病院で働きながら看護師・准看護師の資格を取得する方法まとめ

看護師になるには、看護師の学校に通って資格を取得することが一般的とされていますが、実は病院で働きながら看護師・准看護士の資格を取得する方法もあります。

今回はそんな病院で働きながら看護師・准看護士の資格を取得する方法をご紹介します。

看護の資格を取得したことがなく、実際に現場を経験してから検討したいという人には、看護助手として病院で働いてみることをおすすめします。看護助手は看護の資格がなくても働けるため、実際に現場で経験を積むことができます。

看護助手の求人を探す際は、看護師や看護助手の求人に特化した仕事紹介サイトである、ベネッセMCMがおすすめです。資格なし・未経験でも勤務可能な求人が多く掲載されていて、専任のコンサルタントが自分に合った求人を紹介してくれます。ぜひ一度、登録してみてください。

ベネッセMCMのサイトを見る

准看護士を取得してから正看護師を取得する

病院で働きながら看護師・准看護師の資格を取得するう中でおすすめなのは、まず准看護師の資格を取得してから、正看護師の資格を取得するという段階を踏むやり方です。

働きながら正看護師の資格をいきなり取ろうと考えても、正看護師の資格取得は全日の学校に通う必要があるため難しいです。

しかし、実は准看護士資格なら働きながら取得することが可能です。

そしてまず、准看護士の資格を取得できた場合、正看護師の資格は、通信か定時制の学校で取得することが可能です。

働きながら正看護師の資格を取得するには、少し遠回りにはなりますがまず准看護師の資格を取得することからスタートしましょう。

看護師になるメリットとデメリット

看護師になりたいと考えている方にはたくさんの不安要素があると思います。しかし看護師になることで期待できる面も大きいため看護師への転職を考える方も多くいます。

通常の職種から看護師になるメリット・デメリットを認識した上で、しっかりと自分のキャリアを見つめ直しましょう。

看護師になるメリット

・収入をアップさせることができる
・一度資格を取ってしまえば安定した職につくことができる
・人の命に関わるため、責任が大きくやりがいのある仕事ができる

他業種から就職を希望する理由は収入をアップしたい、現在の会社の業績が不安定なので安定した仕事を始めたいなど人それぞれですが、その中でも看護師が人気の理由は、看護師はかなりの売り手市場ということです。

現在、看護師の人手不足はかなり問題になっています。 看護師資格は国家試験で取得でき、一度取ってしまえば就職先は多いと言って良いでしょう。

安定した手に職を得るという点で、看護師という職業選択はとても堅実な判断だと言えます。

デメリット

・年齢層の違う人たちが同期になる
・夜勤のシフトもあり、生活リズムが崩れる
・女社会の人間関係に悩む可能性
・責任の重い仕事でストレスがたまる

他業種から看護師になると、新卒で入ってきた若い人たちが同期になったり、上司が年下なんてこともありえます。

また看護師の仕事は安定したお給料がもらえますが、夜勤の大変さや職場環境のストレスが付きまといます。

またやりがいでもある責任の大きな仕事ですが、それが逆にプレッシャーになることもあるようです。

働きながら看護師になる方法

看護師の種類や、メリット・デメリットをご紹介してきましたが看護師になりたい!という気持ちに変化はありましたか?

看護師になりたいと考えても、現在の収入を失いたくない人や勉強を最後までやり抜く自信がない人もいるでしょう。

では、一体どのようにして働きながら看護師を目指すことができるのか見てみてください。

准看護師の資格を取ってから看護師を目指す

働きながら看護師を目指すためには、いくつかの方法をとることができます。

その中で最も正確でオーソドックスなものは、看護助手から准看護師、そして正看護師へとキャリアアップする方法です。

そこでまずは、働きながら准看護師の資格を取得してから正看護師の資格を取得する方法から紹介します。

看護助手勤務をしながら2年制の准看護学校で資格勉強

准看護学校は昼間定時制の学校が多く、働きながら履修可能な場合が多いです。週に3日は終日学校に行き、他は仕事にあてるようにして、まずは准看護師の資格取得を目指します。

他の職種を続けながら履修すると資格取得まで苦労するので、看護助手と並行して学校に通えば現場でも学校や資格勉強についての理解を得られやすいはず。

一般企業に勤めていても准看護学校に入学することは可能ですが、看護助手として働いていた方が面接官の受けがよいようです。

問題となるのが実習期間の存在です。週5日が終日潰れてしまうので、あらかじめカリキュラムを職場に相談しておかなければなりません。

看護助手は人気が高い業種ですが、医療従事者として勤務するにはうってつけの職業です。准看護師資格は(ルールを逸脱しなければ)基本的には終身資格であり、試験を受けた地域以外でも有効な資格となります。

また、看護助手として働く病院の推薦で付属の学校に入学できるケースもあります。そのため勤務する病院を探す際は付属の学校があるかどうかチェックしてみるのもよいでしょう。

どちらかというと介護業務に近いところからスタートしますが、経験を積んでいくとできる業務の幅を少しずつ広げていくことができます。

看護助手として勤務しながら2年制の准看護師学校で資格勉強したのち、看護師を目指すという方は、次の方法がオーソドックスでしょう。

3年制の看護専門学校で看護師の資格勉強をしながら准看護師として勤務

准看護師の資格を取得できたら、次は国家資格である正看護師資格の取得を目指しましょう。三年制の看護専門学校は定時制があり、昼間定時制と夜間定時制の学校やコースから選べるので、仕事をしながら通えるようになっています。

業務との兼ね合いを考えながら選ぶのがいいでしょう。こちらも二年制のように週3日は学校に通い、他は仕事にあてる形になります。

実習期間は5日潰れるというのも同じなので、職場との相談は勿論のこと、激務になりすぎて資格取得が疎かにならないよう配慮せねばなりません。

准看護師として勤務しながら資格勉強をする場合、資格を取得する上で難しいとされているのが仕事との兼ね合い。勉強だけに専念していても取るのが難しい国家資格の正看護師ですから、簡単に取得できるものとは思わない方が良いでしょう。

准看護師実務経験を積んで2年制の通信制課程の看護専門学校を受講する

准看護師としての実務経験が5年以上あれば、通信制課程で学び、准看護師から看護師資格を目指せます。昔は倍の実務経験が必要とされていたのですが、厚生労働省による改正がなされてからは比較的目指しやすい要件になったと言えます。

余談ですが、正看護師と准看護師の業務内容はさほど現場で大きくは違いません。それにもかかわらず、初任給に大きな開きがあります。

また、職場の上下関係でもやはり正看護師の方が立ち場が高くなりがちです。もし長く勤務する業界だと思えるのならば自己研鑽の意味もかねて正看護師資格を取得しておくべきでしょう。

准看護師を挟まず最初から正看護師取得を目指す

現在社会人として働いている人はまとまった時間が取れない場合が多いため、あまり一般的とは言えませんが、准看護師を挟まずに最初から正看護師を目指す方法もあります。

以下では看護系の資格なしの状態から、正看護師を目指す方法を紹介します。

全日制の看護学校に通いながら正看護師を目指し、週末勤務

全日制なので授業内容もしっかりしており、最短三年で正看護師の資格を取得できるので、准看護師を挟むよりも早いと言えます。

学校によっては学費が比較的安く済みますが、週末のみ仕事をするのでは収入がさほど見込めません。よって、資金の余力や職場のサポートなど、何らかの補助がなければ厳しいものがあります。

就学支援求人のある病院、理解ある職場を選ぶ

資格の勉強をしながら仕事をするのであれば、そのことに理解がある職場でなければ厳しいです。しかし就学支援求人を出している職場は非常に少ないのが現状であり、病院だとしてもあまり業務に影響のない人材を登用したがります。

それでも諦めずに探してみれば、意外と協力的な職場環境だったというケースも。看護師の知り合いに聞いてみたり、病院の採用担当の方に伺ってみるのも手です。表立って書いてはいなくても、実際は向学心のある良い人材を欲しがっているかもしれません。

奨学金を出す代わりに学校卒業後数年間、お礼奉公としてその病院に就職するというケースも聞かれます。

看護助手の仕事を探すときにおすすめなのが、ベネッセMCMです。無料で登録できる上、業界専任のコンサルタントがサポートしてくれるため、安心して求人を探すことができます。

また、本格的に看護師の仕事を検討していない人も、コンサルタントに相談だけすることも可能です。さらに、求人情報にアクセスできる環境を整えておくだけで、本格的に検討し始めたときにかなり有利になるでしょう。

ぜひ一度、登録してみてください。

ベネッセMCMのサイトを見る

記事の著者

転職の悩みをもっと見る