付き合って3年目:結婚したい、倦怠期を乗り越えたい人は要チェック!

付き合って3年目になるとお互いの性格、生活サイクルまで把握することができるようになります。

またデートに行くところも限られてくるようになる時期でもあるため、マンネリしがちです。そのことから倦怠期を迎えるカップルも少なくありません。

今回は付き合って3年目に意識すべきことについて紹介していきます。付き合って3年目のカップルはどのようなことを意識して一緒に過ごしていく必要があるのでしょうか。

また3年も付き合えば、結婚を意識し始めても不思議ではないでしょう。しかし、もし彼との結婚は望めそうでない場合、思い切って新しい相手を探してみるのもおすすめです。

「彼とずっといたから、気になる男の人が周囲に全くいないな…」という方は、累計登録者数700万人を突破した、人気マッチングサービスの「Pairs(ペアーズ)」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ペアーズに無料登録

付き合って3年目の倦怠期はどう乗り越える?

付き合って3年目にもなると、お互い一緒に居ることが当たり前になってしまいなんだか物足りないという風になってしまうカップルが多いです。このような状態のことを倦怠期といいます。

そんなマンネリ化を解消するにはどんなことをすれば良いのでしょうか。

2人の会話を減らさない

カップルの倦怠期は、付き合って3年目でなるという方が多く、倦怠期が原因で別れてしまうカップルは少なくありません。

倦怠期に入ると相手への不満がたまってしまうカップルがとても多いです。そのため、相手への不満がたまらないように、しっかり会話をするということが倦怠期を乗り切る秘訣となります。

会話はカップルの関係を続けていく上で1番重要であるとも言われていて、特にマンネリ化してきた頃にはより重要です。

2人の会話を減らさないことで、お互いの気持ちを定期的に確認することができ、相手の変化にも気がつけるでしょう。

2人で会うことを大切にする

付き合って3年目になり、倦怠期に突入すると会うのも面倒と感じてしまう人も少なくありません。

しかしここで会わない日が続いてしまうと、2人の関係が終わってしまう可能性が高いです。会う回数を増やすなどして2人で会話できる環境を作っていきましょう。

いつもと違うデートをしてみる

付き合って3年目にもなると、デートの内容がマンネリ化しがち。

毎回同じ街に行って、同じお店に行くだけ、こんなデートだと、どんなに仲良しなカップルであれ、飽きてしまうのは当たり前です。そうならないように、デートの内容を変えてみるのもおすすめです。

お金があるカップルは、今まで行ったことのなかったテーマパークや美術館、博物館などに足を運んでみましょう。ついでにその周辺巡りをしてみたら、今まで来たことのない場所を二人で探索するような楽しさを味わえると思います。

逆にお金のないカップルは、広い公園に足を運んで散歩をしてみたりして、自然探索を楽しみましょう。

また、今までは電車に乗って移動をしていたところを一駅分歩いてみたりして、新しいお店やお気に入りスポット探しをしてみてはいかがでしょうか?

3年目の浮気をされないためには新鮮さが大切

「3年目の浮気」という曲を知っていますか?3年目は浮気をする人が多いということを歌った曲です。

付き合って3年目に浮気が多いのは間違いではありません。倦怠期を迎えるカップルが多いことからも分かる通り、お互いに飽きてしまい他の女性へつい現を抜かしてしまう男性は多くいるでしょう。

しかし浮気をする人は1年目でも2年目でも浮気をするため、3年目に限ったことではありません。結婚しても浮気をする人はします。

3年経つとお互いに新鮮さがなくなってしまうため、浮気されないためにも新しいことに挑戦して魅力的な女性になる努力を惜しまないようにする必要があります。

付き合って3年目でプロポーズしない男性の心境

まだ遊びたいと思っている男性は多い

付き合って3年目ともなれば女性は結婚を意識するものです。特にアラサーの女性、30歳を超えた女性であればなおさらです。

付き合って3年でプロポーズをしない男性は、「今は仕事が楽しい」や「まだ自由に遊んでいたい」といった心境があるようです。

もう少し自由に遊んでいたいという男性は精神的にまだ幼いです。そうした男性と結婚しても喧嘩が多くなり離婚となる可能性が高いので、いくら彼女の方が結婚したくても落ち着くまで待っていた方がいいでしょう。

「結婚の話が出ないまま、だらだら付き合っていたくない」という方は3年目で見切りを付けてスパっと別れることを考える必要があります。

まだバリバリ働きたい

男性は仕事に生きがいを持って働いている人も少なくありません。出張も多く忙しく働いている男性であればなおさら、付き合って3年目になっても、結婚はまだいいと思っているようです。

定年まで働く男性として、仕事は人生の中でもとても大きな部分を占めるので、優先順位が高くなりがちなよう。ですが、結婚を考えても仕事熱心な男性は頼り甲斐がありますよね。

そんな時は、彼の仕事が落ち着くのを少し待ってみても良いでしょう。

付き合って3年目の彼氏に送るプレゼント

物ではなくサプライズで喜ばせる

付き合って3年にもなると、もう定番のプレゼントはあげてしまい、彼氏に何をプレゼントしたらいいのか分からないという人は少なくありません。

3年目は倦怠期を迎えているカップルも多いです。倦怠期を修復するためにもここはサプライズでプレゼントを渡してみてはいかがでしょう。

例えば、レストランへご飯を食べに行きサプライズでケーキを出したり、プレゼントを手作りするといったことが挙げられます。

また、1年目、2年目に行った思い出の場所でプレゼントを渡すというサプライズもおすすめです。自分のために一生懸命考えてくれたんだな、と彼氏はあなたの愛を確認することができるでしょう。

付き合って3年目のカップルのまとめ

今回は付き合って3年目のカップルの、倦怠期や別れにつながりやすい原因などを探ってきました。

3年も付き合っているけれど、お互いに飽きてきていたり、男性の方があまり結婚を意識していなくて悩んでいるという女性も少なくないでしょう。

そんな女性の中には、「今の彼氏とこのまま付き合っていて幸せになれるのかな?別れたほうがいいのかな?」などと思い始めている方もいるのではないでしょうか。

もし、彼との勤務形態が合わず、なかなかデートに行けなかったり、彼と金銭感覚がずれていたりしたら、無理に付き合って結婚を目指すよりも、新しい相手を探してみるのもおすすめです。

マッチングアプリの「Pairs(ペアーズ)」では、年収や職業から異性を絞って検索することができ、自分に合った人を気軽に探すことができます。

他にも、趣味の合う人同士で集まる「コミュニティ機能」などの便利な機能がたくさんあるので、まずはペアーズに登録してみてはいかがでしょうか?

ペアーズに無料登録

関連記事:距離感が大事!彼氏と長続きするためのテクニック14選

あなたの悩みは解決しましたか?もし解決していない場合は、下記のQ&Aから相談してみてください。ユーザーがあなたの恋愛の悩みに向き合ってくれます。 Q&A掲示板で悩みを匿名相談

記事の著者

彼氏・元カレの悩みをもっと見る