手相が悪い場合の対処法:悪い線を消す方法も紹介!

手相を見てもらって、その結果が悪かったら多くの人がガッカリするでしょう。しかし、落ち込む必要はありません。

今回は手相が悪かった時の対処法についてまとめていきます。どれも簡単なものばかりなので、特別なものを用意する必要はありません。悪い手相を良い手相に変えていきましょう。

また、まずは一度自分の手相を鑑定してもらってから、改善方法のアドバイスもしてもらいたいという人には、電話占いのココナラがおすすめです。

ココナラには、事前にトークルームから送信した両手の写真を使って電話鑑定をする手相占いがあります。トークルームは占いの出品者と購入者にしか見れないやり取りで、日時などの調整をすることができます。

3000円分無料!ココナラで手相を占う

悪い線だと受け止める

手相を見てもらって、自分の手相が悪いと言われてしまうとショックな気持ちになります。手相の結果が悪かったからといって、ただショックを受けるだけというのはとてももったいないことです。

そのようなときは逆に、手相が悪いということを教えてもらったことで、今後改善できるので良かったとプラスに考えていきましょう。

今あなたの手相が悪いということは、現状のあなたへ警告をしているということになります。そのため、悪い手相をしていることを受け止めて行動するようにしてください。

また、手相は変わるもので、ずっと同じ手相ということはありえません。1年後に見てもらうと手相が良くなっているという場合もあります。たとえ今、手相が悪くても気にすることはないでしょう。

マッサージで悪い線を消す

まずは、手相が悪いのであれば手のマッサージを行いましょう。マッサージは悪い線の消し方の一つです。また、良い手相の人は手が柔らかい傾向にあります。

悪い手相を持っている手を確認してみましょう。硬いのであればマッサージを行い、手を柔らかくしていくことで手相を改善することができます。

手相が悪い場合のマッサージのやり方

手のひらのマッサージを行う前に、手を温める必要があります。手だけに限ったことではないですが、マッサージを行う前に体を温めることはとても大切なことです。温めることでマッサージの効果が高くなります。

両手を合わせこすり合わせて温めていきます。20~30回ほどこすり合わせて手を温めてから、マッサージを行いましょう。

マッサージは手全体を揉んでいきます。優しく押すようにして揉んで行きましょう。

そして、マッサージで大切なことは毎日続けることです。1日10分でもいいのでマッサージを行うようにして下さい。テレビを見ながらマッサージをしても良いでしょう。

また、可能であればマッサージを誰かにしてもらうとより良いです。自分でもマッサージはできますが、自分でマッサージをする場合片手しか使うことができません。

しかし、誰かにやってもらうと両手でしっかりマッサージしてもらうことができます。交互にマッサージするといいでしょう。

悪い手相は線を書くことで改善できる

手相が悪いのであれば良い手相を書き足してみましょう。書き足すことで手相を変えることができるのです。良いとされる手相の線をしっかりと書き、悪い手相を変えていきましょう。

手相を書く場合、金色またはオレンジ色で書くことをおすすめします。また、水性のペンで書いたほうが良いと言われています。消えてしまったらまた書くようにしてください。

自分が金運、恋愛など、何に対してよくない運気なのかを調べることができれば、悪い運気を上げる線を書き足すことができます。毎日書くことで、潜在意識がここに線があると錯覚するようです。

また、ペンで書いた場合、もし誰かに見られてしまったら恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。そのような方は、ペンで書くのではなく爪でなぞってみましょう。爪で線を書くだけでも効果があります。

手相が悪いときの対処法まとめ

今回は、悪い手相を持っている場合の改善方法を紹介しました。毎日の習慣で悪い相は良くすることができるので、参考にして心がけてみてください。

また、自分の今の手相が本当に悪いものなのか確認したいという方は、電話占いのココナラを利用してみてください。ココナラには納得のいくまで相談できるカウンセリングのような手相占いがあります。

今なら最大30分が無料になるキャンペーンを実施しているので、この機会にお得に占ってもらってはいかがでしょうか。

3000円分無料!ココナラで手相を占う

記事の著者