厄払いにふさわしい服装を紹介:普段着でもOK?

記事の著者:1466818

「今年厄年だった…」そうため息をついていませんか?厄年であることが分かったら、節分の日がくる前に厄払いをすることが大切になります。

厄払いは、全国の神社の本殿やお寺の本堂で行われています。そこで気になるのが、厄払いにふさわしい服装とは何なのか、普段着でもOKなのかということです。

この記事では、厄払いにふさわしい服装を、基本の服装を男女共通のものと男女別のものに分けて、詳しくご紹介します。

厄払いとは

厄払いとは、厄年に悪いことが起こらないよう厄を振り払うためにお寺や神社にいって祈願祈祷してもらうことです。日々溜まっていく厄を払うためにやることもあり、厄年ではない場合もあります。

厄払いは全国の神社やお寺で、行われています。節分の日の前に行うことが推奨されているので、節分の日に近い時期は場所によっては混雑しているところもあります。

  • 2018年に厄年の女性一覧:結婚や出産は控えるべき?
  • 2018年厄年の男性とは?数え方と年齢を紹介!
  • 厄払いに適切な男女共通・基本の服装

    神社やお寺は信仰のある人にとっては神聖な場所ですが、普段着のようなラフな格好で行く人も多く見受けられます。しかし神聖な場所であることを踏まえると、普段着のようなラフな服装は避け、フォーマルな服装で行った方が良いでしょう。

    学生の場合、フォーマルな服装と言えば制服ですが、そこまでかしこまった服装で神社やお寺に行くことに、抵抗を感じる人もいるでしょう。そんな時は、露出の少ない派手ではない服を選びましょう。色も落ち着きのある物を選ぶと良いです。

    社会人の場合は、スーツが良いでしょう。スーツを持っていなかったり、気持ち的に抵抗があったりする場合は、年齢に合った落ち着きのある服を選びましょう。

    男女別・厄払いにふさわしい服装

    ここからは、厄払いにふさわしい服装を、男女別に詳しくご紹介します。

    女性の場合は素足・マニキュアNG

    厄払いは、神社の本殿やお寺の本堂で行われます。神社の本殿やお寺の本堂は、和室であることがほとんどです。和室での一般的なマナーとして、素足ではいけない・マニキュアを塗ってはいけない、というものがあります。

    ですから、必ずストッキングやタイツを履いていくようにしましょう。パンツスタイルの場合は、靴下を履きましょう。女性の場合は、ワンピースや丈の長いスカートがおすすめです。

    フォーマルな服装に、スニーカーは合いませんから、ヒールやパンプスを履いていきましょう。服もヒールも無地など派手ではないデザイン・色のものを意識して選びましょう。

    マニキュアやネイルはしないようにしましょう。どうしても塗っていきたい場合は透明なものや、塗っていることがわからない自分の肌と同じ色のマニキュアを選びましょう。

    男性の場合は髪・髭に気をつけましょう

    服装はスーツが無難です。落ち着きのある色を選びましょう。可能ならば、ネクタイもつけてた方が良いです。派手なデザインは避け、落ち着きのある色やデザインを選ぶことが大切になります。

    ヘアスタイルは清潔感が大切です。髪は染めていても問題ありませんが、落ち着きのある色にしましょう。

    男性で長い髪というのは、清潔感がないイメージを与えてしまうことがあります。髪を切りたくない場合は、顔が見えるようにまとめたりしばったりしましょう。

    髭に対しても、同様の事が言えます。もしも伸ばしているならば、ある程度整えていきましょう。

    厄払いに行く暇がないという人は

    必ずしも厄払いに行かないといけないわけではありませんが、厄払いに行かなかったことが心配の元になるのであれば行った方がいいでしょう。

    しかし、時間がないという人もいるでしょう。そのような方は、電話占いココナラで厄払いをしましょう。

    厄払いもできる!電話占いココナラ

    上のリンクのページに飛び、少し下に行くと画像のようなページにいきます。そうすると厄払いという項目に飛ぶと、占い師一覧が出てくるので自分にあった人を探しましょう!

    足を運ばなくても、24時間受け付けてもらえるので、時間のない人でも手軽に厄を払ってもらうことができるのでおすすめです。

    興味がある人はぜひチェックしてみてください。

    電話占いココナラをチェックする