厄年に引っ越しは大丈夫?不安になったら厄除けを!

記事の著者:1466818

多くの人が成人後に、一人暮らしや同棲・結婚のため、実家を離れます。引っ越しは不安な気持ちと楽しさが入り混じる、人生の中でも大きなイベントです。

しかし、厄年の引っ越しは避けるべきという、引っ越しを躊躇するような考え方や意見も存在します。厄年に引っ越しをしても大丈夫なのでしょうか?

この記事では、厄年と引っ越しに関することを詳しくご紹介します。

厄年の引っ越しが良くないとされる理由

厄年の引っ越しは避けたほうが良い、と言われた経験がある人も少なくないでしょう。なぜ厄年の引っ越しは避けたほうが良いとされているのでしょうか。

理由は厄年が、良くない年だからです。厄年は災難に見舞われ、障害となるものが生まれると言い伝えられています。

大きな怪我や病気になる、仕事でクビになる、就活・転職が失敗する、恋人と別れることになる、パートナーと離婚する、などが具体的な例です。

そのため、厄年には結婚や転職をするのはよくない、という見方をする人も少なくありません。一方で出産に関しては、厄落としになるのでするべき、という考え方も広まっています。

また厄年がもともと陰陽道をルーツとしていると言われていて陰陽道は九星学という方角を大切にしている占いから来ていることから、厄年の引っ越しの際方角を気にする人も多くいます。

厄年に引っ越しをすることに関しても、厄年に引っ越しをすることは避けたほうが良い、という考え方や意見を持っている人が多いです。

厄年に引っ越しをしても問題はない

厄年に引っ越しをすることは避けるべき、という考え方が世間に広まっていますが、厄年に引っ越しをしても大丈夫なのでしょうか。

厄年は、良くないことが起こる年と定義されていますが、科学的な根拠があるわけではありません。神道や仏教など、日本人に馴染みのある宗教に通じるものがある、宗教的な考えですので信じていない人も多いです。

宗教的な考えは個人の捉え方によって、大きな違いがあります。どのように捉えるかは個人の自由ですが、気にしすぎるとストレスが溜まりますので、注意が必要です。

厄年の引っ越しが不安な人は方違えという方法も!

厄年の引っ越しは、方角を気にした方がいいと説もあるようです。そのようなことを気にする場合には、方違えという方法もあるのでご紹介します。

方違えとは平安時代から伝わる方位除けの方法です。

例えば目的地が北にあるが北に直接向かうのはよくないとされている場合、一旦西に行って西からその方角に向かうと北西から目的地に向かうことになります。すると、厄があるとされていた方角からずれるので、厄除けになる方法です。

不安な人はお祓いをしよう

厄年に実際に引っ越しをした人からは「特に問題なく、無事に引っ越すことができた」という感想の他、「水が汚くて、結局別の場所へ引っ越すことになった」という感想も聞かれました。

前者のように厄年に引っ越しをしても問題がない人もいれば、後者のように災難に見舞われる人もいます。不安な気持ちになってしまった人には、厄払い・厄落とし・厄除けを行うことがおすすめです。

厄払い・厄落とし・厄除けの違い

上記で述べた、厄払い・厄落とし・厄除けの3つには、違いがあります。下記で詳しくご紹介します。

厄払いは、祈願祈祷によって身に降りかかった、厄を払うことが特徴です。厄除けは、祈願祈祷によって自分の身に降りかかる、厄を除けることが特徴になります。

厄落としは、大事なものを捨てるなどの方法で、厄を落とすことが特徴です。ご紹介した方法以外にも、パワーストーンなどを身に着ける方法があります。

自分に合った厄年の対策方法を選んでみてください。

忙しくて厄払いに行けない方へ

引っ越し準備が忙しいと厄払いをしに神社に行く暇がないかもしれません。

そのような場合は、電話占いココナラで厄払いを行なってもらうのはいかがでしょうか。

電話占いココナラをチェックする