脱毛クリームの正しい使い方!根元からムダ毛をごっそり処理できる方法とコツ

「お手軽で、お肌にも優しそうな脱毛クリームを使ってみたけど、きれいに脱毛することができなかった」そんな経験をした方はいませんか?

毛がなかなか取れなかったり、お肌がヒリヒリしてしまったりと、簡単そうに見えて、自己処理に少しコツがいるのが、脱毛アイテムである脱毛クリームです。

そこで今回は、脱毛クリームの正しい使い方と、失敗してしまう理由を紹介します。

肌に負担をかけずにきれいに脱毛したいという方はサロン脱毛もおすすめです。ミュゼでは100円で両ワキ、Vラインの脱毛をすることができます。

全国に約190店舗があるので家、学校、職場の周りにきっとあるはず。まずはお近くの店舗を探してみましょう。
ミュゼプラチナムをチェックする

脱毛クリームとは

脱毛クリームは、自分で毛の自己処理を行う際に、とても便利な脱毛アイテムです。

自宅で行えるムダ毛対策には、カミソリやシェーバー、脱毛器といった脱毛のためのアイテムが沢山あります。

なかでも脱毛クリームは、脱毛したい箇所にクリームを塗って待つだけで、そり残しやカミソリ跡が残ることもなく、スッキリきれいに脱毛できることが特徴です。

ただし、脱毛クリームは毛を抜く脱毛ではなく、正確には除毛クリームといい、毛を溶かして取り除く方法です。そのため実は、お肌への負担が大きく、正しい使い方をしないと、肌トラブルが引き起こる可能性もあります。

脱毛クリームの正しい使い方

脱毛クリームの種類によって注意点、使い方が異なるのでよく説明書を読み使うようにしてください。使用頻度や除毛時間を守って使用することが大切です。

ステップ1:パッチテストを行う

まずは、必ずパッチテストを行いましょう。

パッチテストは、皮膚の柔らかく薄いところ、例えば腕の内側や手の甲がおすすめです。

脱毛クリームを付属のヘラやスポンジに取り、ムダ毛が隠れるくらいの厚さに塗ります。パッチテストなので、10円玉サイズでOKです。

そのまま2-3分ほど待ち、脱毛クリームをふき取って、皮膚に赤みが出ていないか、痒みがないかを確かめます。異常が現れた場合は、絶対に使用しないでください。

また、塗ってすぐに赤みや湿疹など異常が現れた場合には、すぐに洗い流しましょう。

もし症状が改善しない場合は、病院へ行き専門医へご相談ください。特に問題がなければ、使うことができます。

ステップ2:クリームをぬる

脱毛クリームには、専用のヘラやスポンジが付属しています。

このヘラを使い、ムダ毛が隠れるくらいまでクリームを肌にムラなく塗ります。この時、手で直接塗らないようにしてください。

クリームは肌にすりこまないようにするのがポイントです。

ステップ3:5分~15分ほど待つ

脱毛クリームを塗り終えたら、そのまま5分ほど待ちます。

この間に衣類や手に脱毛クリームがつかないように気を付けてください。

もし顔や手、髪の毛に脱毛クリームが付いてしまったら、ティッシュでふき取ってから水で洗い流すようにします。

ステップ4:除毛する

付属のヘラやスポンジで脱毛クリームを取り除き、除毛できていることを確認します。

このとき、身体を洗う際に使用するスポンジやボディタオルなどで円を描くようにやさしく除毛すると、ムダ毛をきれいに取り除くことができます。

ヘラやスポンジでこすりすぎると、後で肌が痛くなってしまいますので気を付けてください。

ステップ5:洗い流す

除毛後は、ぬるま湯で脱毛クリームをしっかり洗い流しましょう。

脱毛クリームが落ちにくい場合がありますが、丁寧に洗い流します。

また、除毛後のムダ毛やクリームが排水溝に詰まるおそれがありますので、脱毛クリームはティッシュなどでオフし、ゴミ箱に捨ててから洗い流すことをお勧めします。

脱毛クリームを使うときのポイント・注意点!失敗していた原因はこれかも・・・

説明書通りに使用したのに、うまく除毛できなかった方は、以下のことに気をつけてみるといいかもしれません。

しかし、脱毛クリームは連続して毎日使用すると肌荒れにつながるので、うまく脱毛できなかったからといって、日を空けずに使用するのはやめましょう。もし、きれいに脱毛できなかったとしても、少なくも2日は空けて、再挑戦するようにしましょう。

クリームの量は適切か

クリームをたくさん塗れば、その分たくさん毛が抜ける訳ではありません。

むしろ、たくさんクリームを塗ってしまうことで、うまく除毛できない可能性もあります。

脱毛クリームは、全体の毛を覆うように塗ることで除毛しやすくなります。ムダ毛がしっかり隠れるように均一に塗ることがポイントです。

脱毛部位が塗れていないか

脱毛クリームは、お風呂で使用する人が多いでしょう。しかし、塗れた肌の上からクリームを塗るのはNGです。

薬が毛穴まで浸透せず、効果が薄くなる可能性があります。必ず、完全に乾いた肌の上から脱毛クリームを塗るようにしましょう。

肌が乾燥する

除毛クリームは肌に大きく負担がかかるので、使用後の保湿は必ず行いましょう。保湿ローション、化粧水・乳液などで保湿することですべすべな肌を保つことができます。

また、除毛クリームを塗っているときにラップで覆うことで乾燥を防ぐことができます。ラップを使用し、肌とクリームを密着させると仕上がりがすべすべになります。

乾燥肌の方は、保湿成分が含まれている除毛クリームを利用するのがおすすめです。

肌に違和感や、痛みを感じた場合はすぐに洗い流す

女性はホルモンバランスによって、お肌の調子も日によって様々です。そのため、パッチテストで何も問題がなかったとしても、本番で痛みを感じる可能性もあります。

もし使用中に、違和感や、痛みを感じた場合はすぐに洗い流しましょう。「15分待てって書いてあるから、我慢して待とう」という考えは、絶対にしてはいけません。

痛みは、お肌からのSOSです。

洗い流したあとも、痛みが続くようであれば、医師に相談をしましょう。

脱毛クリームはお風呂場で使おう

脱毛クリームがアクセサリーや衣服、壁・床・家具・じゅうたんなどに付着すると、変色することがあります。そのため、お風呂場で使用することがおすすめです。

もし衣類や髪の毛などに付着した場合には、すぐにふき取ってから水でよく洗い流してください。

ベストタイミングは入浴前?入浴後?

結論としては入浴前でも入浴後でも構いません。「肌が濡れていないこと」「肌が清潔であること」「毛穴が開いていること」の3つを気をつけると脱毛効果が高まります。

肌が濡れていると、除毛クリームが薄まってしまうだけでなく、ムラができてしまうことがあります。入浴後肌が濡れたままで使用するのは絶対NGです。

入浴前であれば、温めたタオルなどで身体を拭きましょう。

生理前や日焼け後は避ける

生理前や疲れがたまっていてお肌がデリケートになっていると感じる場合は、使用を避けてください。

日焼け後の肌に使用すると除毛効果が薄れるだけでなく、肌荒れなど痛みを感じる原因になります。

また、お肌の状態は、寝不足・ストレス・健康状態、ホルモン周期により変化しデリケートになりがちです。

プロに脱毛してもらうことで、肌トラブルを避けよう!

脱毛クリームはムダ毛を自分で処理する人にとっては強い味方です。しかし、塗る量やムラなど少しコツが必要です。

またきれいに除毛しきれない、15分待たなければいけない、終わった後の保湿を考えると面倒くさい、毛を溶かすので肌に負担がかかるといったデメリットもあります。

そこでサロンでの脱毛を検討してみてはいかがですか。サロンでの脱毛はきれいに脱毛できるのはもちろん痛みや肌荒れなどもありません。

ミュゼプラチナム:安く脱毛したい人におすすめ

ポイントサイト用

ミュゼは脱毛する際に、専用のジェルを脱毛部位に塗ってから、脱毛を行います。このジェルには植物性ペプチドが配合されているため、お肌をお守りながら、同時に保湿もしてくれるため、肌トラブルを未然に防いでくれます。

そして脱毛後も、部位ごとに適切なスキンケアを行なってくれます。脱毛での肌トラブルを回避するには、脱毛後のアフターケアがとても大切です。

またミュゼでは、たった50円で両ワキとVラインの永久脱毛ができます。

今すぐキャンペーンをチェックして、脱毛クリームで除去しきれなかった毛をミュゼで脱毛しましょう!

ミュゼプラチナムをチェックする

ジェイエステティック:自分がしたい部位を自由に選べる

全身脱毛

ジェイエステティックは、トータルエステサロンです。そのため、脱毛だけではなく様々なお客さんのお肌を見てきたからこそ、お肌への知識はとても豊富なサロン。

脱毛前には、カウンセリングと肌チェックをしっかり行ってくれるので初めての方でも安心して、施術をお願いすることができます。

また今なら、脱毛初回キャンペーンで両ワキと好きな3部位をたった300円で脱毛することができます。

他にもあしまるっと脱毛やデリケート5プラン、全身フリーチョイス40回脱毛など自分が脱毛したい箇所に特化したプランも充実しています。

ジェイエステティックをチェックする

サロンでは、脱毛前にカウンセリングや肌チェックをしっかり行ってくれるので初めての方でも安心です。無理な勧誘もないので追加料金を取られる心配もありません。

この機会にサロン脱毛を体験してみてはいかがですか?脱毛クリームのとサロン脱毛を上手に組み合わせてすべすべのお肌を目指しましょう!

記事の著者

美容・スキンケアの悩みをもっと見る