生理になった時に彼氏に伝える方法・タイミングとは?

せっかくのデートの日に生理になってしまった場合、彼氏にどういう風に生理中であることを伝えたらいいのか、まだ付き合い期間が短かい場合は悩んでしまいますよね。

また、お泊りや旅行の時に生理になってしまった時は、どういうタイミングで彼氏に伝えたら良いのか悩んでしまう人が多いでしょう。

そこで今回は彼氏に生理の事を上手く伝える方法やタイミングをご紹介します。この記事を読んで、生理に関することは、彼氏にもちゃんと伝えて理解してもらいましょう。

そもそも彼氏に生理を伝える必要はある?

デートの時に生理が来てしまって、体調がすぐれないような時は、彼氏に伝えるべきか悩んでしまう女性が多いでしょう。どんな反応をされるかなど不安に思うかもしれませんが、生理の時はちゃんと彼氏に伝えるべきです。

なぜなら、せっかくのデートなのに機嫌が悪いと思われてしまったり、楽しくないのかなと誤解されてしまう可能性があるからです。

生理で体調が良くない、と伝えることで彼氏も理解してくれて、デートプランを負担が少なくなるように考えてくれるでしょう。

生理中だと彼氏に伝えるタイミング

女性にしかない生理を、彼氏に伝えるのは少し勇気がいることでしょう。楽しいデートの中で、いつ伝えればいいのか、タイミングを掴むのは難しいかもしれません。

ここでは、デートの時に、自然に彼に生理を伝えられるタイミングを紹介します。

デート中のトイレの後

デート中トイレに行き、戻ってきた際に伝えましょう。

「きちゃった〜」と残念そうに苦笑いして言うと、嫌な感じも不自然な感じもせずに伝えられると思います。

彼氏もこの後の展開を期待していたかもしれませんが、どうにか気持ちを落ち着かせてくれるでしょう。

待ち合わせで会った時

昨日まで生理ではなかったのに、今日いきなりきたという事もありますよね。

事前に知らせることが出来なかったときなどは、待ち合わせで会った時に伝えましょう。

「今日、ちょっと調子が悪いんだ」などとデートの序盤に伝え、彼氏に体の調子を分かっておいてもらうことも大切です。

お泊りになりそうになった時点

良い雰囲気になる直前というのも、彼氏にとってはあまりにも残酷すぎるので、せめてお泊りになりそうな話になったときや、彼の家に行く前のタイミングで伝えましょう。

事前に伝えるのはやる気満々に思われそうで伝えづらいという人は、そういう雰囲気になりそうな手前で伝えておきましょう。

デート前

事前に伝えておくと、女性も気が楽ですよね。

直接彼氏を目の前にして言うのは恥ずかしかったりもするので、LINEやメールという方法もアリです。

そして男性側も、事前に伝えておいて欲しいという意見が多いようです。彼氏もデートプランがあるでしょうし、あまり体に負担のないところを選んでもらう事もできるでしょう。

生理中だと彼氏に伝える方法

生理を彼氏に伝えたいけど、どうやって伝えたらいいのかわからない!という悩みを持つ女性は少なくないでしょう。

ここでは、さりげなく彼氏に生理を伝える方法を紹介します。合言葉を使ったり言葉を変えてみることで、生理のマイナスなイメージをなくすこともできるでしょう。

言葉を変えて言う

「女の子の日」「始まっちゃたよ〜」「アレの日」などと言葉を変えて伝えるのも一つの手です。

ストレートに生理というワードを使うのが苦手な女性は、このように違う言葉に変えて伝えましょう。きっと彼氏ならすぐ気付くはずです。

痛み止めを飲む

生理痛がひどい時は、痛み止めを飲むと思いますが、あえて彼の前で飲んでみてください。

彼は痛み止めを飲む姿を見ると必ず体調が悪いのかなと異変に気づいてくれると思います。

お腹が痛いと言ってみる

お腹が痛いと言ってみてみるのもいいかもしれません。

ですが、ただ単にお腹の調子が悪いとしか捉えられない場合もあると思います。

その時は、「お腹の下の方が痛い」などと具体的に言ってみると、勘がいい男性は気づいてくれるでしょう。

イライラ期間だということを伝える

生理中や生理前はどうしてもホルモンのバランスが崩れてしまい、精神的に不安定になってしまう時期でもあります。

男性は、女性が生理前や整理中にイライラするということを、知らないことがあります。まずは、生理について知ってもらうことが必要です。

決して悪意があってイライラしているわけではないということも理解してもらえる伝え方でしょう。

合言葉を決める

「生理中」とただ単に伝えるのは、なんだか事務的な感じがしてしまうと思った場合には、2人の中で生理中に変わる合言葉を決めるのはどうでしょう?

合言葉で説明すると、彼もすんなり理解してくれて、状況もきちんと伝わると思います。

ストレートに言う

誤魔化してもしょうがないので、ストレートに伝えましょう。

「機嫌が悪いわけじゃないから」「生理で体が重たいんだ、ごめんね」などと、デートが楽しくないと思わせないように気を付けましょう。

体調が悪く、不機嫌な顔つきになりがちですが、生理のせいだとちゃんと伝えてあげることで、彼氏もホッとします。

きちんと説明することで、彼氏も最大限理解して協力してくれるはずです。

それでもまだ言いづらいという人はココナラに相談してみるのも一つの手です。彼氏に合った伝え方が見つかるかもしれませんよ。

それ以外にも彼氏についての悩みを聞いてもらえます。友達に相談しづらいという人はぜひ試してみてください。

電話占いココナラをチェックする

記事の著者