25歳ニートの就職を成功させる方法:少しの勇気で正社員に

ニートと一言で言えば、働かずに家で引きこもっているイメージを持っている人がほとんどでしょう。

確かにそれも一理あるのかも知れません。

ただ、働きたいと思っているけどなかなか行動に移すことが出来ない、もしくは行動の移し方が分からないというニートの人がいるのも事実です。

そこで、今回は25歳でニートから正社員として就職を成功させる方法を紹介します。

また、25歳から就職を考えた際には、リクルートエージェントがおすすめです。無料登録するだけで、業界トップクラスを誇る求人数にアクセスできます。

また、専任のキャリアアドバイザーが徹底的にサポートしてくれるので、一人じゃないという安心感があります。

ぜひこの機会にチェックしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

25歳ニートの就職状況

25歳というとまだまだ若く、定年まで30年以上あります。そのため25歳の場合では、採用する企業側も、ある程度研修や教育に時間や労力もかけられるので、働き口は多いのです。また、業界によっては人手不足から、積極的に人材を採用する企業も増えています。

そういった業界を中心に、全て正社員として採用することを宣言している組織も増えてきています。

少子高齢化が進み、近い将来働ける人を確保するのが難しくなるというの予測から、正社員として雇用することで、待遇や給与を上げて人材を確保しようという考えの企業が増えて来ているのです。

ただし、25歳でニートというと、企業側からもどうしてもいい印象は持たれません。どうしてニートとなってしまったのかを聞かれることになるでしょう。

そこでうまく答えられなかったり、冷静に分析してどうすべきかをはっきりさせていないと、不採用となってしまうので、注意が必要です。

25歳ニートの就職希望者がつまずく原因

ニートの状態から抜け出そうと、思い切って就職活動を行ったとしても、もちろんすぐに就職が出来るケースは少ないです。

就職につまずくニートには特徴があるのです。以下では25歳ニートの就職希望者がつまずく原因を紹介します。

社会を知らない

ニートの多くの人は、そもそもニートになってから、社会との関わりを遮断してきたことで、外の社会のことが分かりません。

25歳という若さも相まって、こんな仕事なら自分にも出来そう、出来て当然、採用されて当然、と思っている人が多いのです。

しかし、これは大きな間違いです。ニートの人達が社会との関係を遮断している間も、世間の動きはすごいスピードで変化を遂げています。

自身の思い描いている就職活動が現実離れしているのでギャップを感じるのです。

そういった場合、何で企業は自分のよさが分からないんだと過信しているケースも少なくありません。いくら25歳で年齢的に若いといっても、謙虚な姿勢がかけていると、企業からも採用されにくくなってしまうのです。

失敗を恐れてしまう

25歳となると、学生時代の友人や知人といった周りの人たちが、就職して働いているころでしょう。それに比べ、ニートとなってしまった自分はこれ以上失敗したりして、恥をかきたくないという考えを持ってしまうようです。

失敗を恐れてしまうことで、なかなか行動を起こせないのです。また、ニートに対しての社会的な風当たりも強いため、必要以上にリスクを感じてしまいます。

25歳ニートが就職活動を成功させる方法

25歳が就職活動でつまずいてしまう根本的な原因は、自分の力を過信していることや失敗を恐れてしまうということを紹介しました。では、25歳ニートが就職活動を成功させるには、どのような方法を取ればよいのでしょうか。

以下で紹介します。

自分の気持を整理する

ぼんやりと就職活動を行っていては、なかなか就職先は見つからないでしょう。運よく就職できても、自分が思っていたのとは違っていた、なんて可能性も出てきます。せっかく力を入れて就職活動をするなら誰しも自分に合っている職業に就きたいと考えるはずです。

25歳だと、まだまだ巻き返すことが可能な年齢です。ここで力を入れて就職活動を行うことで、自分が輝ける職場に出会える可能性は高いのです。

そういった職場に就職するために、自分は今後どのような人間になりたいのか、なぜ就職するのか、どんな企業でどんな仕事がしたいのかを整理しましょう。

また、そうすることで、企業へアピールしやすくなり、就職活動もスムーズに進められるでしょう。

中小企業を狙う

ここまでで何度か紹介してきたように、25歳は比較的求人数自が多く、就職するチャンスもたくさんあります。ただし、大手企業に関しては別です。

大手企業は、中途採用を行っているところも多いですが、相当突出した能力がないと採用は難しいです。

なので、中小企業を狙って採用される確率を上げるというのも成功への近道でしょう。

また、ここでは理想と現実のバランスを見て就職活動を行うことがポイントです。

少しの勇気と決意

ニートで毎日を過ごしていると、外出や、他人とのコニュニケーションも上手く出来ないケースが多いでしょう。

ただ、少しでも自分で動き出さないと、現状は変わらないどころか年を追うごとに求人も少なくなり、就ける仕事もだんだん限られてきます。動き出すなら今しかないのです。

とは言え、今まで行動できなかったのに今から急にできるなんてことはそうそうありません。まずは、少しずつ、今までの習慣を変えていきましょう。

例えば、何もしなくてもいいので1日1回は外に出てみるといったことでもいいのです。少しずつ習慣を変えていくことで、自分にも自信が付いてきます。

まずは小さくてもいいので一歩踏み出してみましょう。

求人情報を見てみる

求人情報を見てみることで、自分が働いている姿を想像できるでしょう。社会にはどのような仕事があって、どういった人たちがどういった形で社会に貢献しているのかを知ることは就職活動において大切です。

また、求人情報を集めたり、就職活動を始める際におすすめなのがリクルートエージェントです。

このサイトに無料登録すると、業界トップクラスの求人数にアクセスできます。また、その約90%が一般では公開されていない非公開求人です。

気に入った求人があればそのまま応募することも可能でしょう。さらに、専任のキャリアアドバイザーが自分の希望に合った求人の紹介から、企業への提出書類の添削、面接指導や自分では言いづらい企業と待遇、給与交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

今まで就職活動をしたことがないという人でも安心して就職活動を始められます。相談だけすることも可能ですので、ぜひ無料登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

就職の悩みをもっと見る