テンポが大事!LINEで告白する時に気をつけたいポイントまとめ

記事の著者:夢月

告白の手段と言えば直接もあれば、手紙やメールなどさまざまですが、「ライン」を告白の手段として使っている人も多いのでは?

ラインと言えばメールと違いすぐ見れて、返せばすぐ反映されるのが特徴。メールよりスムーズかもしれません。

今回は今では身近なラインでの告白を成功させる方法やNGポイントを紹介していきます。

LINEでの告白が主流になっている理由

最近、若者を中心にLINEで告白することが増加しているようです。

直接面と向かって告白した方が思いは伝わると言われてきましたが、LINEでなら気軽に話したタイミングで言えたり、また告白された相手にも悩む時間を与えられるので、告白の方法の1つとして定着しつつあります。

直接言いたいけど、恥ずかしくて言い出しにくいという人には、ピッタリの方法かもしれません。

LINEでの告白でのNGポイント

まずは、LINEで告白する上でしてはいけないNGポイントをご紹介します。

長文ッセージ

自分の気持ちをちゃんと知ってもらいたいからと、長々としたメッセージにして気持ちを全部書き連ねたい気持ちは分かりますが、いきなりそんな長い文章をもらっても、相手は困惑してしまいます。

「●●さん・君のこんな所が好き」、「付き合ってほしいと思っている」

など、最低限伝えなければいけない部分のみを送る程度にした方が無難でしょう。

ただ、「付き合って」などの短すぎる文章も、軽いと思われてしまう可能性が高いので、少しは自分の気持ちや、相手の魅力ポイントを書くと良いでしょう。

早朝や仕事中のタイミングに送る

相手が仕事中、忙しい時間帯は避けましょう。あくまで、返事がテンポよく続く時間帯にするのがいいです。

一刻も早く、好きという気持ちを伝えたいのは分かりますが、焦ってはいけません。

表情や状況が分からない分、相手の状況も考慮しながら、告白のタイミングを見極めましょう。

LINEで告白する時のポイント

次に、LINEで告白する際のポイントをまとめました。これから告白する時の参考にしてみてください。

テンポよくやり取りを続ける

既読がすぐについて、返事が早い場合は相手もスマホを触っている可能性が非常に高いです。

そして、暇なのかもしれません。返事はテンポよく返しましょう。

同じくらいの文章の長さにすると、いいでしょう。会話が成り立っていると、思われたほうが好感を持たれます。

あまりにも長い文章や、回りくどかったりすると相手も疲れてしまいますし、途中でやりとりが終わってしまうかもしれません。分かりやすい内容にしましょう。

告白する前に自分の悩みを相談したりして相手の気持ちを探る

突然、告白しても相手が面喰ってしまう可能性もありますから、相手の今の状況を把握するためにも、初めに悩みの相談などをして相手の気持ちをみるのもいいでしょう。

こういう時に写真やスタンプを活用できるラインは便利です。相談事のようなものも、軽い話題にすることもできます。

相手がのってくれないようなら早めに終わりにする気遣いも必要です。

告白する前に2段階から3段階のステージを用意する

相手との距離感がちょうどいい近さになった時に告白することにして、その前にこちらが相手に関心をもっていることを伝えるステージ、相手に寄り添うステージ、食事などに誘うステージ、と何段階かに分けて相手との距離感をはかるようにします。

それぞれのステージでどのコミュニケーションツールが可能か、考えることも必要です。

やたらと小分けにせずまとめて送る

たまに文を細かく区切っては送るの繰り返しをする人がいますが、告白する場合は感心しません。通知ONにしている人からしたら大迷惑です。

大事な内容だからこそ、ちゃんと伝えたいことをまとめてから送りましょう。そちらの方が読み応えがありますし、送り主の伝えたいことがはっきりとします。

スタンプは使わない

真面目な文の合間にスタンプを送ると、せっかくの文や雰囲気も台無しになってしまいます。一歩間違えるとふざけているようにしか見えなくなってしまうことも。

照れ隠しで使ってしまう人もいるかもしれませんが、本気で好きだと送るのであればスタンプは絶対使わないようにしてください。

好きになった経緯を書く

告白メールの内容に、そこまで細かくなくていいですが好きになった経緯を書いてください。

相手がそれを読んだとき「あの時から好きでいてくれたのか」と思い返してきゅんとしてくれると思います。

そこまで好きでいてくれてたということに意識しない人はまずいないでしょう。

まとめ

LINEのいろいろな機能を使って相手のとの距離をはかりながら、相手との距離がちょうど良い近さになって告白すると、成功する確率は高いです。

焦ることなく、お互いの気持ちが高まっている対タイミングを見計らって、告白を成功させましょう。