マザコンの特徴とその対処法:彼氏や旦那にはしちゃダメ!

マザコンとは「マザー コンプレックス」の略語で、母親や母親に似た女性に対して、異常な行為を示す行為のこと言います。

家族や母親を大事にするのと、母親にべったりしすぎるマザコンは全く別物です。

マザコンの人はなかなか彼女や親しい相手に対しても、自分がマザコンであることを明かしたりはしませんが、彼氏や旦那さんにしてしまう前にきちんと「彼はマザコンなのか」見極めておかないと大変なことになってしまうかもしれません。

あなたの彼氏や気になる人がマザコンでないか見極めるために、今回マザコン男の特徴とその対処法についてご紹介します。

マザコン男子の特徴

親を大事にしている人って、とても素敵な人です。家族を大事にしているなら、結婚してからも自分を含めて家族を大切にしてくれそうです。

しかし、マザコンではそんな理想の家庭を築くのは難しいかもしれません。マザコン男性とはどんな人なのか、その特徴をまとめてみました。

話題にいつも「お母さん」が出てくる

普段の会話の中で、しょっちゅう母親の話を出すのは、マザコン彼氏の特徴の1つ。

こっちが「今日こんなことあってさ〜」と話しているのに、「あ、その話で思い出したけどウチの母さんがさ!」と、すぐに話をすり替える。

何で話題にお母さんがそんなにでてくるの?と疑問を抱いてしまうほどだと、相手はマザコン彼氏の可能性大です。

やたら母親と比較してくる

母親とは、男女関係なく子どもにとって、尊敬せずにはいられない大事な存在です。

でも、彼女と比較するのは別の話。

「母さんならこうするのに」「母さんならできるのに」など、やたら「母さんなら〜」と、あなたを自分の母親と比較してくるような人は、間違いなくマザコン彼氏です。

他の女性と比べられるのは嫌ですが、それが彼の母親だなんてもっと嫌!この比較が別れる原因となることも多いようです。

愚痴、相談は絶対ママにする

友達と喧嘩した、仕事がうまくいかない。そんな日常の愚痴を、側にいる彼女ではなくは親に相談してしまう。

これも、マザコン彼氏の特徴です。挙句の果てに、彼女の不満もママに相談していたりします。

これを知ったら、彼女のほうは間違いなくショックだし、恥ずかしいですよね。

でも、マザコン彼氏はそんな彼女の気持ちなんて気にしません。「ママならわかってくれる!何とかしてくれる!」という思いが強いのでしょう。

これでは、何かあるとすぐに言いつける、小さな子どもと変わりませんね。

かなりの優柔不断

小さな頃から、身の回りのこと全てを母親に決めてもらっていた人に多いケースがこれです。

洋服から食べるもの、果ては就職先や結婚相手まで。大事なところを自分の意思で決断できず、母親を仲介にいれる傾向があります。

自分の彼氏がそんな「優柔不断男」だと知ったらショック!面倒くさいし情けないので、冷めてしまう女性は多いはずです。

大人になっても母親から世話をされている

一人暮らしの部屋に、定期的に母親が掃除や洗濯、家事などをやりにくるような男性は、マザコン彼氏の危険性が高いです。

何かあれば母親に頼るように脳ができているので、幼い頃からの甘えが抜け切らないんですね。

ただし、母親が極度の世話焼きだったりして、「嫌だけどね」と言いつつも受け入れている男性は、マザコン彼氏である可能性は低いでしょう。

何がなんでも母親優先!

ずっと前からしていたデー トの約束も、母親とのお出かけが決まれば、平気でドタキャンするのがマザコン彼氏です。

「え?それ今じゃなくてもいいよね?」というところでも、母親を優先させてしまうのです。楽しみにしていたこっちとしては、たまったものではありませんよね。

誕生日も、彼女にはちょっとしたプレゼントしか用意しないのに対して、母親のときは本気のプレゼント+豪華なディナーを贈るなんてことも。

悲しいですが、マザコン彼氏は何があっても母親優先なのです。

必要な物を買ってもらっている

服や洗剤、歯ブラシやちょっとした電化製品など、1人で生活するにはいろいろなモノを揃えないといけません。もし相手の男性が、下着や洗剤といった生活必需品を母親に買ってもらっているようだとマザコンの可能性大です。

たとえ経済的な事情、健康的な事情で実家暮らしだとしても、自分のものは自分で購入し、管理できているかどうかで判断する事ができるでしょう。

結婚生活が上手くいかない

マザコンであると言う事は、平たく言えば甘えたい気持ちが強いということです。母親を大事にするのは良い事ですが、マザコンの男性は自分を守ってもらえるから大切にしているのです。

そんな男性と結婚すると、最初は大切にしてくれると感じるかもしれませんが、自分の母親と料理を毎回比べたり、夫としてのリーダーシップを発揮せず、結局妻があらゆる面倒を見なければならないというパターンも起こりえます。

結婚生活は、責任感をもってお互いにしっかりと自立した大人でなければ、上手くいきません。

彼氏や好きな人がマザコンである時の対処法

原因は母にあると認識する

例えばあなたの父親が、レディーファーストな紳士だとすると、ドアを開けてくれない男性や荷物を持ってくれない男性はあり得ないって思いますよね。

逆に父親がそういったタイプでなければ、男性に対して求めるレベルが全く違ってきます。

それと同じことがマザコンな彼氏にも言えます。彼の母親が常に彼に依存し執着すると、彼も母親に頼りきりのマザコンに育ちます。

母親を優先させる彼が悪いのではなく、母親が原因だと考え方を変えて、彼を責めるのはやめましょう。

海外に目を向けてみる

海外では、母親を大切に扱い、全てにおいて母親を優先するという図式が出来上がっています。それに比べ、なんと日本はマザコンランキングワースト1位の国という結果が発表されています。

毎日のように電話で話をしたり、母親に会えば外見や料理を褒めちぎって「愛しているよ」と伝えて甘えたり……それに比べれば日本の男性は、母親に依存していないですよね?

海外に目を向けると、少しは気が楽になるかもしれません。

敵を知る

敵を知らなければ、マザコン彼氏を攻略することは不可能に近いです。

まずは、母親の教育の仕方・価値観や、料理の味付けまでを知りましょう。

そうすると、「彼にこう言えば、言うことをすんなり聞いてくれる」「こんな味付けであれば、美味しいと喜んでくれる」などと、彼の攻略方法が見えてきます。

「母親のマネなんて嫌!私だって!」と敵意剝き出しで彼に迫ると、どんどん溝が広がっていき完全母親優勢になります。

まずは、彼の心を惹きつけて、居心地の良い場所を提供しましょう。

「僕は必要とされている」ことを知ってもらう

母親から過剰に世話をされて大切に育てられたマザコンな彼氏。

自分が傍にいるだけで母親は喜ぶのですから、もっと喜んでもらいたくて傍にいる。大好きな母親が幸せそうなのを見て、自分も幸せになる。

このサイクルを利用しない手はありません。彼と一緒にいる時は、笑顔を絶やさないようにしたり、「一緒にいると幸せだよ」と素直に伝えてみたりしてください。

自分が必要とされている事を知った彼は、あなたと過ごす時間を大切にしてくれることでしょう。

「マザコン」や母親の悪口を言わない

自分があまり好きではない芸能人に似ていると言われたことはありますか?

「綺麗な顔ではないと思っているあの顔が、私と似ているってことは、私も大したことないってこと?」とショックを受けますよね。

マザコンである人は、それと同じように自覚症状がありません。世の中に蔓延るマザコンの悪いイメージが自分にあるなんて・・・と、当然ショックを受けます。

いくらカッとなったとしても、マザコンと彼に言うのは厳禁。また、母親の悪口ももちろん禁句。大好きな母親を非難すれば、彼は反発すること必至です。

自然に自覚させる

自覚症状がない人には、自然に自覚させるよう促せば良いのです。「頼りがいがある」「決断力がある」等と真逆の事を言って褒めると、人はそのようになろうと努力をします。

そして、些細なことで母親を頼る自分を客観的に見て、自分がマザコンであることを自覚します。そうなれば、シメたもの。

彼は徐々にあなたの理想とする男性へと変わっていくことでしょう。

マザコンとは付き合わないべき!結婚しないべき!

マザコンと付き合って、もし母親への依存がマシになるのであれば付き合ってもうまくやっていける可能性はあるかもしれません。

しかし、よく彼の実家に呼ばれてお母さんから彼氏の話を延々と聞かされたり、しまいにはデートや旅行にも彼氏の母親がついてくるかもしれません。

結婚をしたとしても、旦那と喧嘩をすれば姑から怒りの電話や、きちんと家事ができているのか見回りのようなことをされる可能性もあります。

世の中にはたくさん男性がいるのですから、マザコン男へ執着っする必要もないでしょう。

そんなときにおすすめなのが、マッチングアプリ「ペアーズ」です。

ぺアーズを通じて交際・成婚に発展したカップルの数は35,000組以上!ペアーズは気の合う友達や、一夜限りの恋愛を探している人が少ない分、カップル成立や結婚まで至っている人が多いようです。

また何と言っても、ペアーズにはコミュニティ機能が搭載されており、自分と同じ趣味思考を持った人の中から好きな相手を見つけられるのが大きなメリットでしょう。

関連記事:ペアーズで結婚できるって本当?実際にペアーズを使って婚活した方の体験談も紹介

女性は誰でも無料で登録ができるので、試しにどんな男性がいるのか見てみてもいいかもしれません。

ペアーズで運命の相手を探す

記事の著者

彼氏・元カレの悩みをもっと見る