28歳ニートの正社員就職を成功させる方法:まずは行動してみることが大事

一般的に28歳でニートの場合、世間からも冷ややかな目で見られることも多いでしょう。また、28歳でニートでいる理由は一度就職したものの、問題をかかえてしまい、辞めてしまったケースや、もともと就職したことがないケースまで、人によってさまざまです。

今回は、そういった28歳でニートの人が正社員就職を成功させるための方法を紹介します。

また、28歳で就職活動を成功させるのにおすすめなのが、リクルートエージェントです。

このサイトに登録すれば、業界トップクラスの求人情報を得ることができ、専任のキャリアアドバイザーからの徹底したサポートも受けることができます。

登録は無料でかんたんに行えるので、一度チェックしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

現在の28歳ニートの就職事情

28歳でニートというと、どうしてもよくない印象を持たれがちです。ニートというだけで、就職できる業種や企業はある程度限られてくるでしょう。

しかし、28歳という年齢を考えれば、定年まで30年以上あるので、採用する企業も少なくはありません。

また、業界によっては、今後の高齢化により、働ける人材を確保するのが難しくなってくるという予測から、従業員をすべて正社員として雇用する企業も増えてきています。少しでも従業員が働きたいという環境を作ることで、人材を確保する狙いがあります。

つまり、28歳ニートが就職できる可能性は大いにあるのです。

28歳ニートの就職希望者がつまずく原因

次に28歳ニートの就職希望者がつまずいてしまう原因を以下で紹介します。

失敗を恐れて行動できない

28歳でニートの人は、今までの辛い経験から失敗することを恐れてなかなか行動できないケースが多いです。28歳となると、学生時代の友人や同い年の周りの知人などが、会社で一定の役職を与えられていたり、忙しく働いている様子を目にするでしょう。

これ以上、失敗して恥をかきたくないといった思いから、失敗を恐れて行動することをためらってしまいます。

より好みしてしまう

28歳はまだ年齢的にも若く、応募可能な求人も多いでしょう。そのために、もっと自分の希望に合う求人があるはずだ、と見送るケースも多いです。

少しでも自分の希望する条件と合わないからといって応募せず、見送ってしまうことで、タイミングを逃してしまい、気付いたときには選択肢が限られているというケースです。

自分の力を過信している

自分は雇われて当然といった考え方から、自分の能力を過信してしまうことで、必要な準備を怠ってしまうケースです。

28歳という若さゆえに、社会を知らない分、自己分析や企業の下調べなどを無駄なこととして怠ってしまうのです。

そして、いざ採用選考の場で聞かれたことに答えられなかったり、うまくアピールできないといったことになってしまい、失敗してしまいます。

28歳ニートの就職を成功させる方法

では、28歳でニートの人が就職する際はどういった方法を取ればよいのでしょうか。以下で紹介します。

失敗を恐れずに行動する

失敗をしてしまっても、28歳という若さがあれば乗り切れます。失敗しても、企業と自分は合わなかったというふうに割り切ってしまうことも大切です。

改善すべき点は改善して、次に繋げるようにすればいいのです。

また、今までの習慣から、どうしても行動できない場合は少しずつ習慣を変えてみることをおすすめします。例えば、何もしなくてもいいから1日1回は外に出てみる、といった小さいことでもいいのです。

少しずつ習慣を変えていくことで、自信も付いてきます。

失敗や恥をかくことを恐れず、とにかく小さいことでもいいので行動してみましょう。

大手企業は避ける

大手企業でも中途採用を行っている場合もあります。28歳であれば応募可能な企業も少なくはないでしょう。しかし、そういった場合は他人より相当突出した能力がないと厳しいです。大手企業は避け、中小企業や人気のない業界、人手不足の業界を狙うことをおすすめします。

介護業界や、小売業界など、若い人材が足りていないところは特に狙い目でしょう。

就職動機を明確に把握する

ここまでで述べた通り、28歳であれば働き口は多いです。ただ、だからといってなんとなくで就職活動をしていては、なかなか就職先がみつかりません。

運よく就職先が見つかっても自分が思っていたのとは違ったり、悩みを抱えてやめてしまうことにもなりかねないでしょう。

そうならないためにも、自分がなぜ就職したいのか、どのような会社でどのような仕事に就きたいのかをできるだけ明確に把握することが大切です。

そうすることで、ある程度自分が就職したい業界が絞れてきたり、企業にうまくアピールしたりすることができ、就職活動もスムーズに進められます。

条件面である程度折り合いをつける

条件面である程度折り合いをつけることも大切です。求人が多くても、自分の希望にぴったり合う求人はなかなか見つかりにくいでしょう。

自分の譲れない条件は定めておいて、ある程度折り合いをつけることで、就職先の幅も広がってくるはずです。

理想と現実のバランスを見て就職活動を進めていきましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、名前の通り転職に特化してはいますが、サイトによっては、もちろん就職先を探すことも可能です。

数ある転職エージェントの中でも、28歳のニートの就職希望者におすすめなのが、リクルートエージェントです。

このサイトに無料登録するだけで、業界トップクラスの求人数にアクセスできます。また、その約90%が一般では公開されていない非公開求人となっていて、他では得られない求人情報を得ることができます。

さらに、専任のキャリアアドバイザーが自分に合った求人の紹介から、企業への提出書類の添削、面接対策や待遇、給与面での企業との交渉まで、徹底的にサポートしてくれるのです。

就職活動をしたことがない人でも安心して活動を進められるのでおすすめです。

相談だけすることも可能ですので、この機会にぜひ無料登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

就職の悩みをもっと見る