介護士資格なしでもOK!介護助手・介護補助ってどんな仕事?

介護の仕事をしてみたいけれど、介護士の資格を持っていないから仕事ができない。そう思っている人は多いでしょう。

しかし、介護士の資格がなくても、介護助手・介護補助の仕事であれば、介護の仕事を行うことができます。

介護の現場で介護士として働く人のそばで働くことができるので、役立つ介護の知識とスキルを磨くことが可能です。

以下では、まず介護助手・介護補助の仕事内容、メリットとデメリットについて説明します。また介護助手・介護補助におすすめな人と、なり方についても紹介します。

介護助手・介護補助の仕事内容

介護助手・介護補助の仕事内容としては、介護福祉士のサポートをするのが主な仕事です。

介護福祉士が専門的な介護業務に専念できるように、介護助手・介護補助はその仕事をサポートします。

介護施設の利用者の方が施設を気持ちよく使えるように掃除をしたり、食事の準備をしたり、送迎の手伝いをすることなどです。その他にも、介護士が指示した仕事をこなしていきます。

しかし、排泄や入浴のサポート等は、資格が無いとできません。そのため、介護助手・介護補助は話相手になったりといった、身体介護以外の業務を担います。

介護助手・介護補助に仕事をするにあたって国家資格が必要となることはありません。高齢化社会が急速に進んでいることから、厚生労働省は介護助手・介護補助の導入に積極的です。

さらに、介護業界は現在も人手不足であるため、介護助手・介護補助の求人は非常に多いです。

また仕事内容も多様化しているため、看護師などの資格をもった他業種の人も介護業界に入ってきています。

介護助手・介護補助のメリット

以下では介護助手・介護補助のメリットを紹介していきます。

介護の現場を体験できる

介護助手・介護補助の仕事をするメリットとしては、介護の現場を実際にみることができるということです。

介護の仕事に携わらない限り、実際に介護の現場で働く機会はなかなかありません。

しかし、介護助手・介護補助の仕事は実際に現場を見ることができるので、これから介護士を目指したいと考えている人にとってぴったりといえるでしょう。

時間の融通がきく

さらに、介護助手・介護補助の仕事は基本的にアルバイト・パート扱いとなるため、時間給になります。給料がどのくらいの時間働いたかによって支払われるため、ワークライフバランスが取りやすいのがメリットです。

自分が忙しい時期は、勤務を少なくして、忙しくない時期は勤務を増やすことが可能です。

小さい子どもがいる方や、まとまった時間がとれない方でも、介護補助・介護補助の仕事であればできるという方も少なくありません。

資格が不要

介護助手・介護補助は資格が必要ありません。

介護士に比べて、できる仕事は限られている反面、一度現場を見てから介護士になるかどうかを検討できるいい機会となります。担当する業務も比較的軽いものが多いので、安心してすぐに仕事を始められるところが介護助手・補助のメリットです。

短時間に区切って稼げる

介護業界は深刻な人員不足に陥っています。そのため、勤務時間が多少短くても人員確保のために雇ってくれるところが多いのです。

自分の都合に合わせて短時間担任でお金を稼ぐことができるのがメリットとして挙げられます。

介護助手・介護補助のデメリット

メリットがある反面、デメリットもあります。以下ではデメリットを紹介します。

給料が安い

介護助手・介護補助のデメリットとしては、まず給料面が恵まれていないことです。時間給となるため、介護福祉士などと比較すると、給料が安くなってしまう傾向があります。

殆どの場合、契約社員という形になるため、ボーナスや手当などもほとんどありません。給料が少ない分、残業などはほとんどないというメリットがありますが、その分給料が下がってしまうのがデメリットです。

できる仕事が限られる

介護士ほど責任のある仕事を任せてもらえない点もデメリットとして挙げることができます。

介護士と同じ現場で働いていても、負担が大きい仕事や責任ある仕事を担当しない分、大きく対象者に関わる仕事を任せてもらえない場合が多いので、なかなか仕事のモチベーションが上がりにくいというデメリットもあります。

介護助手・介護補助におすすめな人

以上では、介護助手・介護補助の仕事内容と、メリットとデメリットを紹介しました。では、介護助手・介護補助の仕事はどのような人が合っているのでしょうか。

以下では介護補助・介護助手におすすめな人を紹介します。

介護士になりたいけど時間がない人

介護助手・介護補助におすすめな人としては、将来介護の仕事をしたいと考えているが、現在まとまった時間がとれないため資格取得まで至っていないという方があげられます。

介護助手・介護補助として働いておけば、介護士と一緒に仕事をすることになるので、資格を取得するための試験のアドバイスをしてもらえることもあるでしょう。

また実際の介護現場で使える知識やスキルも磨くことができます。

介護士になりたい主婦・子育てが一段落した人

さらに、小さな子どもがいてまとまった時間がとれないけれど、なにか介護の仕事がしたいという方や、子育てが一段落して時間に余裕のある人にも、介護助手・介護補助の仕事はおすすめです。

基本的に時間給となるため、時間の融通がきくというメリットがあります。フルタイムでは働けないけれど、時間を有効活用することができます。

また、介護業界では人手不足なため、求人数も多く採用されやすいのでおすすめです。

家族や知人の介護を経験した人

家族や知人の介護を経験したことのある人もおすすめです。実際に自分で介護を経験しているのは、介護の仕事をするうえで大きなアドバンテージとなります。

また、自分の介護経験を活かしながら場数を踏むことで、さらに介護のスキルを向上させていくことができます。

介護助手・介護補助のなり方

では、どのようにして介護助手・介護補助の仕事を探せばいいのでしょうか。以下では介護助手・介護補助のなり方を紹介します。

公共施設にある求人誌をチェックしてみる

介護施設の求人は介護助手や介護補助の仕事の求人が、市役所や駅などに置かれている無料の求人誌などに掲載されている場合があります。

地方では介護士が足りていないため、その需要も高く、介護助手・介護助手の仕事もたくさんあります。地方の求人誌などもチェックしてみることが大切です。

インターネットで探してみる

介護助手・介護補助の求人はインターネットで公開されている場合もありますし、転職サイトなどで探すこともできます。インターネットで仕事を探してみるのが最も一般的な方法と言えるでしょう。

介護助手・介護補助の求人を探す際におすすめなのが、介護の求人情報を中心に扱われているサイト、かいご畑です。資格なし、未経験での勤務が可能な求人もたくさん掲載されています。

また、専任コーディネーターがサポートしてくれるので、安心して求人を探すことができます。さらに、全国の求人をカバーしているため、地方の求人もたくさんあります。

本格的に介護補助・介護助手の仕事に就くことを検討していない人も、求人情報にアクセスできる環境を整えておくだけで、本格的に検討するときにかなり役に立つでしょう。

無料登録して相談だけすることも可能です。ぜひ、かいご畑に登録してみて、活用してください。

かいご畑のサイトを見る

記事の著者

職業の悩みをもっと見る