横顔がブスに見える原因:鼻・アゴをセルフチェック!美人の条件Eラインとは?

記事の著者:808297

世の中では自分の横顔に自信を持っている女性ばかりではないでしょう。例えば、自分の横顔の鼻が気になる人も少なくないのではないでしょうか。横顔が美人に見えたいのなら鼻やアゴは大事なパーツ言えます。

今回は、横顔美人の条件や対処法に関して説明していきます。自分の横顔と照らし合わせながらセルフチェックしてみてください。

また美人の必須条件と言われているEラインについても詳しく見ていきましょう。

セルフケア以外の方法でEラインを整えたいという方は、全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」で医師に相談してみましょう。

ていねいなカウンセリングで、無理な勧誘もないので自分にぴったりの方法を見つけることができます。

湘南美容外科をチェックする

横顔がブスに見える理由

横顔を構成する各パーツに着目してみましょう。横顔を構成しているのは、目・まつげ、鼻、唇、アゴそして肌です。

1つでもバランスが悪いと横顔がブスに見えてしまうため、横顔美人はすべてのパーツがバランスよく位置している状態を指します。

そしてキーポイントとなるのが、「Eライン」と呼ばれる鼻先からアゴにかけての直線ラインです。まずはEラインについてご紹介していきます。

Eラインとは?

Eラインは、エステティックラインと呼ばれ、鼻先とアゴを直線で結んだラインのことを指します。

このEラインに対して、唇がラインを超えていると横顔のバランスが悪いとされています。逆にEラインよりも少しだけ後ろあるいは触れている程度に唇があると横顔美人とされます。

Eラインをセルフチェック

Eラインをセルフチェックするには、ペンや定規などの直線のものを用意して、鼻先とアゴの両方をペンに当てます。

唇がペンに触れない方あるいは、触れてもほんの少ししかかすっていないという方は横顔美人です。

ペンと唇がしっかりと触れている方は横顔ブスの可能性があるので、セルフケアに励みましょう。

このEラインを整えるためには、鼻の高さとアゴのバランスと控えめな唇という条件が一致していなくてはなりません。

どうしてもメイクではカバーしきれず、骨格的な問題になってしまう場合は、美容クリニックで相談してみることをおすすめします。自分の希望や予算の範囲内でどんな施術ができるかカウンセリングを受けながら医師と話してみましょう。

湘南美容外科をチェックする

次に横顔を構成するパーツについて1つずつ横顔美人の条件とセルフチェックの方法を見ていきましょう。

まず顔の肌がどんな状態かは他人の印象を左右する場合があります。この肌が荒れた状態であることや産毛が生え放題であることなどは横顔がブスに見える一因になる事態があり得るでしょう。

横顔美人の条件は、肌ツヤがよく健康的な肌であることです。肌は健康状態や生活習慣をよく表しているので、肌のケアをしていないと横顔美人とはかけ離れてしまいます。

セルフチェックの方法は、鏡をさまざまな角度から見て赤みやニキビがないかこまめにチェックするといういたって簡単な方法です。

メイク時や、スキンケア時にしっかりと保湿し、横顔美人を目指していきましょう。

目・まつげ



横からを顔を見た時に目やまつ毛も印象に影響することがあります。横顔美人の条件としては、正面から見た時に目と目の間にもう一つ目の幅が入る比率が美しいとされています。また目尻から生え際までまたもう一つ分目の幅が入ると美人に見える比率になります。

そのため目幅の1.5倍ほどが横から見た時に見えていると横顔美人です。

目が出ていたり、まつ毛を盛り過ぎていて変になっていたりする印象を与えることなどで、横顔を見た時のブスさ加減を上げている場合があるようです。

まつげを派手にしすぎている人などは、適度な長さで綺麗に伸びたまつげを目指しましょう。

また常に目に力が入っていない状態で半目であるのもブスに見える原因となります。しっかりと目を開けて光が入り込むようにすると、目がキラキラと綺麗に見えます。

先ほどEラインでご紹介しましたが、鼻は横顔の印象を決める大切なパーツです。

鼻が低いとEラインのボーダーがさがるので、鼻の低い人のほとんどがEラインと唇がぶつかってしまいます。

鼻の高さは高ければ高いほどいいよいうわけではなく、その人の顔のサイズによってバランスは変わってきますが、日本人の理想とされる突出度は35度が目安になります。

さらに、鼻の高さが低すぎることや高すぎること、鼻の穴が目立つことなども横顔のブスの原因の一つになるケースがあります。そうした人たちの中には、鼻の手術を受ける方も多くいます。

アゴ、口

加えて、横顔がブスに見えるかどうかと言う観点において、顎や口も大事なポイントです。横顔から見た時に顎が出っ張りすぎていることや引っ込み過ぎていることや、口が出ていることなどは、横顔がブスになる理由になることがあります。

アゴがとてもしゃくれていたり、鼻よりも唇が前に出ていたりすると横顔美人とはいえません。

この他にも、普通にしている時に歯がしまえていない状態だとブスと見える理由になる場合もあるようです。特にその歯の状態が汚いと更なるイメージダウンに繋がることもあります。

横顔の美人を目指すためには?



ここまでそれぞれのパーツの横顔美人の条件やブスに見える原因をご紹介してきましたが、次はどのように対策していけばいいのか見ていきましょう。

セルフケアから美容整形の方法まで幅広くご紹介していきます。

肌のトーンをあげる

また肌ケアをしている女性たちは少なくありませんが産毛にも注意してみてください。産毛がなくなると肌のトーンが明るくなるというメリットがあります。

産毛の手入れのし損なった部分のないように、手入れ後はよくチェックするといいでしょう。

お顔の産毛の処理には、産毛除毛クリーム!毎回剃っていると、肌に負担がかかってしまうことも…特にお顔の肌はとても敏感で薄いため、なるべく刺激は与えない方がいいです。

女性のヒゲ(産毛)対策のNOISU(ノイス)は、お口周りの抑毛しながら美肌へ導く進化型ケアで驚異の満足度98.5%!もちろん、敏感・乾燥肌にも優しい無添加処方シリーズ。

お肌をいたわりながら、綺麗な横顔を手に入れませんか?

産毛除毛クリームはNOISU

鼻を高くする

鼻は軟骨でできているので、マッサージなどをすることで多少高くなることもあるようです。長い時間をかけて鼻をなりたい形にマッサージしていきましょう。

ただしやはり骨格を変えることはそう簡単なことではないので、美容整形という手段がもっともおすすめです。

美容整形の方法としては、ヒアルロン酸の注入やプロテーゼ修正が人気の施術になっています。美容整形によって鼻の形を整えたり、鼻筋をはっきりさせることができます。

アゴの形を整える

アゴも自分自身で、マッサージをすることでアゴ周りの脂肪を落とすことができます。脂肪を落とすことでシャープな仕上がりのアゴになります。

しかしアゴが出ている、Eラインのバランスが悪いという悩みを抱えている方は、美容整形を検討してみることをおすすめします。

こちらでも鼻の美容整形と同じく、ヒアルロン酸の注入やプロテーゼ修正などの方法でアゴの形を整えることができます。

歯を綺麗にしておく

Eラインをチェックした時に唇だけではなく、歯が出ているのが気になるという方は歯科医での矯正を検討してみるのもいいかもしれません。

歯が出ている方のすぐにできる対処法としては、矯正する気がないようならせめて歯は見えても良いように綺麗な状態にしておくことです。

ホワイトニングの歯磨き粉やジェルでケアして笑った時に綺麗に見えるようにしておきましょう。

セルフケアの次にやること

セルフケアやメイクで顔の印象を綺麗に見えることはできますが、そもそもの横顔を劇的に美人にすることはかなりハードルが高いです。

いきなり美容整形に踏み込むのは難易度が高いかもしれませんが、セルフケアを尽くしても効果が得られない場合は、美容整形という方法に頼ることをおすすめします。

まずはていねいなカウンセリングを通じて、自分が美容整形をした後にどれくらい変化があるのかというイメージを掴みましょう。

「湘南美容クリニック」では、ていねいなクンセリングだけではなく、術後の保証期間も充実しているので、美容整形が初めての方にもおすすめです。

無理な勧誘を受けることがないので、整形することが決定していなくてもまずはカウンセリングを受けて自分にぴったりの施術方法を見つけてみてください。

湘南美容外科をチェックする