潔癖症な彼氏との付き合い方:行動を批判するのはNG!

手の汚れが気になり何度も手を洗ってしまう、人が触ったものに素手で触ることができない、これはあくまで例にすぎませんが彼氏が潔癖症であるという方は少なくありません。

知っておいてほしいのは、潔癖症は単なるきれい好きではないということです。潔癖症の人の行動は潔癖症の人でなければ理解は難しいかもしれません。そこで今回は潔癖症の彼氏とうまく付き合っていくことができるよう、付き合い方を紹介していきます。

潔癖症について理解しよう

潔癖症の彼氏と付き合うためには、潔癖症について理解することが大切です。

潔癖症の人は、汚いものを過剰に嫌がるという方が多いです。この汚いと感じるものには個人差があり、私たちが汚いと思わないようなものを汚いと思うのです。例えばですが、

・電車のつり革
・トイレのドアノブ
・エレベーターのスイッチ
・レストランで使用される食器
・トイレの便座
・病院などに置かれるスリッパ

潔癖症でない私たちはなんとも思わず普通に触れると思いますが、潔癖症の方はこれらのものを汚いと感じるのです。

潔癖症の人の中には自分のものを他人に使用されてしまい、もう汚いからと考え使わないで捨ててしまう人もいます。

潔癖症の人は生まれながらに潔癖症ではなく、そこにはなんらかの原因があります。潔癖症になった原因として挙げられるのは、

・厳しい両親の素で育てられたという家庭環境
・幼少期のトラウマ

といった原因です。

幼少期のトラウマとは、トイレ掃除をした時に嫌な目にあった、友達にくしゃみをかけれられた、などさまざまなものがあります。私たちが小さなことのように思うことでも、潔癖症の人にとってはトラウマとして残ってしまうのです。

彼氏が潔癖症であるという人は、彼氏が潔癖症になってしまった原因があるということを知っておきましょう。

無理に潔癖症の彼氏に合わせない

潔癖症でない私たちにとって潔癖症の人の行動は理解できないものが多いです。

しかし大好きな彼氏が潔癖症だった場合、彼氏に嫌われないようにと頑張って合わせる人もいるでしょう。しかしそれは間違えた行動です。

彼氏に無理に合わせてしまうとストレスがたまりますし、関係性がぎくしゃくしてしまう可能性も高いです。

彼氏に無理に合わせようとせず、彼氏は彼氏だからと割り切って考えることでちょうどいい関係で付き合えるでしょう。

潔癖症の彼氏の批判をしない

潔癖症の彼氏と付き合っていくためには、彼氏の批判は絶対にしないようにして下さい。

「何度も手を洗うなんておかしい」「男のくせに」などといった言葉は絶対に言わないようにしましょう。

自分のする行動を付き合っている人に批判されることほど辛いことはありません。彼女に批判されたくないために彼氏が自分の行動を意識し、それがストレスに感じ二人の関係がぎくしゃくしてしまう可能性もあります。

彼氏の批判に加え、潔癖症の彼氏がする行動を馬鹿にしてしまうこともNGです。

あまりにひどい場合は病院をすすめる

潔癖症と一言で言ってもさまざまで、病的な潔癖症の方もいます。病的な潔癖症の方は強迫性障害という心の病気である可能性もあるため、一度病院へ行ってお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

強迫性障害は日常生活に支障をきたす障害であり、本人が苦しみを感じていたり、また学校や仕事に行けないなどの症状がみられます。もし彼氏の潔癖症が強迫性障害であった場合でも、治療を行うことで改善することが可能です。改善していくことで行き過ぎた潔癖症の行動が少なくなることにつながります。

行き過ぎた潔癖症の行動は時に日常生活を困難にしてしまいます。彼氏が行き過ぎた潔癖症に悩んでいる場合は、彼氏を病院へ連れていくようにしましょう。この場合、精神科への受診をおすすめします。

あなたの悩みは解決しましたか?もし解決していない場合は、下記のQ&Aから相談してみてください。ユーザーがあなたの恋愛の悩みに向き合ってくれます。 Q&A掲示板で悩みを匿名相談

記事の著者

彼氏・元カレの悩みをもっと見る