年収200万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

正社員または正社員と同じようにフルタイムで仕事をしても豊かになれずギリギリの生活をしている人をワーキングプアと呼ぶことがあり、このワーキングプアとそうでない人の年収の境が年収200万円といわれています。

一般企業に新入社員で入社した場合の平均給与が月額約20万円ですので、ボーナスを含めると約250万円前後の年収となります。

そんな新入社員よりも低いワーキングプアと呼ばれる年収200万円の仕事とは一体どういうものなのでしょうか。

今回はそんな年収200万円の人の仕事やライフスタイル、どのようにすれば収入を増やせるかを紹介します。

年収200万円の仕事とは?

年収200万円の代表的な仕事は以下のような職業が挙げられます。

・居酒屋スタッフ

・ファミリーレストランなどの店員

このような主に飲食店での仕事に就いている人の多くは年収200万円ですが、正社員で働いているわけではなく、非正規雇用で働いている人がほとんどです。

年収200万円の人のライフスタイル

年収200万円の人のライフスタイルといってもさまざまな人がいます。特殊な例として以下では2つのタイプを紹介します。

夢を追いかける人

このタイプの人は非正規雇用の場合が多く、夢を叶えるために故意に正社員になっていない人もいます。

例えば、お笑い芸人を目指している人やタレントを目指している人は、突発的に舞台の仕事が入ったり、オーディションを受けることが多いため、正社員としての仕事をこなすことが難しく、非正規雇用として働いています。

このような職業を目指している人にとっては、確かに年収200万円の生活は厳しいですが、夢に向かうためと割り切っているため心は豊かに生活しているケースがほとんどです。

子育てを終えた女性

子育てを終えた女性が社会復帰する前段階や既婚女性が時間つぶしに働くこともありますが、この場合は夫の稼ぎがメインとなっているため、厳しい生活を強いられるわけではありません。

ただ、子育てに予想以上にお金がかかってしまったため、あらかじめ計算して老後のために貯めていた貯金を切り崩してしまったというケースもあります。

近年では、子供を公立の学校に入れて高校受験や大学受験をさせるより、私立のエスカレーター式の学校に入れるという親も多いです。私立の学費は高い上に、学習塾に通わせたり、部活の費用もかさみます。

そういったことから、切り崩した貯金から老後の生活費を少しでも工面するためにパートタイムなどで勤務するケースも多いようです。

年収200万円を増やすためには

転職を考える

とは言え年収200万円の人がすべて夢に向かって邁進している人や既婚者とは限りません。

なかには正社員で働いているにも関わらず、年収が200万円という人もいます。

中小企業や町工場などでは大企業のような年収を得られるケースが少ないです。

年収200万円で働いている人も多くはありませんがいることは事実です。その場合、まず転職を考えることが良いでしょう。

資格を取得する

資格を取得してそれが活かせる職場であれば取得することが望ましいですが、小さな工場などでは役に立たないような資格を取得しても活かせない可能性があり、結局はその資格を活かす職場に転職しようと考えるようになります。

年収200万円以上の求人はどこの求人情報を見てもたくさん出ていますので、転職を検討し、自分が希望する条件と照らし合わせ、それぞれの仕事に必要な資格を調べると良いでしょう。

また、資格を取得するのにも、学校に通ったり、通信教育を受けたり、いろいろな方法があるので、検討してみることをおすすめします。

年収200万円の人が給与をアップさせるための転職活動ですべきこと

年収200万円の人が転職活動をするにあたり、気を付けなければいけないことがあります。

それは目先の給与に飛びついてはいけないということです。今まで年収200万円だったため、転職するのであれば800万円以上の企業にしようと考えてしまうのは当然です。

しかし、年収だけで転職活動をするのではなく、仕事内容やライフワークバランスがとれるのかなどをきちんと確認することが大切です。給与が良くても激務ということもあり得るからです。

しっかり勤務内容や条件をチェックして、自分の希望とのバランスをうまくとることが必要です。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る