わがまま彼女の特徴:可愛い・疲れると彼氏が感じる違いは?

女性の武器は涙ではなく、わがままなのかもしれません。相手にしてほしいこと上手に伝えられる女性は、それだけでなぜか魅力的に見えることってありませんか?

逆に、わがままばかり言う女性は、周囲からあまり好かれず、めんどくさい女性だと思われます。

わがままを上手に伝えられるように、今回はわがまま彼女の特徴と、彼女が可愛いな、疲れるなと感じる違いについて紹介していきます。

わがままをなんでも受け入れてくれるような人と出会いたいという方はマッチングサービスのペアーズがおすすめ。

ペアーズは600万人の登録者がおり、自分の好きなものや趣味をアピールできるため、理想の人と出会えるでしょう。

Facebookを連携することによって簡単に登録できるのでぜひチェックしてみてください。

ペアーズでわがままを聞いてくれる人に出会う

わがままな彼女の特徴

1. LINEや電話がくるのが当たり前と思っている

相手が忙しいかどうかはまったく気にも留めずに、求めるのが、わがままな彼女の特徴です。もちろん、彼氏側の言い分なんて彼女の心の中では「未読無視」の状態になっていることでしょう。

日常的だと彼氏もうんざりしてしますが、タイミングさえ気に掛けると愛されていると感じる彼氏もいます。

2. なんでもすぐに「やって!」と頼む

わがままな彼女といえば、おねだりが多いのが特徴です。本当であれば、自分でもできることなのに、あえて彼氏に「お願い、やって!」と頼んでしまいます。

おねだりが上手であれば、もはや彼氏ではなく奴隷のようになっていても、満足するのが彼氏というものです。

3. デートの行き先は行きたい場所

付き合っていても、わがままな彼女は「自分の欲求」だけを優先させてしまいがちなのが欠点です。

デートの行き先はもちろん、集合時間もご飯を食べるタイミング、すべて自分の思い通りにならないと拗ねてしまいます。

自分の意見を主張するだけでなく、彼氏の意見に耳を傾けないと、やがてはうんざりされることでしょう。

4. 優柔不断なのに、彼氏が決めたことに対して怒る

優柔不断な女性はとても多いと思いますが、それに対しては彼氏がリードする腕の見せ所です。しかし、わがままな彼女は「決めて!」という割には、決めたことに対して怒ってしまう事もあります。

彼氏にわたしの希望を察してほしい気持ちの裏返しでもありますが、彼氏には伝わっていないことが多いです。

5. 「わたしと仕事、どっちが大切?」

わがままな彼女から、彼氏がもっとも返答に困るのが、「わたしと仕事、どっちが大切?」です。

彼女を納得させることが不可能であっても、返答のセンスに彼氏の器の大きさがわかることでしょう。

6. 自己保身のためだけに、逆ギレする

彼氏の意見や主張に対して、突然逆ギレするのもわがままな彼女の特徴です。ほとんどは、彼女自身に非があるときに、自己保身をするために「あなたが悪い」の一辺倒で押し切ろうとします。

このわがままは、話し合っても話し合っても解決しにくいため、やっかいです。

7. わがままを叶えてくれる相手に浮気する

わがままな彼女からのわがままを叶えずにいると、その彼氏への興味が一気に冷めてしまい、わがままを叶えてくれる人に浮気することが少なくありません。

もちろん、彼女自身は悪気なんてなく、むしろ「寂しかったのに…」といって、彼氏のせいにされてしまいます。

8.自己主張が激しい

自分の考えが正しいという自信を持ち、相手の考えを聞くことなく自分の考えを押し付けてしまうのもわがままな彼女の特徴の1つです。

自分の思い通りにいかなかったときに、態度や表情に出てしまうことも多いです。

相手が察知してくれるのを待ち、気づいてもらえなかったら陰で文句を言ったり愚痴を吐いたりすることもあるでしょう。

9.相手への要求が多い

相手への要求が多く、嫌なことがあったらそこから逃げて他人に全て押し付けてしまいます。

自分でできることでさえ、誰かにやってもらおうとします。

相手にこうしてもらいたいと要求ばかりして、自分は相手に何も返さないことが多いです。

嫌われるわがまま

絶対に謝らない

喧嘩をしたとき、自分に非があるにもかかわらず、絶対に謝らないようなプライドが高い傾向がある人は注意をしましょう。

このような態度は、可愛いわがままとは思われず、むしろ許しがたいと感じる男性が多いようです。

もちろん、非がなければ謝ることはありませんが、自分が悪いことをしてしまった自覚がある時には、素直に謝る謙虚さも大事にしましょう。

自分には甘く他人には厳しい

自分のミスや落ち度は許すよう彼に働きかけるのに、彼のミスは全く許す気がないタイプのわがままです。

例えば、自分は束縛されたくないけど、彼に束縛したり、彼氏に対しては自由を与えないのに、自分は平気で浮気をしたり、矛盾している行動が多くあります。

カップルにかかわらず、相手への配慮がない人は周囲からも嫌われてしまいます。気をつけるようにしましょう。

自分の好みストライク以外は受け付けない

レストランやプレゼントなど、自分の好み以外を受け付けないわがままも嫌われやすいです。

一生懸命考えたプレゼントやデートコースにケチをつけられたとき、男子はとても凹みます。

「こんなプレゼントよりも〇〇の方がよかったのに」。そんなとき、わがままだな、と思ってしまいます。喜んでくれない女子に、男子は魅力を感じません。

極度の気分屋

和食が食べたいと言うので、和食のお店に入ったのに「私は、パスタにすればよかった」と言われたとき。

一度決めたことを簡単に変えてケロッとしているところを見ると、「わがままだ」「度を超えた気分屋だ」と彼氏は思ってしまうんです。

難問をふっかけてくる

愛されているかどうか確認をするために、女子が時々使う手口です。深夜に彼氏を呼び出したり、高価を物をねだったりし、彼が自分に尽くしてくれているかどうかチェックするのです。

何度も繰り返されると彼氏は彼女を重いと思ってしまい、呆れてしまいます。

可愛がられるわがまま

おねだり上手

彼氏へのおねだりが多いことがわがまま彼女の特徴ですが、上手に彼氏にお願いできれば、可愛いな、と思ってもらえます。

全てを彼女に頼るのではなく、自分でできないことを彼氏にお願いしていきましょう。

男性のプライドを刺激する

逆に男性から好かれるわがままは、男性の「頼りにしてもらいたい」と言うプライドを刺激するようなわがままです。

例えば、何かを頼む際には「どうして~してくれないの?」や「どうせ~でしょう?」という言い方ではなく、「~を頼めるのはあなただけだよ」とか、「いつも頼りにしてごめんね」など、謙虚な気持ちをしっかり言葉で表現してみましょう。

スキンシップを取りたがる

手をつなぎたがったり、くっつきたがるというようなスキンシップのおねだりを可愛いと思う男性は多いです。

また、普段男性の方がリードすることが多い場合に、女性からスキンシップすると男性に喜ばれるでしょう。

わがまま彼女と上手に付き合うコツ

全てのワガママを聞くのはマイナス

1回で無理して付き合ってしまうと、相手は「このくらいならOKなんだ」と決め付けてしまうかもしれません。そうすると、さらに次のわがままが待っています。

どこまでがOKなのかは、事前にキッパリと態度で示すのが一番です。もし甘やかしてしまうと、ワガママを一度断っただけで「冷たくなった」などという、心外な不平不満が飛んで来るかもしれません。

メリハリが大切

例えば、誕生日や記念日など、特別な日には、高級な食事を楽しんだり、少し高価なものをプレゼントしたり、相手が喜ぶ事をせいいっぱい用意します。

その代わり、普段のワガママにはキッパリ断る態度をつけるなど、メリハリをつければ、彼女も少しずつ付き合い方が変わってくるかもしれません。

時には真剣に話し合う

親密な間柄の二人とはいえ、もともと他人です。考え方や、恋人同士のありかた、また将来についてなのど、どのように考えてるのかは、ちゃんと話をしてみないと分かりません。

彼女のわがままも、もしかしたら、交際や将来に関してあまりなにも考えてないからかもしれません。いつもマジメな話をする必要はありませんが、たまには真剣に話をして、彼女の本心を聞き出してみるのも良いでしょう。

相性のいい男性を探すために

わがままな彼女の特徴について紹介してきましたが、男性の受け止める器の大きさも関係してくるので、わがままばかり言う女性が、一概に嫌われているわけではありません。

あなたと相性が良い男性を簡単に探すには、マッチングサービスのペアーズがおすすめです。ペアーズは600万人を超える登録者数を持つ利用率ナンバーワンのマッチングサービスです。

細かい項目を設定することができるので、あなたの理想のお相手が見つかるでしょう。新しい出会いのために、参考にしてみてください。

ペアーズで相性のいい人を探す

記事の著者