厄年と妊娠の関係:女性の厄年の出産は厄落としになるって本当?

記事の著者:1466818

厄年の妊娠・出産に関しては、多くの考え方があり、捉え方は人によって様々です。

厄年はわざわいに見舞われる年だから妊娠・出産は避けるべき、という考え方もあれば、全く真逆の出産は厄落としになるから妊娠した方が良い、という考え方もあります。

この記事では、厄年に出産がよくないとされる理由や、世間に広まっている出産は厄落としになるという考え方を中心に、厄年と出産の関係について詳しくご紹介します。

厄年と妊娠の関係

厄年には困難やわざわいに見舞われやすいと言われています。女性の場合は数え年で、19歳・33歳・37歳・61歳が本厄と言われる年齢です。

そのためこれから出産する予定の女性や子供を産むことを考えている女性の中には「厄年の出産は避けた方が良いのかな?」と、不安な気持ちになってる女性もいることでしょう。

詳しく厄年と妊娠・出産が良くないとされる理由、問題ないと言われている理由をみていきましょう。

厄年の妊娠・出産が良くないとされる理由

病気になったり、仕事や家庭でトラブルが起きたりしやすいのが厄年ですから、厄年の妊娠・出産は避けた方が良いと考える人もいます。

厄年の捉え方は人によって様々ですが妊娠中は心身ともにデリケートな状態になりますから、厄年に出産することが良いことか悪いことか思い悩んでいる場合は厄年に出産することは避けた方が良いでしょう。

厄年に妊娠・出産しても問題はない

厄年の妊娠・出産は避けた方が良いという考え方は宗教的なもので、科学的な根拠はありません。
 
厄年は昔からある考え方で、女性の場合は身体に変化のある時期だから、結婚や出産することが多い時期だから、と理由を付けられることが多くあります。

しかし、昔は現代よりも結婚や出産の年齢が低かったですし、女性の身体に生理などの大きな変化があるのは19歳よりも前です。

結婚や妊娠、出産する年齢は時代によって違います。気にしすぎるとストレスが溜まっていきますから、気にしない方が良いでしょう。

妊娠・出産は厄落としになる!

世間に広まっているのが、妊娠・出産は厄落としになるという考え方です。上記で述べたように、子供を産み落とすことが厄落としになる、と考えられていることが理由として挙げられます。

厄年に出産することに関してマイナスの意見もありますが、プラスの意見も少なくありません。多くの宗教がそうであるように、捉え方は自分次第です。

「厄年の出産は避けた方が良いのかな?」「出産は厄落としになるから、産んだ方が良いのかな?」などと、意識し過ぎないことが大切になります。

女性にとって妊娠・出産することは、心身ともに大きな負担がかかることです。ストレスや悩みごとのない状態で、出産しましょう。

また女の子の時は、厄落としにはならないという考え方もあります。そのような時は、一度神社に捨てるふりをするといいと言われています。

やり方は、赤ちゃんを神社にすててお母さんはそのまま後ろを振り返らずに家に帰ります。その捨てた直後に他の人が拾って翌日お母さんに届けます。

これで、赤ちゃんもお母さんも元気に過ごせるでしょう。危ないので、赤ちゃんから目を離さないように行いましょう。

厄年に妊娠・出産した方の体験談

本厄での出産でした。お祓いには行っていません。でも出産が厄落としになったねと周りから言われました。私自身は特に何も気にしてませんでした。
本厄に出産しました。大変な目と言えるか分かりませんが、私自身は切迫早産で自宅安静から入院安静になり、子供は臍の緒がぐるぐる巻かれ他状態で低出生体重児として産まれました。
本厄の年に出産しました。母に言われお祓いを受けました。少し神経質になりましたが、逆に無理な行動は極力避け食事等も気を使ったこともあり、母子とも健康体で出産できました。

心配でお母さんに勧められお祓いを受けたという方もいるようです。このように、お祓いを行かなかった人でも無事に出産を終えていて、心配な人はお祓いに行けば問題ないようです。

忙しくて厄払いができない方へ

忙しかったり、体調の関係で神社に厄払いに行くのが難しいという方も多いでしょう。そんな方には、電話占いココナラで厄払いをしてもらいましょう!

下のオレンジ色のボタンをクリックすると左下にカテゴリーの一覧が表示されます。その中から開運・厄払いの項目を選ぶと、占い師一覧が出てきます。そこから、自分自身にあった占い師を選びましょう。

1分100円〜と手軽に厄払いを受けることができ、また厄払いだけではなく祈祷祈願もお願いできるので赤ちゃんがすくすくと成長してくれるようにお願いしてみてください!

電話占いココナラをチェックする
  • 厄年の結婚は良くないってホント?理由を男女別に解説!