ホットヨガをする際の食事の取り方:気をつけたほうが良い点

現在、全国的に人気となったホットヨガ。健康のため、ダイエットのため、またリラックスのためなど様々な理由で多くの人がホットヨガを取り入れています。

今回はホットヨガをするうえで知っておきたい食事についてフォーカスします。食事のことを知ってさらにホットヨガを効果的なものにしていきましょう。

ホットヨガ前の注意すべき食事の取り方

これはホットヨガに限らずすべてのヨガに言えることですが、レッスンの1~2時間前までには軽く食事を済ませておいてください。

レッスンの前にお腹いっぱい食べすぎてしまうとホットヨガの最中、吐き気など気分が悪くなってしまったり身体が重く感じてしまい、思うようにレッスン中動けなくなってしまいます。

しかし、ホットヨガでは大量の汗をかくのと同時にエネルギーを使います。過度な食事制限をしてしまうと途中フラフラしたり、倒れてしまう危険性が…。

消化に良いものを腹八分、レッスンの1~2時間前に済ませておくことが大切です。

ホットヨガ後の注意すべき食事の取り方

では、ホットヨガのレッスン後の食事についてです。

レッスン後は身体の中が要らないものを外に出しているいわばデトックス状態にあるため、脂肪の吸収率が高い状態になっています。

なのでホットヨガ後の食事は、普段よりも身体に吸収する量が増え、太る原因に。せっかくホットヨガを頑張っても食事の仕方で効果が薄まってしまうことに繋がります。

ホットヨガ後は1~2時間は水分をしっかりと取って、食事を控えるのが望ましいです。

ホットヨガにおけるおすすめ食事メニュー


ホットヨガをする際に食べたほうがいい食べ物を紹介します。

ヨガ前はスープなどの温かいもの、おかゆやうどんなど消化にいいものがおすすめです。なぜならヨガ中は交感神経にアプローチしているので消化機能が落ちていて、胃がびっくりしてしまうからです。

またヨガ後はしなやかな筋肉を作るために欠かせないタンパク質とビタミンCが多く含まれる肉や魚、卵、ブロッコリー、ピーマンといった食材を摂ることでより美しい身体を作ることが出来ます。

ホットヨガ前後に食べないほうがいい食べ物


逆にホットヨガをする前後にあまりおすすめしない食べ物はファーストフードなど高カロリーの食べ物でしょう。ヨガ中に胃が痛くなってしまったり、代謝が上がり身体への吸収率が上がっているため、余計にカロリーを摂取してしまうからです。

また、アイスクリームなどの冷たい食べ物や氷入りの飲み物にも注意!ホットヨガで身体の内側の内臓まで温まっている状態なので、急に冷たいものを入れてしまうと内臓に負担をかけてしまい消化器官機能が低下してしまいます。

ホットヨガでダイエットしたい人は食事制限をするべき?

食事を過度に制限してしまうと、大量の汗をかくホットヨガでは逆に体調を崩してしまうことがあります。そうなってしまうとホットヨガ自体が楽しく続きません。

食事はバランスよく、ダイエット効果がある食材を積極的に取り入れて、食事の時間や内容に気を使っていけば辛い食事制限は必要ありません。

記事の著者

運動・フィットネスの悩みをもっと見る