30代フリーターの正社員就職を成功させる方法まとめ

小さいころの夢を叶えるために努力を続けるのは、とても素敵なことです。

しかし、夢を追いかけているうちに気づけば30代となり、このままフリーターでは生活が厳しいと感じはじめ、一般企業に就職を考える人も多いのではないでしょうか。

正社員として働くのではなく30代までフリーターとしてやってきた人たちにとって、はじめての就職活動は何をやればいいのかわからないことばかりだと思います。そこで今回は、30代フリーターの方が正社員として就職するための方法について紹介します。

30代フリーターの就職事情

現在の日本において、30代でフリーターの方はどのくらいいるのでしょうか?

2017年に総務省が発表した調査結果によると、30歳前後のフリーターの数は約95万人で、フリーター全体の3分の2程度を占めていることがわかりました。またその中で正社員へ就職する人の割合は、男性が26パーセント、女性が約8パーセントで、30代後半になると数字はさらに低くなるという結果が出ました。

ここからわかるように、30代フリーターが正社員として就職することは年齢と職歴から見て狭き門と言えそうです。

では、いったいどうすれば30代のフリーターでも正社員として就職することができるのでしょうか?

30代フリーターが正社員を目指すための方法

フリーターから正社員というのは、飛び級をするようなものです。

若い20代と比べて就職活動は困難を極めることが予想されますが、きちんとポイントを抑えることができれば十分に可能性はあります。ここでは、そのポイントを3つお伝えします。

条件を限定しない

正社員募集という企業は多いです。しかし、「まだまだ夢を追い続けたい!」「やりたい職種はコレ!」という風に、30代フリーターが条件を限定的にしてしまうと、なかなか正社員募集の就職先は見つかりません。

ただでさえ、職歴がフリーターという不利な状況から就職活動を始めなければならないのに、こだわりが強過ぎると、就職活動のスタートラインにすらたどり着けません。

その結果フリーター歴がどんどん伸びてしまい、さらに就職に不利な状況を自ら作ってしまいます。

そうならないためにも、正社員という最大の条件はこだわりつつ、自分の中で諦められる条件を明確化し、まずは就職活動のスタートラインに立つことを目標にしましょう。

なぜフリーターだったのか、理由を明確化する

面接時、履歴書を見た面接官は必ずと言っていいほど職歴について聞いてきます。

今までフリーターだった理由が適当だと、企業側は「だからフリーターなんだよ!」「これじゃ正社員なんて無理でしょ」というマイナスなイメージを抱いてしまいます。

しかしそれを逆手にとって、なぜフリーターだったのかを明確にし相手に熱意を伝えることができれば、好印象を与えることもできます。

30代までフリーターを続けていたということは変えられない事実です。企業側に好印象とまではいかなくても、悪い印象を与えないための理由を準備することが、就職成功の秘訣になります。

目先の正社員ではなく、先を見越して就職先を探す

フリーターからいきなり正社員を目指すのは狭き門ですが、契約社員といった雇用契約なら、さらに就職先の選択肢を増やすことができます。

求人誌やハローワークの求人募集を探す際は、「正社員登用制度有り」という記載がある企業に注目するようにしましょう。

まずは就職することを目標にし、最終的な目標を「その企業で正社員を目指す」という風に定めるのも成功の秘訣です。30代ならこの方法は遅い年齢でもなく、一番現実的な方法と言えます。

派遣社員として就職してから正社員雇用を目指すなら、『リクルートスタッフィング』を利用してみてください。リクルートスタッフィングでは、契約終了後の正社員雇用を前提として働くことのできる「紹介予定派遣」の求人を多数取り扱っています。

リクルートスタッフィングのサイトを見る

友人や知人のコネを使う

30代ともなれば、周りの友人や知人は、正社員はもちろん企業で重要な役職についている人も多いはずです。そういった友人や知人のコネを使う方法もあります。

しかし、この方法には気をつけなければならないことがあります。それは「友人、知人の顔に泥を塗ってしまうかもしれない」ということです。

せっかく紹介してもらって入社できたにも関わらず、すぐに辞めたり業務態度が悪かったりすると、紹介した人の評価まで下げることになります。

一番簡単で楽な方法に思えますが、その分気をつかわなければならない方法でもあるのです。

本気で正社員を目指すなら『リクルートエージェント』

30代までフリーターだったという肩書きは、正社員就職を目指すなかで一番のデメリットとなります。

フリーターだった理由がどれだけ美談だったとしても、雇う側の企業からしたら何の関係もないことで、それがプラスにつながることはありません。

しかし、諦めず就職活動に励み前へ進むことがとても大切です。

もし一人で就職活動をするのが不安という人は、転職サービスを利用してみるのも一つの手です。

業界最大手の転職サイト『リクルートエージェント』では、専門のコンサルタントがあなたの就職をサポートしてくれます。第三者にアドバイスをもらうことで、自分の隠れた強みを発見できるかもしれません。

また、提出書類の添削や面接対策を受けることができたり、自分の条件に合った求人を紹介してもらえるので、30代フリーターではじめての就職活動の方におすすめです。誰でも無料で利用ができるので、登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

就職の悩みをもっと見る