ウズベキスタン人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

ウズベキスタンの男性と日本人の女性で惹かれあって、結婚を意識しているという国際カップルは少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ウズベキスタン人の男性と、国際結婚する時の流れについて紹介していきます。

ウズベキスタンの男性との国際結婚を考えているという方は、どのように国際結婚をしていくのか、必要となる書類についてなど、気になることを紹介していくため、チェックみてください。

ウズベキスタンで先に結婚の手続きを行う場合

ウズベキスタンの男性と日本人の女性が、彼の祖国であるウズベキスタンで、先に結婚の手続きを行う場合の手続きの方法について、まずは紹介していきます。

必要となる書類

結婚の手続きを行うためには、事前に書類をしっかり用意しておく必要があります。

日本人の女性は、以下の書類を用意してください。

・婚姻要件具備証明書
・パスポート

婚姻要件具備証明書という書類についてですが、公証人役場と外務省と在日ウズベキスタン大使館の認証がなければ、書類として認められません。

ウズベキスタン人の男性は、以下の書類を用意しましょう。

・独身証明書
・パスポート

独身証明書がないと、結婚の手続きを行うことはできません。もし離婚歴がある場合は、離婚証明書が必要となるケースがあります。

必要書類は、手続きを行う場所によって異なるケースがあるため、不安なことがある場合は、連絡してみることをおすすめします。

手続きの方法

必要な書類を揃えることができたら、結婚の手続きを行うことができます。ウズベキスタンで結婚の手続きを行う場合は、ウズベキスタン人の男性が住んでいる市町村の登録機関(法務省の出先機関)に、夫婦揃って行く必要があります。

一度2人で登録機関へ行き、申請を行い、申請を行ってから一ヵ月後に、再度登録機関へ行き、結婚登録を行っていきます。

ウズベキスタンで結婚の手続きを行う場合は、夫婦揃って結婚の手続きを行う必要があるということを知っておきましょう。

日本で先に結婚の手続きを行う場合

サウジアラビア人の男性と日本人の女性が、女性の祖国である日本で先に結婚の手続きを行う場合について、紹介していきます。

必要となる書類

日本で結婚の手続きを行う場合にも、サウジアラビアで結婚の手続きを行う時と同じように、必要な書類を用意する必要があります。

まず、日本人女性は以下の書類を用意してください。

・婚姻届
・印鑑
・身分証明書

一方、サウジアラビア人は、結婚の手続きを行う際に、婚姻条件を満たしていることを証明する書類を用意してください。

ウズベキスタンでは、本国法により婚姻条件を満たしている書類を添付しなければ、結婚の手続きを行うことができないので必要になります。

手続きの方法

全ての書類がそろったら、日本人の女性が住んでいる市町村の市役所へ行き、必要書類の提出を行い手続きしていきます。

ウズベキスタンでは、結婚の手続きに2人揃って行く必要がありましたが、日本では2人揃っていく必要はなく、日本人の女性が1人で提出しに行っても問題ないでしょう。

必要となる書類や提出方法といったことは、手続きを行う市役所によって異なることがあります。そのため、行く前に市役所へ問い合わせておくことをおすすめします。

国際結婚をするなら

外国人と付き合いたい、国際結婚をしたい!でも知り合う機会が無い…と諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方にはマッチングサービスのマッチドットコムがおすすめです。

海外発祥のこちらのマッチングサービスは日本を含め世界25カ国で利用されており、1500万人以上の会員がいます。

自分から検索をすることもできますが、2,3分ほどでできる自己診断テストから自分の理想の人や相性の合う人を提案してくれる機能も。さらに、理想の人を学習してくれるので、好みに合った人をたくさん紹介してくれます。

マッチドットコムは海外では有名なサイトです。自分にピッタリの人を見つけることができるかもしれません。まずは無料の会員登録をしてみましょう。

マッチドットコムを使ってみる

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る