幼稚園教諭になるために必要な6つの適性と資質:向いてないと思った時に考えること

幼稚園の先生の中では、「もしかして向いていないのかも‥」と感じている方もいるでしょう。では幼稚園教諭に向いている人とはどんな人なのでしょうか?

幼稚園教諭として活躍するためには、もちろん努力も必要ですが、ある程度の適性や資質が必要不可欠です。

この記事では、幼稚園教諭になるために必要な適性や資質について述べていきたいと思います。

もしも向いていないのが、現在の職場なのであれば働く場所を変えてみるという選択肢も考えておきましょう。保育専門の転職サイト「ほいく畑」では専任のコンサルタントが最後までサポートしてくれるので、初めての転職活動も安心です。

もちろんほいく畑では、多数の幼稚園の求人も扱っているのでぜひチェックしてみてください。
ほいく畑のサイトを見る

幼稚園教諭に必要な適性や資質

幼稚園教諭になるには、どのような適性や資質が求められるのでしょうか。幼稚園教諭に必要な適性をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

子どもが好きであること

幼稚園教諭にとって一番大切なことは、やはり子どもが好きであるということです。実際に子どもが好きだから幼稚園教諭になった、という方は非常に多いようです。

保育士の仕事は、残業時間の多さや、人間関係で悩む場面が多いようですが、しっかりと「大好きな子どものために仕事をしている」という意思を持ち続ければ乗り越えていくことができます。

幼稚園教諭という仕事に誇りを持ち、困難な状況にも打ち勝っていくことができるのは、子どもが好きだからこそできることなのです。

コミュニケーション能力が高いこと

子どもとのコミュニケーションは言うまでもなく、幼稚園教諭という仕事は、同僚や保護者など人と会い、話をする機会が多い職業でもあります。

特に保護者とのコミュニケーションはとても重要です。

保護者は幼稚園に幼い子どもを預けているため、「幼稚園ではどんな風に過ごしているんだろう」「泣いたりしていないかな」などと常に不安を抱えています。

そんな保護者の不安を解消するためにも、送り迎えの際などはこちらから積極的に話しかけ、幼稚園での子どもの様子などを伝えてあげましょう。

そうすれば保護者も安心し、幼稚園教諭への信頼感も増していきます。

前向きで明るい性格であること

幼稚園教諭は、どんな時でも明るい笑顔で子どもに接する必要があります。子どもたちは幼稚園の中で、さまざまな遊びや行事を通して、心と身体を成長させていきます。

いつも接している幼稚園教諭がいつも明るい笑顔でいれば、子どもたちも自然と笑顔になり明るい気持ちになります。

もちろん、幼稚園教諭も人間ですから、体調が悪い日や落ち込んでしまう時もあるかもしれません。

しかしそんな時でも、「大好きだよ」「そばで見守っているから大丈夫だよ」という気持ちを伝えれば、子どもたちも周りの人間を信頼し、愛情を感じるようになります。

音楽が好きであること

幼稚園教諭になると、ピアノやオルガンを弾きながら子どもたちと歌を歌うことが多くなります。

一緒に歌うことで子どもたちは音楽の楽しさを知り、音楽について自然に学ぶことができます。

決して、歌が上手いとかピアノが上手である必要はありません。子どもたちと一緒に大きな声で楽しんで歌うことがとても大切です。

絵を書くことが好きであること

幼稚園では子どもと一緒に絵を書く機会がたくさんあります。母の日にお母さんの絵を書いてあげたり、楽しかった行事の思い出を絵で表現することもあるでしょう。

こちらも決して絵が上手い必要はありません。

例えば、動物の絵などを子どもたちに分かりやすいように大きく書いてあげたり、ちょっとデフォルメしてユニークに描いてあげると子どもたちはとても喜びます。

大切なのは子どもと一緒に絵を書くことを自分も心から楽しむことです。

表現することが好きなこと

幼稚園教諭になると、絵本の読み聞かせをしたり、手遊びをしたりダンスとしたりと、さまざまな形で色々な事を表現する機会が多くなります。

子どもたちに喜んでもらうため、読み聞かせの際には役によって声色を変えてみたり、ダンスの際には身振り手振りを大袈裟にしてみたりとオーバーリアクションを心がけて表現してみましょう。

自分自身が楽しんでいると、子どもたちも自然に笑顔になります。

向いてないと思った時に考えること

幼稚園教諭は、親が仕事をしている間に子どもを預かる責任重大な仕事です。その責任が重くのしかかり、「向いていないのかも‥」と思ってしまうタイミングがあるのでしょう。

では向いていないと思った時、保育士の方々はどのように対処しているのか見ていきましょう。

初心に返る

向いていない、仕事が辛いと思った時は、幼稚園教諭になった頃の気持ちをもう一度思い出してみましょう。

「子どもが好き」「子どものために頑張りたい」とさまざまな目標を持っていたのではないでしょうか?

その子どもを好きな気持ちは、幼稚園教諭として1番大切な素質です。大好きな子どもとたくさんコミュニケーションをとることで、日々のモチベーションにもつながります。

他の職業に転職

向いていないと感じただけではなく、幼稚園教諭としてもうやっていけないと考えた時には、幼稚園教諭以外の選択を考えてみる必要があるかもしれません。

幼稚園教諭として培ってきたコミュニケーション能力や、手先の器用さを活かした働き方もたくさんあります。

例えば、コミュニケーションスキルが活かせる接客業や、作業をこなす力が活かせる事務職などはいかがでしょうか?

大手転職サイト「リクナビNEXT」では、業界最多の求人数を扱っており、自分の希望条件や要望に合った仕事が見つかります。事務職や接客業など、プライベートと両立できる仕事も多数揃っているのでぜひチェックしてみてください。
リクナビNEXTのサイトを見る

また顧客満足度No.1の「DODA」もおすすめです。DODAでは非公開求人を多数扱っているため、良い条件の会社や大手企業への転職のチャンスがつかめる可能性があります。

また、転職のプロが客観的にキャリアを整理し、助言をしてくれるため、自分の希望する条件や要望にあった職場が見つかるでしょう。
DODAのサイトを見る

職場を変える

幼稚園教諭に向いていないかもしれないと感じた理由が、職場での人間関係であったり、過剰な残業なのであれば、現在よりも良い条件の職場に変えてみるという選択も考えましょう。

保育専門の転職サイトで、自分の希望条件や要望をコーディネーターと話し合いながら次の職場を見つけてみてはいかがでしょうか?

厚生労働省の認可を得ている保育専門の転職サイト「ほいく畑」なら、3000件以上の保育士求人の中から自分の希望条件や要望に合った園を紹介してもらうことができます。

国の管理下にあるため、労働基準や法令違反に対して厳しい審査をクリアしている保育園・幼稚園を扱っています。そのため、労働条件や待遇面で不利になることはなく、安心して就職活動を進めることができます。

また派遣での働き方を推奨しているため、自分で仕事の時間を決めてプライベートとの両立を図ることができます。
ほいく畑のサイトを見る

また大手人材会社の株式会社マイナビが運営している「マイナビ保育士」もおすすめです。

マイナビ保育士では、プロのキャリアコンサルタントが職場探しから面接対策までサポートしてくれるため、初めての転職でも安心して転職活動をすすめることができます。

またマイナビ保育士では、首都圏を中心に求人を扱っており、園長や主任の採用も行っているため、しっかりキャリアを積みたいという方におすすめです。

多くの転職者は、たくさんの求人を比較して自分にぴったりの職場を見つけているため、複数のサイトに登録しておくと転職活動もスムーズにいきます。
マイナビ保育士を見る

まとめ

幼稚園教諭に必要な適性について紹介しました。自分には適性がないからといって、幼稚園教諭になることをあきらめる必要は全くありません。

今の自分に足りないものを把握し、それをこれから身に着けていくことがとても大切です。

また自分自身の問題ではない場合も多いにありえます。職場環境を理由に幼稚園教諭を諦めてしまうのはもったいないので、他の職場を見てみるということも大切です。

保育専門の大手転職サイト「ほいく畑」では、専任のコーディネーターが最後までサポートしてくれます。自分の希望条件や要望を相談し、今よりも良い職場を紹介してもらいましょう。
ほいく畑のサイトを見る

記事の著者

保育士の悩みをもっと見る