付き合って4年目のマンネリからラブラブへ:結婚を悩んでいる女性は要チェック

記事の著者:759280

付き合って4年目ともなればお互いの良いところも悪いところも知り尽くし、良くも悪くも飽きてくる時期になります。そのためマンネリ化してしまうカップルも少なくないようです。

今回はそんな付き合って4年目になるカップルにフォーカスを当て、倦怠期の解消法や結婚するためのコツを紹介していきます。マンネリ化で悩んでいるカップルはぜひチェックしてください。

また彼と4年付き合っているけれど、私はいつ結婚できるのかな?と思っている女性もいるのではないでしょうか。もしただダラダラと関係を続けているようなら、しっかりと将来の見える相手と結婚するのもおすすめです。

「でもそんな相手なかなか周囲にいないな…」という方は、マッチングアプリの「Pairs(ペアーズ)」をチェックしてみて下さいね。

無料で出会いを探す[ペアーズ]

付き合って4年目カップルのマンネリ化解消法

「付き合って4年目のカップル」と聞けば、2人の関係性も安定して羨ましいと思われがちですが、実はマンネリ化しやすい関係でもあるのです。

ここでは、4年付き合ったカップルが倦怠期を迎えてしまう原因と、その解消法を見ていきます。

マンネリ化の原因は一緒にいるのが当たり前になるから

付き合って4年目になるとマンネリ化してしまうカップルは多いです。そうしたカップルの特徴としては、出不精、面倒くさがり、共通の趣味がないといったことが挙げられます。

また4年も付き合っていると、一緒にいることが当たり前になってしまい、初めの頃のデートのドキドキ感などが薄れてしまいます。

付き合って4年になると同棲しているカップルも多くなりますが、同棲しているためマンネリ化してしまうということもあるようです。このようにいるのが当たり前になって新鮮味がなくなることで、倦怠期は訪れるよう。

このようにマンネリ化してしまうと、いくら彼氏であっても一緒に居るのが楽しいと思わなくなってしまいます。

新しいことを始めてマンネリ化を解消

付き合って4年目ともなると、上にご紹介したように、マンネリ化してしまうこともしばしば。

マンネリを解消するためには、小さなことでも感謝の言葉を忘れないことや適度な距離感で接すること、新しいことを始めてみることなどが方法として挙げられます。

特におすすめなのは、新しいことを始めてみることです。スポーツや習い事など、海外旅行に一緒に行くために英語を勉強するというのも素敵ですね。

付き合って4年目でもラブラブでいるコツ

付き合って4年目と交際期間が長いのにも関わらず、ラブラブなカップルというのも少なくありません。

そんな周りから羨ましがられるようなカップルでいるためのコツとはどんなものなのでしょうか?

記念日のプレゼントは欠かさない

付き合って4年目になっても、昔と変わらずラブラブなカップルでいるためには、あるコツがあります。それは、いつまでも記念日のプレゼントを欠かさないということです。

いつも一緒でデートもマンネリ化しがちであるからこそ、2人の大切な記念日だけは毎年特別なものにすることが重要なのだそう。

彼氏からのプレゼントは、女性にとってはとても嬉しいものですよね。また彼氏としても、大好きな彼女へのプレゼントを選ぶ過程はとても楽しいものなのです。

また、誕生日プレゼントは、ものをあげるだけでなく思い出も一緒にプレゼントしてみましょう。

誕生日プレゼントとしてあげるかばんやパスケース、お財布などの中にひっそりと相手が行きたがっていた場所のチケットなどを忍び込ませて、サプライズしてみるのがおすすめ。

ただの物の誕生日プレゼントだけではなく、思い出になるようなイベントをプレゼントすれば、マンネリ化脱却のチャンスになるかもしれません。

2人の共通点を多く持つこと

また、付き合って4年目まで、ずっとラブラブなカップルには、共通点が多いという特徴もあります。

具体的には、共通の趣味を持っていたり、相手の時間を尊重してお互いの友人や家族まで大切にしていたり、喧嘩はしても感情を相手にぶつけることなくきちんとコミュニケーションが取れているといった特徴があるようです。

また、好きなものが一緒なだけでなく、嫌いなものが一緒ということも大事なことかもしれません。

いつまでも自分磨きを忘れない

さらに、付き合っているカップルであれば性のパートナーもお互いだけになります。夜のマンネリ化を防ぐためにも、自分磨きを怠らないことはとても大切です。

そのため、性的魅力を衰えさせないよう努力するということも、付き合って4年目を迎えてもラブラブで居ることができる理由となっています。

相手のいいところをしっかりと見る

付き合って4年目ともなると、付き合い始めの頃は輝いて見えていた相手のいいところも、見慣れてしまいがちです。

折角最初に発見できた彼氏の素敵な部分も、今では当たり前となって褒めたり、お礼を言わなくなったりすると、二人の関係は冷めたものになってしまいます。

そうならないためにも、「いつもありがとう」とお礼を言ってみたり、相手のことを褒めてみたりしましょう。

また、新たに相手のいいところを探す努力も大切です。

今まで見えていなかった相手の意外な一面に、初めのころのようなときめきを感じるかもしれませんね。

付き合って4年目でプロポーズされるためには

付き合って4年目になってもプロポーズされない場合、女性はこの先付き合っていくことに不安を覚える方が多いです。女性はいずれ出産を、と考える方が多いため出来れば早く結婚したいと思うからでしょう。

ここではそんな結婚願望が強い女性が、プロポーズされるためにできることを紹介します。

女性の方から彼に結婚を意識させる

付き合って4年目になってもプロポーズされない場合、彼女の方からプロポーズされるように仕向ける必要があります。

例えば、両親や友達など彼氏の周りからしっかり固めたり、手料理で胃袋を掴むことで彼氏に結婚したいと思わせるようにしましょう。彼氏の心を支えてあげることができるような存在になることも大事です。

ただし、結婚を急かすことは絶対にしないようにしてください。結婚のプレッシャーが重くて別れてしまう、といったことになりかねません。

4年で別れるカップルの原因は、結婚に対する意見の違い

付き合って4年目ともなれば結婚するカップルが多い一方で、別れるカップルも少なくありません。4年で別れる理由で特に多いのは、結婚できないと思ったからというものです。

交際期間が長ければ結婚できるというものではありません。結婚はタイミングです。そのタイミングが来ないまま4年が経ってしまうと女性は焦るものです。

結婚のことを急かしてしまい、そのまま喧嘩になり別れてしまうということが多くあります。

結婚せずそのままでいいというカップルももちろんいますが、多くの女性が結婚をして子供が欲しいとおもっていることを男性は知っておいた方がいいでしょう。

付き合って4年のカップルのまとめ

今回は、付き合って4年目のカップルにフォーカスして、倦怠期やラブラブでいるためのコツなどを紹介してきました。

この記事を読んで、改めて今の彼との結婚を意識するようになった女性も少なくないのでは?ですが、直接彼に結婚を切り出すのもなかなか勇気がいるものです。

また、「今の彼とは結婚しても幸せになれなさそうだな…」と感じている方は、好意ではなく情で付き合っている可能性もあります。

そんな方は、今の彼とは思い切って別れて、新しい相手を探してみるのもおすすめです。

「でもどうやって相手を見つけるの?」と思った方もいると思いますが、そんな方は人気マッチングサービスの「Pairs(ペアーズ)」を利用してみてはいかがでしょうか。

ペアーズでは、年収や職業などのさまざまな項目に絞って異性を検索することができます。

もし今の彼と、「職種や年収的にうまくやっていけないだろうな…」と感じた方は、自分に合う人や金銭的価値観が近い人を探すと、将来結婚する時も安心できるはずです。

気になる方は、まずはペアーズに無料で登録してみて下さいね。

無料で出会いを探す[ペアーズ]

関連記事:距離感が大事!彼氏と長続きするためのテクニック14選