです。

それは、面接で実際にその会社の人と会って話をしてみるしか判断する方法はありません。

ですので、一発就職を狙うのではなく、選択肢が限られている中でも、色々な企業の面接を受けてみて、お互い相性のよさそうな会社を探すことが定着して就職できるポイントとなるのです。

30代で無職の人が採用してもらうために必要なこと

もちろん、相性や条件のよい会社が見つかったとしても、そこに就職出来るとは限りません。これは新卒でも転職でも同じことです。

自分がその会社に採用してもらうために、何が必要か、何が足りないかを常に考えることが大切です。

ここで企業側の目線に立って考えてみると、実は企業側も人材不足で悩んでいたりします。

その理由として多いのは応募がない、応募はあるが、応募者の資質が企業の求める水準に満たない、採用はしているが、すぐに転職、辞職してしまう、といったものです。

ここで注目したいのは、応募者の資質が企業の求める水準に満たないというポイントです。

企業側のいう応募者の資質とはなにか、という質問で多いのは、熱意、意欲、スキル、技能、人柄、コミュニケーション力、というものでした。

30代無職で就職活動する場合には転職扱いですが、未経験というカテゴリに応募することになります。

なので、スキル、技能についてはここでは考えなくてもいいでしょう。

とすると、応募者の資質が企業側が求める水準に満たない。というのは、熱意や意欲、コミュニケーション力の不足を感じ取られているからということになります。

これは実は、未経験というカテゴリとしては、新卒の方々にも言えることです。

就活生へのアドバイスとしてよく言われるのは、自己分析を客観的な視点からしっかりと行うこと、というものですが、就活生も30代までフリーターだった方にとっても、初めて社会に出るこの機会にそれだけのことが出来れば苦労はしません。

では、企業側の求める水準を満たすために、どうすればいいのか、見ていくことにしましょう。

キャリアコンサルタントを味方につける

30代で正社員就職を目指すことは、転職活動とおなじだということをお話しました。

これはつまりどういうことかと言うと、新卒としての採用を目指す就活生は、大学が就活をサポート、バックアップしてくれる他、新卒予定者を対象とした企業の説明会にも頻繁に参加することが出来ます。

ですが、30代で初の正社員就職を目指す人達にはこうしたサポートは一切なく、自分の力で企業を調査し、面接を受け。を繰り返すことになります。

新卒として一度就職した人の転職ならばまだしも、初めての就職活動で何のアドバイスもないのは、正直辛いものです。

ですが、そんな人達の大きな助けとなってくれる存在があります。

それが、キャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントとは、人材と企業をマッチングさせる専門家で、味方につけることで様々なメリットが生まれます。

まずはコンサルタントとの面談を通して、面接での改善点や、自己PRのアドバイスなどを受けられます。

次に、企業の面接を受ける際に、キャリアコンサルタントの推薦というアドバンテージを受けられます。

これは単独でエントリーするよりも、格段に企業側の印象が変わってきます。

キャリアコンサルタントの報酬は、採用後に企業から支払われます。

ですが、採用者が定着せず、3ヶ月以内に辞めてしまう、いわゆるミスマッチがあった場合、その報酬は企業に変換されます。

なので、求職者が定着出来そうな企業を紹介するのも、キャリアコンサルタントの重要な役割であり、これは求職者にとっても大きなメリットです。

キャリアコンサルタントを味方につける方法

中途採用にとって救世主となるキャリアコンサルタントです。では、そんなキャリアコンサルタントを味方につけるにはどうすればよいのでしょうか。

ここで言う味方につけるとは、決して善意の協力のことではありません。

キャリアコンサルタントもビジネスです。クライアントである求職者が就職先を見つけることができ、なおかつそこに定着出来なければ儲けになりません。

そのためには、先述のように、30代で未経験就職という立場上、条件のよさや希望の職種だけで会社を選ばないことが大切です。

一般的な30代の年収よりも低くなってしまって当然であることなど、自分にとって不利な状況を自覚した上で、就職に対するモチベーションを持っていなければなりません。

求職者にとっても、キャリアコンサルタントにとっても、入社がゴールではないのです。

その企業に定着したい。という熱意が伝われば、きっと力を尽くしてくれるでしょう。

中途採用に大切な慎重さと勇気

いかがでしたでしょうか。

企業側の求める人材の形は、不安定な景気の変動により、日々変化しています。

気軽に初めて、すぐに辞められるアルバイトと違い、正社員就職は人生の転機とも言える程の大きな出来事です。

ですので慎重に取り組まなければならない反面、好機を見逃すと勿体ないことになります。

難しいことではありますが、今回ご紹介した内容をぜひ役立ててください。

記事の著者

就職の悩みをもっと見る