彼氏に優しくできずついやってしまうこと:なぜか喧嘩腰になってしまう理由は?

大好きな彼氏には、本当は誰よりも優しくしたいと思っているはずです。しかし、頭ではそう思っていても、つい彼氏に辛くあたってしまうことがあるのではないでしょうか。

ふとしたことで当たり散らしてしまったり、喧嘩腰になってしまったり。優しくなりたいのに、行動は全く逆のことをしてしまう。

そこで今回は、彼氏に優しくできなくてついやってしまうこととその対処法をご紹介します。

彼氏に優しくできなくてついやってしまうこと

1. PMS(月経前症候群)で、イライラをぶつける

PMSとは、肩こりや便秘などの生理前の体調不良の症状をさす月経前症候群のことです。生理前になるとイライラしたり、気持ちが沈んだりすることはありませんか?

生理前になると、不必要に彼氏に対して暴力的な言動をとってしまうことがあります。自分ではよくないことだと理解していても、イライラをコントロールできないのはPMSに原因があるからです。

自分で生理周期を把握しておくことはもちろん大切ですが、彼氏にも話しておき、理解してもらうようにしましょう。

2. 甘えたい気持ちが大きすぎて、ワガママになる

いつもあなたに優しくしてくれる彼氏に、ついつい甘えてしまうことがあるのではないでしょうか。時に度が過ぎてしまうと、ムチャブリやワガママになってしまうことがあります。

特に、幼い頃に両親からあまりかまってもらえず、愛情が満たされない経験をした人に多く見られる傾向です。あまり素直に愛情表現をするのが苦手なのかもしれませんね。

無意識に彼氏に父親を重ねてしまい、無条件に受け入れてもらえると思って、ワガママになってしまいます。

3. 彼氏の愛情を確かめたくて、ひどいオンナを演じる

もっと彼氏に愛されたいという欲求の裏返しでひどいオンナを演じてしまい、彼氏に優しくできないこともあるようです。「それでも私を好き?」と、彼氏の愛情を無意識に確かめようとしているのでしょう。

特に付き合ってからしばらくたって、関係が深まってきたときによく見られます。

「本当の自分をすべて出してもいいのだろうか」という疑問を言葉で確認することができず、そういう行動に出てしまうようです。

4. 優しさが当たり前になってしまい、愛情を感じられなくなる

好きな人に優しくできるのは、精神的に余裕があるからです。彼からの愛情で満たされていれば、自然と彼氏に優しくできるでしょう。しかし、彼の優しさや気遣いが当たり前になってくると、彼からの愛情を感じることができなくなってしまいます。

また、仕事や勉強などで自分自身が忙しく、精神的に追い詰められていると、同じように彼氏に優しくできないことがあります。彼の方も冷たい態度に精神的に苦しくなってしまい関係そのものが壊れてしまいかねません。

5. 傷つけられたから、傷つけ返す

好きな人から傷つけられると、とても悲しい気持ちになります。彼氏と過ごす時間の中で、ちょっとした気持ちのすれ違いから「傷つけられた」と感じてしまうことがあります。

普段信頼を寄せる間柄だからこそ、裏切られたような気分になりよけい悲しくなってしまうのでしょう。反射的に傷つけ返すような行動をとってしまいます。

本当は傷つけられたと感じた出来事がきちんとあるはずなのですが、理由を彼にきちんと説明しないので、彼の方も理由も分からず傷つけられたと感じてしまうでしょう。なぜ彼の行動に傷ついてしまったのかをきちんと説明して話し合いましょう。

もう一度彼に優しくなる方法

気分転換をする

彼にあたってしまう理由のひとつに挙げられるのが、過剰にストレスが溜まっているということ。自分に余裕がないために、彼にイライラをぶつけてしまうのです。

ですが、それではなんの解決にもなりません。ストレスは一時的に発散できるかもしれませんが、後々彼に対する罪悪感が襲ってきてしまいます。

そのため、頻繁にストレスを発散することが大切。ヨガなどで身体を動かし、気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

ホットヨガスタジオLAVAは、全国に270店舗を展開する国内最大級のヨガスタジオ。初心者サポート体制が整っており、利用者の80%以上が初心者からはじめているため、ヨガ経験がなくとも安心です。

人気のホットヨガスタジオLAVAを予約する

国内旅行など、いつもと違うデートに出かける

優しくできなくなってしまう理由として、彼に飽き始めているということも考えられます。彼にマンネリを感じており、その存在に慣れてしまっているからこそ、彼に優しくできなくなってしまっているのです。

そんな方には、変わり種デートで小旅行に出かけたり、国内最大級のホテル・旅館予約サイトのじゃらんで国内旅行の計画をたてるのがおすすめ。旅行という非日常空間に飛び込むことで、彼の素敵な一面に出会えるかもしれません。

じゃらんnetでホテル・旅館を予約する

期間を決め、彼氏と距離を置いてみる

彼に対してひどい女を演じてしまう、重くなりすぎてしまうという自覚がある方は、彼から一旦離れて冷静になることも大切です。

頭を冷やし、自分の何が悪かったのかきちんと考えましょう。「どうして彼につらくあたってしまったのか」という理由が見えれば、自然と解決策が見えてくるはずです。

逃げずに自分に向き合ったという態度は、誠意として彼にも伝わるはずですよ。

 感謝と思いやりを忘れると、彼氏に優しくできない

いかがでしたでしょうか。彼氏に優しくできなくてついやってしまうことを5つご紹介しました。

彼氏からの愛情や思いやりを当たり前だと思ってしまうと、ついワガママになったり、冷たくしてしまったりするかもしれません。

彼氏への感謝を忘れず、気持ちに余裕を持つことで、彼氏につい辛くあたってしまうことが減ってくるはずです。

記事の著者