潔癖症の彼氏との付き合い方:行動を批判するのはNG!

記事の著者:759280

手の汚れが気になり何度も手を洗ってしまう、人が触ったものに素手で触ることができない、これはあくまで例にすぎませんが彼氏が潔癖症であるという方は少なくありません。

知っておいてほしいのは、潔癖症は単なるきれい好きではないということです。潔癖症の人の行動は潔癖症の人でなければ理解は難しいかもしれません。そこで今回は潔癖症の彼氏と付き合う時に感じてしまうストレスと、潔癖症の彼氏とうまく付き合う方法をご紹介していきます。

まずは潔癖症について理解しよう

潔癖症の彼氏と付き合うためには、潔癖症について理解することが大切です。

潔癖症の人は、汚いものを過剰に嫌がるという方が多いです。この汚いと感じるものには個人差があり、私たちが汚いと思わないようなものを汚いと思うのです。例えばですが、

・電車のつり革
・トイレのドアノブ
・エレベーターのスイッチ
・レストランで使用される食器
・トイレの便座
・病院などに置かれるスリッパ

潔癖症でない私たちはなんとも思わず普通に触れると思いますが、潔癖症の方はこれらのものを汚いと感じるのです。

潔癖症の人の中には自分のものを他人に使用されてしまい、もう汚いからと考え使わないで捨ててしまう人もいます。

潔癖症の人は生まれながらに潔癖症ではなく、そこにはなんらかの原因があります。潔癖症になった原因として挙げられるのは、

・厳しい両親の素で育てられたという家庭環境
・幼少期のトラウマ

といった原因です。

幼少期のトラウマとは、トイレ掃除をした時に嫌な目にあった、友達にくしゃみをかけれられた、などさまざまなものがあります。私たちが小さなことのように思うことでも、潔癖症の人にとってはトラウマとして残ってしまうのです。

彼氏が潔癖症であるという人は、彼氏が潔癖症になってしまった原因があるということを知っておきましょう。

潔癖症の彼と付き合うストレス



潔癖症の男性と付き合うと、生活の中で自分との感じ方の差に驚くことがたくさんあるかもしれません。

では、どのような時に潔癖症の彼に対してストレスを感じてしまうのでしょうか?

手料理を食べてくれない

人が触ったものを口に入れることができないというタイプの潔癖症の方は多くいます。

そのため、素手で触ったものは食べることができなかったり、食器も食器洗い機で洗ったものがいいといったこだわりがある場合があります。

潔癖症に対して理解があっても彼女なのに手料理を食べてもらえない、汚いもののように言われる‥といったようなストレスを感じることがあります。

食べ物や飲み物のシェアができない

付き合っているなら、1つの食べ物や飲み物を二人でシェアする場面が多くあるかと思いますが、潔癖症の彼はそのシェアを嫌がるかもしれません。

そのため毎回2つずつ買うことになり、もったいないと感じる場面にも遭遇するでしょう。

掃除が大変

潔癖症の彼を持つと、部屋を掃除する時にさまざまなこだわりがあることがあります。

掃除機をかけるだけでは許されず、細かいところまでピカピカにしなくては、気が済まないという人もいるので、掃除にかかる時間が圧倒的に増えるでしょう。

外出も大変

外では、電車やトイレなど不特定多数の人が使う場所が多いため、彼自身もストレスになりますが一緒にいるあなたまで疲れてしまいます。

そもそもそのようなリスクを負ってまで外出したくないという潔癖症の方もいるので、外出すること自体が大変なストレスになる可能性があります。

スキンシップが取れない

彼女なのに気軽にハグをしたり、キスをしたりすることができないという方もいます。

絶対に歯磨きをした後だけ、絶対にお風呂に入った後だけと限定されてしまうこともあるので、甘えたい時に甘えられないといったようなストレスを感じることがあります。

また彼女なのに全くの他人かのように避けられると悲しい気持ちになりますが、本人には避けている意識もないので価値観の差で悩む場面もあります。

潔癖症の彼とうまく付き合う方法



潔癖症の人の特徴や、付き合うときのストレスをご紹介してきましたが、彼とうまくやっていくにはどうしたらいいのでしょうか?

ここからは潔癖症の彼とうまく付き合っていく方法をご紹介します。

彼の特性を理解する

潔癖症と言っても、人によって許容の範囲が異なります。

外出した時の電車やトイレが無理なだけで、彼女には触れることができる人や、手料理は食べることができる人などさまざまです。

彼の許容範囲を理解し、無理なものはそっとしておくようにしましょう。

無理に潔癖症の彼氏に合わせない

潔癖症でない私たちにとって潔癖症の人の行動は理解できないものが多いです。

しかし大好きな彼氏が潔癖症だった場合、彼氏に嫌われないようにと頑張って合わせる人もいるでしょう。しかしそれは間違えた行動です。

彼氏に無理に合わせてしまうとストレスがたまりますし、関係性がぎくしゃくしてしまう可能性も高いです。

彼氏に無理に合わせようとせず、彼氏は彼氏だからと割り切って考えることでちょうどいい関係で付き合えるでしょう。

潔癖症の彼氏の批判をしない

潔癖症の彼氏と付き合っていくためには、彼氏の批判は絶対にしないようにして下さい。

「何度も手を洗うなんておかしい」「男のくせに」などといった言葉は絶対に言わないようにしましょう。

自分のする行動を付き合っている人に批判されることほど辛いことはありません。彼女に批判されたくないために彼氏が自分の行動を意識し、それがストレスに感じ二人の関係がぎくしゃくしてしまう可能性もあります。

彼氏の批判に加え、潔癖症の彼氏がする行動を馬鹿にしてしまうこともNGです。

あまりにひどい場合は病院をすすめる

潔癖症と一言で言ってもさまざまで、病的な潔癖症の方もいます。病的な潔癖症の方は強迫性障害という心の病気である可能性もあるため、一度病院へ行ってお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

強迫性障害は日常生活に支障をきたす障害であり、本人が苦しみを感じていたり、また学校や仕事に行けないなどの症状がみられます。もし彼氏の潔癖症が強迫性障害であった場合でも、治療を行うことで改善することが可能です。改善していくことで行き過ぎた潔癖症の行動が少なくなることにつながります。

行き過ぎた潔癖症の行動は時に日常生活を困難にしてしまいます。彼氏が行き過ぎた潔癖症に悩んでいる場合は、彼氏を病院へ連れていくようにしましょう。この場合、精神科への受診をおすすめします。

ストレスを溜め込んでしまう前に



潔癖症の彼とうまく付き合っていく方法をご紹介しましたが、完璧に彼を理解することは難しい場面もあります。

また重度の潔癖症で、彼女である自分も汚いものかのように扱われてしまっては、我慢できないこともあるでしょう。

どうしても彼と価値観が合わずやっていけないという場合は、ストレスをかかえ込む前に潔癖症ではない男性とのお付き合いを視野に入れてみてもいいかもしれません。

新しい男性との出会いを探すなら、マッチングアプリのPairs(ペアーズ)がおすすめです。

ペアーズは800万人と登録者数が多く、豊富な検索機能が整っているので、自分の理想の条件を満たす男性に出会うことができます。

女性は無料で会員登録することができるため、まずは登録して、検索機能を試してみてください。

無料で出会いを探す[ペアーズ]