暇なときの過ごし方10選:掃除をして悩みや考え事を流そう!

記事の著者:1603546

家にいても何もすることがない、せっかくの休日なのにも関わらずプランが特にないことってありませんか。

1日中だらだらし続けることがむしろ疲れるような、無駄にしていると自分でもわかるので罪悪感も生まれることもあります。

今回は暇で暇で仕方がない、退屈で飽き飽きしているあなたにぜひ読んでほしい記事です。暇なときにぜひ参考にしてみてください。

1. 断捨離する

自分の部屋を見渡せば使っていない物やいらない物が結構あるものです。不必要な物は置いておいても、結局使うことはありません。

暇なときは心の中を整理できて、すっきりさせることが出来る断捨離が良いです。暇で何もすることがないことを機会にこの際いらない物はすべて処分してしまいましょう。

自分ではなかなか捨てられないというのであれば、気負わない友人や恋人に手伝ってもらうとスムーズにできます。

2. 掃除をする

部屋は心をうつす鏡なので、心を整理するためにも掃除に踏み切るのも良いです。掃除をするときには何か嫌だった悩みや考え事も一緒に流すくらいの気持ちでやりましょう。

平日の忙しい期間は手の届かない排水溝回りやお風呂掃除をするチャンスでもあります。部屋がピカピカになっている頃にはすっきりしていること間違いなしです。

3. 絵を描く

昔から美術が得意で絵を描くことが好きだった方は、家で絵を描いてSNSでシェアしてみるのも良いでしょう。

自分のアカウントであるツイッターやインスタグラム、ブログに作品を投稿することで、周りの反応も得ることが出来て家にいても楽しめます。

SNSで絵を描くことが好きな人が集まって個展を開くこともできるのです。また、絵を描くという理由で遠出して普段見ない景色や人に出会うことも新鮮な経験になります。

4. 家で映画をみる

暇で仕方がないという方はレンタルショップが近くにある場合、何かを借りて観ることも過ごし方の一つです。

その際にただ気になる映画を借りるのもよいですが、目的に合わせて借りることも良いでしょう。

見たことのない世界に触れたい場合は普段見ないジャンルの映画を借りることや、すっきりさせたい場合であれば思いっきり泣ける映画を選ぶのです。小さくても目的を決めることで、少し違った映画のチョイスになります。

5. 音楽を楽しむ

音楽を聴くことが好きな人は、お気に入りの音楽を聴くのが良いでしょう。今週のおすすめランキングやヒットチャートを見ることで最新の情報を入手することも可能です。

また、好きなアーティストのライブ映像を見ることでただ音楽を聴くだけではなくアーティスト自身のことも知ることができるので面白いです。

また、歌うことが好きな人は歌える環境であれば平日抱えたストレス発散にもなるのでおすすめです。人目を気にせず思いっきり歌ってしまいましょう。

音楽を聴くという手段以外にも自分で音楽を楽しむ方法もあります。暇な時間をピアノやギターなど自分が好きな楽器を弾く時間に使いましょう。時間がある友人と一緒にセッションすることもお互いに刺激になります。

6. 好きな語学の勉強をする

スキルアップのために資格の勉強をすることや好きな語学の勉強をすることも時間がないとできないことです。

テレビやラジオでも資格をとるための講座番組や語学番組をしているので、平日に録画して暇なときにみると充実して過ごせます。

また、映画や音楽など勉強の仕方は様々なので自分に合った方法を見つけられます。なるべく自分が辛くない学ぶ方法を見つけると、スキルアップもしやすくなるでしょう。

そして、学んだ語学を活かすために旅行の計画を立てることも良いでしょう。使わなければ忘れてしまうので、自分がどのくらい話せるようになったのかを確かめることもできます。

7. カメラで写真を撮る

写真を撮るのが好きという方は、カメラ片手に人や物を撮りに行くことで外出も兼ねることができます。

家にいて暇を嘆くよりも外に出て歩いた方が運動にもなるし頭が働くので新たなアイデアが浮かびやすいです。

被写体をあえて決めずに写真を撮ることで、自分が撮りたいものをとることで今の自分の感情や要望が分かることもあります。

8. 自然に触れる

平日オフィスで勤務、満員電車の中毎朝通勤などコンクリートジャングルに嫌気が差してしまった人には近くの山や森、公園や川を訪れて自然に身を包まれると精神的に安らぎます。

自然の美しさに触れることで心の邪念がなくなり、落ち着いた気持になることができるのです。自分が抱えていた悩みが小さく思えてくるような大自然に守られる感覚は何とも言い難いものです。

行ってみたかった公園の中でピクニックやハイキングをすることも良いでしょう。

9. スポーツをする

頭の中で暇だと連呼しても状況は変わりませんので、そんな時は体を動かしましょう。家の周りを散歩するだけでも違ってきますし、走るのが好きな方はランニングも効果的です。

考える前にまず体を動かすことがポイントです。

そうすることで運動した後には何を飲もうか、何を食べようかなど体を動かす前には考えなかったことがいくつも考えられるようになります。

10. 気になっている体験レッスンに行く

料理教室や陶芸教室など気になってはいるけれども足を運ぶ機会がない場合は、暇だと思ったときに予定として組み込みましょう。

当日であっても受け付けてくれる場合もあるので午前中や早い時間に確認しておくことが必要です。

入会には踏み切りにくいので、体験レッスンでは話を聞いて雰囲気をより感じることができます。また、体験レッスンをすることで今まで会ったことのない人と話すことが出来るので自分の刺激にもなります。

趣味に打ち込んでみよう!

暇で辛いと感じる時は頭でばかり考えて行動せずただ家にいることが多いです。

そんな時はいったん切り替えるために外に出てみることや趣味に打ち込むことで新たな考えが浮かんでくることがあります。

頭で考えず行動することや趣味をSNSで発信するなど、暇になった時の対処法のために自分の中でしっくりくるいくつかの改善方法を持っておきましょう。