タイ人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

タイ人の男性と日本人の女性の国際カップルで、結婚を意識しているカップルは少なくないでしょう。

そこで今回は、将来的にはタイ人男性と国際結婚をしたいと思っている女性のために、タイ人男性と国際結婚するときの流れについて、分かりやすく紹介していきます。

日本から先に結婚の手続きを行う方法、タイから先に結婚の手続きを行う方法のそれぞれの国際結婚の流れについて紹介していくので、国際結婚を考えているという方は、流れについて理解しておきましょう。

日本で先に結婚する場合の流れ

タイ人の男性と日本人の女性が、日本で先に結婚の手続きを行う場合の流れについて、まずは紹介していきます。

必要となる書類は?

タイ人の男性と日本人の女性が結婚する場合、まず必要となる書類は婚姻要件具備証明書です。婚姻要件具備証明書は、在日大使館へ行き、発行手続きを行う必要があります。

婚姻要件具備証明書は夫婦揃って、在日大使館に行く必要があります。その際、ウズベキスタン人の男性は、以下の書類を用意してください。

・独身証明書(離婚歴がある場合は離婚証明書)
・国民身分証明書
・戸籍謄本
・パスポート
・証明写真

もし結婚する男性が20歳以下であるなら親の同意も必要となります。

日本人の女性は、以下の書類を用意してください。

・パスポート
・戸籍謄本
・在職証明書
・証明写真

これらの書類を用意し、在日タイ大使館へ行き、婚姻要件具備証明書の発行を行います。ここまで来てようやく半分です。

次は、市役所で婚姻届けを出すのですが、その際にウズベキスタンの男性は、以下の書類を用意しましょう。

・婚姻要件具備証明書
・タイ住民登録証原本
・パスポート
・在留カード

取得した婚姻要件具備証明書は、婚姻届けを提出する時に必要な書類になります。

日本人の女性に必要となる書類は、以下の3つです。

・パスポート
・運転免許所
・戸籍謄本

必要な書類を集めて提出すると、日本での婚姻は完了となります。

タイへ行き手続きを行う

日本で結婚の手続きが完了したら、次にタイでも結婚の手続きを行う必要があります。

タイ人の男性は、以下の書類を用意しましょう。

・パスポート
・国民身分証明書
・タイ住居登録証原本

日本人女性は、以下の書類を用意してください。

・パスポート
・戸籍謄本

戸籍謄本は、タイ大使館、または外務省で認証済みでなければ、意味がありませんので注意しましょう。

これらの書類を提出し、タイでも結婚の手続きが完了となります。

タイで先に結婚する場合の流れ

タイ人の男性と日本人の女性が結婚する場合、日本人の女性が必要書類を持って、タイへ行く必要があります。

必要となる書類は?

日本人女性は、タイへ行く時に以下の書類を用意してください。

・戸籍謄本
・住民票
・在職証明書
・所得証明書
・パスポート

パスポート以外は、全て市役所で手に入れることができる書類です。

タイ人の男性は、以下の書類を用意しましょう。

・国民身分証明書
・タイ住居登録証原本
・パスポート

これらの書類を用意したら、タイ人の住民票のある市町村へ行き、市役所にて結婚の手続きを行っていきます。手続きを行い、婚姻証明書を発行してもらうことができれば、タイ側での結婚の手続きは完了となります。

日本へ行き手続きを行う

タイでの手続きが終わったら、次は日本で結婚の手続きを行う必要があります。その際に、以下の書類を用意してください。

・タイ国での婚姻証明書
・タイ外務省の認証済み住民登録証
・婚姻届

これらの必要書類を市役所へ提出することで、日本側でも結婚の手続きが完了となります。

国際結婚をするなら

外国人と付き合ってみたい、国際結婚をしたい、と考える方も多いのではないでしょうか。そんな方にはマッチングサービスのマッチドットコムがおすすめです。

マッチドットコムはアメリカ発祥のマッチングサービスで、日本を含めた世界25カ国で利用されています。会員数は1500万人を超えるため、きっと理想の相手を見つけることができます。

海外の人も利用していて、会員数も多いとなると、怪しい人がいたり、サクラが紛れているのでは?と思うかもしれません。しかし、マッチドットコムは検閲や審査が厳しいため、そのような人がいる可能性は低いのがポイント。

外国人の中には日本在住の方もいるので、コンタクトをとって実際に会うこともできます。

登録は無料で簡単にできます。まずは気軽に登録してみましょう。

マッチドットコムを使ってみる

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る