人間関係が理由で転職するときの注意点5選:転職先の職場環境を確認する

今回は人間関係が理由で転職するときに気をつけておきたい注意点をまとめました。

人間関係が理由で転職を決意する人は、意外にも多いものです。「人間関係が理由で転職するなんて自分の甘えなのではないか」と引け目を感じてしまう人もいますが、職場において人間関係がうまくいかないことは重大な問題です。

仕事のやる気に関わってきますので、どうしても人間関係がうまくいかないときは転職を考えることも必要です。

自分が積んできた経験を活かせる仕事を探したい方におすすめなのが、10万件以上の求人情報を持つリクルートエージェント。

多種多様な業界や会社の求人を紹介しており、自分にぴったりの会社に出会えたという会員の声も多いです。面倒な条件の交渉をしてくれたり、面接対策講座などがあるので納得のいく転職をすることができるでしょう。

リクルートエージェントで無料会員登録をする

人間関係が理由で転職するときの注意点とは?

人間関係がうまくいかず、転職を考える人は多いはず。その際、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

新しく人間関係を作ることの大変さも知っておく

まず、転職で職場を変えたからと言って必ず人間関係がうまくいくと保証されているわけではないということは、あらかじめ心得おきましょう。

転職さえすれば人間関係が変わる、うまくいく、そう期待してしまう人がよくいますが、人間関係は職場によってさまざまです。

もしかすると、今まで以上に人間関係がうまくいかない場合もあるので気をつけましょう。

実際、新しく人間関係を築く難しさはまた別のものです。今の人間関係をうまくいかせることと、ゼロからまたスタートすることのどちらが大変なのか、よく考えてから転職を決めると良いでしょう。

そして、いまの職場でなぜ人間関係が悪化してしまったのか、その原因を客観的に考えてみてください。もし、その原因が自分自身にあるのなら、それを改善しない限り転職しても上手くはいきません。

自身自身の問題を客観的に見つめることができないときは、専門のカウンセラーに相談することをおすすめします。

逃げたい気持ちが先行して劣悪な仕事を選んでいないか

とにかく人間関係を早くどうにかしたい、自分に合う人に囲まれた職場で仕事がしたい、そんな気持ちばかりが先行してしまってはいないでしょうか。

そのせいで、より良い条件で働ける職場を見誤っている場合もあります。仕事で人間関係は大事ですが、給料、福利厚生、職場へのアクセスなど、大事なことは他にもたくさんあります。

人間関係を重視するあまり、劣悪な仕事を選んでしまっては元も子もないものです。転職するに値する仕事なのかどうかは、しっかりと見極めたうえで決めることが必要です。

どうしても今の職場を早く辞めたい時は、退職してからゆっくり次の職場を探しましょう。

たとえ自己都合退社であっても、きちんと手続きをすれば失業手当がもらえます。その期間を利用し、自分のスキルアップをはかってもいいでしょう。

ただし、失業手当が給付されるまでには数カ月かかりますので注意が必要です。

転職先の職場環境をよく確認する

人間関係が理由で転職をするのですから、できれば同じような失敗は繰り返したくないものです。転職先では良い人間関係を構築していきたいところでしょう。

そのためにも、転職する前に職場環境や働いている人の年齢層・男女比などをしっかり確認しておくことは大事なことです。

転職しても同じような人ばかりが働くところでまた働くのでは意味がないでしょう。自分に合った職場環境なのかどうかは、事前にチェックを怠らないようにしましょう。

転職理由を聞かれても「人間関係」とは言わない

転職理由が人間関係が原因で…という人は結構いるものですが、特に面接などで転職理由を聞かれた際にはそっくりそのまま答えるべきではありません。

「コミュニケーション能力が乏しい人なのかも」、「メンタルが弱い人なのかも」など、残念ながらマイナスな印象を持たれてしまうことが多いからです。

もし転職理由を聞かれた際には別の理由を答えるようにしておき、前職の人間関係が嫌だったということは口にしない方が賢明でしょう。

転職先を選ぶ際に気を付けたい「競合避止義務」

どんな理由で転職を希望する場合でも、転職先を選ぶ際には、競合避止義務に違反する可能性がないか気を付けなくてはいけません。

競合避止義務とは、退職者が前職で知り得た仕事のノウハウや技術、顧客情報などを、転職先もしくは起業する際に利用し、企業の営業利益を侵害してはいけないという、守るべき義務のことです。

実際に競合避止義務で訴えられる可能性があるのは、企業の上層部の人間が多いのですが、企業が有する顧客情報などを個人のアドレスに転送した場合や、研究結果が記載された書類の持ち出しなどは、競合避止義務違反の証拠になりますので注意しましょう。

日本国憲法では「職業選択の自由」が認められていますが、誓約書や同意書などの形で、競合避止義務を社員に負わせる企業もあります。

就業規定集に書かれている場合もあるので、転職先企業を探す前に確認が必要です。

まとめ

職場での人間関係がうまくいかないと、気が滅入ったり仕事がうまく進まない場合もあります。ここまで続けた職場を離れ転職するというのはそれなりの勇気が必要ですし、そうするからには絶対に今より良い環境に身を置きたいはずです。

転職する際にはこれまでの経験を活かしたいという人もいれば、全く違う業種に転職したいという人もいるでしょう。

転職サービスのリクルートエージェントでは、専任のカウンセラーが自分が気づいていないスキルや価値を見つけてくれ、合う業界や会社を紹介してくれます。

自分では見つけられなかった会社に入れて充実しているという会員も多数。土日祝日はもちろん、平日20時以降も相談できるため、現職が忙しい方にもおすすめです。

まずは無料会員登録をしてみてください。

リクルートエージェントで無料会員登録する

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る