人間関係が苦手な原因と対処法まとめ:シーンによって付き合い方を変える

人間関係は会社で働くうえで重要な要素の一つになります。

良い人間関係を気づくことができれば仕事にハリがでる一方で、人間関係が上手く行かないことが原因で退職する人もいます。ほとんどの悩みは人間関係から生まれると言われるほど、仕事やプライベートでの人間関係は大事なのです。

今回はそんな人間関係について苦手意識を持っている人の原因と、対処法について紹介します。

人間関係が苦手な原因

人間関係が苦手だと感じる原因は、過去に何かしらの原因がある場合や、ストレスが多いようです。

過去のトラウマ

まず、過去の要因からみていきましょう。具体的には親友に裏切られた、重なる転勤で友人や恋人と深い付き合いをしてこなかった、親との関係が思わしいものではなかったなどの例が挙げられます。

特に、幼少期の人間関係でのトラウマは、無意識に引きずるケースが多いです。

日々のストレス

次に、人間関係で強いストレスを感じる人についてです。具体的には人間関係で相手に過度に気をつかったり、緊張したりする人を指します。特に、日本人に多くみられる特徴だと言えるでしょう。

みなさんの中でも、あまり仲良くない友人や、初対面の人と話しをしたあと、気持ちがどっと疲れた経験がある人も多いのではないでしょうか。

シーンによって対処法を変えよう

シーンによって対処法を変えることで、少しずつ苦手意識を改善して行くことができるのでないでしょうか。

仕事編

仕事において人間関係は避けることが出来ません。では、どのようにして関係を築くのが良いのでしょうか。第一に留意しておくべき点は、「仕事上のお付き合い」だと割り切ることです。

職場での人間関係につまずく要因として、オフィスに友人を求めがちだという意見があります。職場内での付き合いは、あくまでビジネスの上に成り立っていることを認識しましょう。行き過ぎた気遣いを持たなくて良いので、気が楽になるはずです。

しかしその分、言葉遣いや態度などの些細な事で印象を左右されがち。より快適な人間関係を築くために、プライベートとは一線を引き、マナーのある言動を心掛けましょう。仕事外の付き合いでは、無理せずノーと断る勇気を持つことも大切です。

プライベート

人間関係は、自分と他者とのかかわりあいです。そのため多少のストレスはつきものであることを自覚する必要があります。しかし、自分の気持ちの持ちようやかかわり方でストレスを減らすことは可能です。

そのためには、「今」の人間関係について見つめ直してみましょう。

あなたは無理をした交友関係を築いていませんか。先述した通り、ストレス過多な人間関係は長く続きません。まず、自分は相手とどのような距離感でいるのが楽か、どこまで踏み込んだ関係が理想であるかを考えることから始めましょう。

大切なのはお互いに、自然体の姿により近い状態を受け入れられる関係を築いていくことなのです。そのため、ストレスを感じる相手とは、少し距離を置くことも大切です。

「毎日は疲れるけど、週に一度はごはんに行きたい」など、思い切って理想のおつきあいを打ち明けてみるのも有効な方法となります。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る