彼氏とすれ違う原因5つと気をつけるべきこと:彼を信じることが第一歩!

記事の著者:yukasan

彼とは付き合って以来、ずっと仲良くやっている。そんな関係であったとしても、些細なことからすれ違ってしまうことは大いにありえます。

本当はお互いに想い合っているのに、ちょっとしたボタンの掛け違いで誤解が生じてしまってはつらいだけ。そんなすれ違いの原因はいったいどこにあるのでしょう。

そこで今回は、大好きな彼とすれ違いが起こってしまう理由5つと予防策を紹介していきます。

彼氏とすれ違う原因

1. 何もないのに何度も電話してしまう

一緒に住んでいてもそうでなくても、何か用があれば用がなくても、好きな人には何となくかけてしまうもの。

でも男性からしてみれば用があるならまだしも、何もないのに電話をかけてくるのは鬱陶しく思うようです。

「何もないなら切るよ?」と言われてしまったことはないですか?電話では顔が見えなくて声だけが伝えられるので、こうなると後味が悪くなってしまいますね。

2. メールやLINEなどの連絡

電話よりも意味がなくてもなんとなくだらだらと続いてしまうもの。

好きだからすぐに返事をする一方、逆に相手からの返事が遅い、あるいは素っ気ない文章だと不安になってしまいますよね。

実は彼も同じかもしれません。電話よりは途切れにくい連絡方法だからこそ、かえって慎重に使いたい方法です。

3. 素直な気持ちを伝えられない

付き合っているからこそ素直な気持ちを伝えられない時もありますよね。

照れくささでついからかうようにいってしまったり、相手がコンプレックスに感じているようなところも自分は好きだからと言って、それについてずっと言ってみたりするのは、やはり嫌がられますのでやめましょう。

4. 好きなの?としつこく聞く

好きだから付き合っている。そんなことは重々承知しているはずですが、やはり気持ちは確認したいもの。

ですが、男性は特にこの手の質問があまり好きではない様子。自分の気持ちを信じてくれていないのか、と彼女に対して距離を感じてしまうこともあるようです。

5. 甘えさせてあげない

甘えるのは女性だけだと思っていませんか。そんなことはないですよね。男性だって彼女に甘えたい時もあります。

さりげなく甘えてきたのに「え?どうしちゃったの?ウケるんだけど」「◯◯くんらしくないね」など言ったりすると、相手の気も悪くなってしまうもの。

男性だから女性に甘えてはいけない、と考えすぎるのもよくないかもしれません。

彼氏とすれ違わないために気をつけたいこと

決めつけない

まずは「こうであるに違いない」と決めつけないことが大切。あなたの推測と彼の本音が食い違い、お互いの気持ちがすれ違ってしまうことがあるからです。

彼は男だから甘えない。彼は私のことなんて気にしていないに違いない。そんな決めつけ方をしてしまうと、溝はどんどん深まっていくばかりです。あたまを柔らかくして、自分の価値観にとらわれない思考を目指しましょう。

疑わない

女性は得てして男性より心配症です。あらゆるリスクを考え、「こうであったらどうしよう」と思考がどんどん沈んでいってしまいます。

不安状態に陥ると、小さなことでも悪い方向に考えてしまいがち。こうして被害妄想はふくらみ、彼との距離が離れていく原因になってしまうのです。

恋人同士として付き合っている以上、お互いのことを信頼し合う姿勢は何よりも大切。一旦ネガティブな思考ループは断ち切りましょう。

過不足なく伝える

とても難しいことですが、あなたの気持ちを過不足なく伝えるということもすれ違いを防止する上で大事なこと。

余計な情報を伝えすぎても彼は辟易してしまいますが、言葉足らずだとあなたの真に意図するところが歪曲されて伝わってしまいます。

素直な気持ちを正確に伝えるにはどうしたら良いのか、日常会話の中で練習しながらちょうどよい分量を探すようにしてみてください。