年収400万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

日本で働く全ての人の平均年収が、415万円程だといわれています。

年収400万円とはどのくらい自由に使えるお金があるのか。一人暮らしだとどうなるか。

普段人には聞けないような、気になるところから収入を増やすにはどうすれば良いかをまとめてご紹介します。

年収400万円の収入はどのくらいの評価か

年収400万円と聞くと、どんなことを思い浮かべるでしょうか。

年収400万円は総支給なので、そこから保険料などを差し引くと手取りは約280万円~320万円になります。

ここからさらにボーナスも差し引くと、年に2回1ヶ月分ずつ支給されたとして月々の手取りは20万円程です。

一人暮らしの独身男性なら、月々自由に使えるお金は8万円程になるでしょうか。

貯金をするとしたらここの8万円から出すことになります。

低所得者のラインは年収300万円以下となっているので、この年収400万円はどちらかといえば高所得者の方に入るのです。

年収400万円の収入の人が多い職種・業界・会社

年収400万円もらっている人の多い職業はどんな職業があるのでしょうか。

平均年収で見たときに、例えば以下のようになります。

・人事、総務、経理

・店長(小売店や飲食店などの)

・プログラマー

・スーパーバイザー

・エリアマネージャー

・消防士

いずれも未経験からすぐに就ける職業ではありません。

また、平均年収が400万円を超える企業を挙げると、日本食研やイオンディライト、ブルボンやDMMなど誰もが一度は聞いたことがあるような企業が多いです。

それ以外にも、一般企業で働くサラリーマンなら大体30代前後で年収400万円に到達する人が多いようです。

資格があったり、分野に特化してればもっと早く到達することが可能でしょう。

年収400万円の収入のライフスタイル

年収400万円の人の生活を見てみましょう。

家賃

年収400万円の手取りは月々20万円程になるので、月収手取りの1/3程度が家賃相場と言われています。

なので、家賃にかけられるお金は約66,000円程になります。

東京の都心部になると、ワンルームでもなかなか借りるのが難しくなってきます。

一歩都心を外れた静かな住宅街などなら、66,000円あれば十分な物件が借りられるでしょう。

家賃以外での支出

家賃の他に光熱費として15,000円、通信費7,000円、食費雑費で外食中心なら60,000円くらいになります。

差し引いて残りが52,000円になりますので、貯金をするにも十分な額でしょう。

医療費がたまにかかる月があったとしても、赤字にはならない収入です。

しっかりやりくりすれば車も新車で買えたり、趣味に十分お金をかけられるので、日々の充実度も上がるでしょう。

年収400万円の収入の人が給料を3割アップさせるための戦略

年収400万円から、さらに増やしたいと思う人も多いでしょう。

家庭を持てばローンを組んだり、子供の養育費にもお金が掛かります。

年収400万円からさらに3割ほどアップさせるとなると、年収520万円になります。

520万円となると、日本の人口の上位3割に入る高所得者になります。

こちらを目指すとなるとどういったところに工夫すればよいでしょうか。

今の企業で働き続ける

まず一般企業でも40代で年収500万円以上に到達することがあるようです。

役職がついて、その分給与も必然的に上がっていきます。

なので、まずはその会社に不満が無ければで働き続けて年収を上げるのが確実です。

資格をとる・転職する

他には社会保険労務士や行政書士の資格をとったり、思いきって転職をする方法もあります。

社会保険労務士や行政書士など社会人になってから働きながら取得される方も多いようです。

転職は年収が下がるリスクもあるので、自分のスキルがどの程度評価されるのか転職エージェントなどに相談してから踏み切ることをおすすめします。

社会人になりたての人は、まず年収400万円をひとつの目標として仕事をしてみると良いでしょう。

目標があれば日々の過ごし方も変わるはずです。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る