歯科衛生士から看護師に転職って簡単?:仕事内容の違いやメリット・デメリット、転職方法などを紹介!

似たような業種ではありますが、歯科衛生士から看護師への転職は、全く別の仕事に挑戦することになります。

歯科衛生士から看護師に転職するにあたって、仕事内容の違いやメリット・デメリット、転職方法などについて紹介していきます。

歯科衛生士と看護師の仕事内容の違い

歯科衛生士と看護師、どちらも人の健康をサポートする仕事ではありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士とは口腔内の健康をサポートする国家資格を保有する人のことです。主に3つの仕事内容に分かれてます。

1つ目は歯科予防処置です。虫歯や歯周病の予防をするために専用の器具を使い歯垢や歯石といった口の中の汚れを除去したり、フッ素という薬を塗布します。

2つ目は歯科保健指導です。虫歯や歯周病の予防で大事なのは毎日の歯磨きです。歯ブラシを歯に当てる角度や力の入れ方を指導します。また、歯の磨き方だけではなく、生活習慣や食事の摂り方、食べ方や噛み方の指導も行います。

3つ目は歯科診療補助です。歯科医師の指示のもと、医療行為のサポートをします。レントゲン撮影の補助や、診療器具の滅菌、準備なども行います。

看護師の仕事

看護師は医師の診察、指示に基づいて診察の補助をします。

具体的な仕事内容は、患者の薬の管理や健康状態のチェック、患者やその家族に対しての心理的サポートなどです。

また、医師の診察がスムーズに行えるよう補助したり、医師が使う医療器具の準備や洗浄もします。注射や血圧測定、点滴を打つことなども業務の1つです。

入院設備のある病院では食事や排泄の介助、ベットメイキングなども行います。

歯科衛生士から看護師へ転職するメリット

歯科衛生士から看護師への転職にはどんなメリットがあるのでしょうか。

歯科衛生士の経験も活かせる

歯科衛生士は口腔内専門ですが、口腔内も命に関わる重要な場所の1つです。知識を持っていることで、看護師として患者のサポートの質の向上にもつながります。

就職の幅が広がる

歯科衛生士だと歯科医院や総合病院の歯科、市町村にある保健センターなどが就職先の候補として挙げられます。

いっぽう看護師の場合は、総合病院をはじめ、クリニック、介護施設、訪問看護など働く場所の選択肢が歯科衛生士よりも多いです。

職場の選択肢が増えるので、自分の条件に合う環境を見つけやすくなるでしょう。

歯科衛生士から看護師へ転職するデメリット

メリットがある反面、歯科衛生士から看護師への転職にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

資格を取るまでが大変

歯科衛生士になるためには、高校卒業後に歯科衛生士養成機関(専門学校、大学)に2~4年通う必要があります。

そこから看護師になるには、さらに3~4年看護師養成機関に通う必要があります。これは、歯科衛生士になるためにかかる時間と同じくらいの時間がかかってしまうことになります。

また、看護師養成機関に通うとなれば、それなりの費用もかかるので注意が必要です。

生活が不規則になりやすい

歯科医院で勤務する場合、勤務する場所にもよりますが、営業時間や曜日も決められてるため、毎日決まった時間で勤務することができます。

しかし、看護師で総合病院や介護施設で勤務する場合、交代制であるため、夜勤や緊急コールの対応があったりと24時間勤務になることもあるのが難点です。

歯科衛生士から看護師への転職方法

歯科衛生士から看護師に転職するにはどのような方法があるのでしょうか。

資格を取得する

看護師として働くためには、看護師の国家資格を得ることが必要です。そのための国家試験を受けるためには、必ず看護師養成機関(専門学校、大学)に3~4年通う必要があります。歯科衛生士で働いていたとしても、通信で資格を取得することはできないので注意が必要です。

まずは准看護師を目指す

看護師になるためには、国家資格を取得する必要がありますが、准看護師の場合は国家資格をとる必要はありません。准看護師養成所で2年学ぶことで受験資格を得られます。

正看護師よりも資格を取る期間が短く、必然的に資格取得のための費用が少なくてすみます。そのため、できるだけ早く看護の業務にたずさわりたいと考えている方におすすめです。

准看護師養成学校には通信教育で卒業できるところもあります。年収や仕事内容、裁量において看護師と差が生じますが、徐々にキャリアアップを目指したい方におすすめです。

准看護師への転職を目指す方には「看護のお仕事派遣」がおすすめです。『看護のお仕事派遣』は、看護師さんのための人材派遣サービスです。関東・関西・東海地域においてサービスを行っています。

業界最大級の『非公開求人』を保有しており、求人数も豊富なのでぜひ一度会員登録してみてください。

看護のお仕事派遣のサイトを見る

看護助手を目指す

看護師と同じく看護の仕事に看護助手という仕事があります。看護助手とは、病院やクリニックなどの医療現場で看護師の補助的な役割をするのが仕事です。看護師のような国家資格を持たないため、採血や注射などの医療行為はできません。

看護師や准看護師と異なり、なるために特別な資格は必要ないため比較的目指しやすい職業です。

准看護師への転職を考えている方には転職サイト「ベネッセMCM」がおすすめです。ベネッセMCMではは、雇用形態や給料、地域や福利厚生などさまざまな条件で無資格でも働ける看護助手の求人をチェックできます。

看護助手の転職に関しても就業までのステップを前面フォローしてくれます。ぜひベネッセMCMに登録して、活用してみてください。

ベネッセMCMのサイトを見る

どういう人が転職すべきか

歯科衛生士から看護師に転職するにあたり、どのような人が転職するべきなのでしょうか。

資格を取りスキルアップを目指している人

歯科衛生士としてではなく、看護師として幅広い分野で働くことで社会貢献を考えている人、口腔内だけではなく、患者の生活にも寄り添いながら仕事をしたいと考えている人もいるでしょう。歯科衛生士ではなく看護師であるから出来る業務に魅力を感じる人も多いです。

このような条件に該当する人には、ぜひ転職を考えてみてください。

現在の給料に不満がある人

今よりも給料を上げたいと考えてる人は、歯科衛生士のまま働き続けるよりも看護師に転職した方がいいでしょう。

看護師養成機関に通うための費用など、初期投資はかかります。

しかし長い目で見れば、看護師になれば収入が増え、将来安定した生活を送ることができるので、思い切って挑戦してみる価値は十分にあると思います。

歯科衛生士から看護師に転職することを考えている人には「マイナビ看護師」がおすすめです。「マイナビ看護師」では医療系転職支援サービスのプロがサポートしてくれる転職サイトであり看護師の求人も多く取り扱っています。

また、業界大手であることから安心感もあり、全国各都道府県の好条件求人をカバーしているのため、多くの求人から自分にあった転職先を見つけることが可能です。

非公開求人もあるためぜひ一度登録することをおすすめします。

マイナビ看護師のサイトを見る

転職すべきでない人

資格取得にかける時間・費用がない人

看護師になるためには資格を取得することが必要です。国家試験の受験資格を得るためには看護師養成機関に3~4年通い勉強をします。

そのため、時間や費用が多くかかってしまいます。その時間的余裕や経済的余裕が自分にはないと考える人は転職するべきではないでしょう。

体力に自信がない人

看護師の業務は総合病院や介護施設で勤務する場合、交代制であるため、夜勤や緊急コールの対応があったりと24時間勤務になることもあります。

そのため睡眠時間が不規則になってしまうため、体力に自信がないと感じている人は看護師への転職は厳しいでしょう。

歯科衛生士として働いているものの、今の職場に満足していないと感じている方には他の職場への転職をおすすめします。転職サイト「ファーストナビ歯科衛生士」は、日本最大級の歯科衛生士の求人サイトです。地域密着の小さな医院から大手のクリニックまで幅広い求人情報を取り揃えています。

プロの転職エージェントが医院にインタビューして採用条件を直接聞いており、土日休み、給料高め、18時まで勤務、住宅手当あり、など待遇面が良い募集などを探してくれます。

ぜひ一度会員登録してみてください。

ファーストナビ歯科衛生士のサイトを見る

記事の著者

看護師の悩みをもっと見る