一人暮らしの休日は自分のために時間を使おう!オススメの過ごし方5選

休日の過ごし方は人それぞれで、友達と会ったりお気に入りのカフェで読書などを楽しんだりする女性も多いのではないでしょうか。せっかく1日中仕事がない日なのですから、過ごし方も意識して休日を充実させましょう。

一日中家にいることは充実していない、という意味ではありません。仕事もないのでお休みの日はゆっくりと自分の気持ちや体調に寄り添うことが適しています。

今回は一人暮らしだからこそできる、休日の過ごし方をご紹介します。

オフなので家でのんびり

1日中ベッドやソファで寝転び、ゴロゴロ生活することも休日ならではです。

一人暮らしなら、誰から支持されることも注意されることもありません。服もパジャマのままノーメイクですっぴん、髪の毛も楽なスタイルで過ごせることは特権です。

また、好きなテレビ番組を観てお腹を抱えるほど笑うことや、悲しい映画でボロボロ涙を流すことはストレス発散にもなります。仕事のことは1秒でも考えないように、好きな漫画やテレビで思考を埋め尽くすのも良いでしょう。

時間をかけて料理をする

平日は仕事が残業で遅い帰宅、遅番で料理がまともに作れずにコンビニ弁当なんて日もありますよね。栄養が偏ってしまうのですが、家にいる時間はできるだけ長く睡眠に充てたいでしょう。

忙しい平日でも食事の栄養を保つために、休日に作り置きおかずを大量につくって、保存しておくと便利です。

最近は、作り置きおかずのレシピブックが本屋でもたくさん並べられています。自分の好みのテイストの本を購入して休日に作ると、帰りが遅くても夕食が楽しみになるでしょう。

普段よりも丁寧に掃除をする

トイレ掃除やお風呂の排水溝の掃除、換気扇の掃除など平日の朝や帰宅後に手が届かない場所の掃除をすると、気持ちがすっきりします。

100円均一でも掃除で活躍するグッズが多様に販売されているので、一度チェックしてみると良いです。掃除は昼以降だとやる気がなくなってしまう場合があるので、朝やるのが適しています。

趣味の時間に費やす

お菓子作り、陶芸、英語学習など、時間が経つのがあっという間に感じる趣味の時間に没頭するのはオススメです。趣味がないという方は、とにかく少しでも関心が湧いたことにトライすることを繰り返してみましょう。

きっと飽きない趣味が見つかるはずです。趣味の時間は自分だけの世界なので、仕事や人間関係のストレスからもすべて解放されます。

副業・将来やりたいことのために勉強する

自分のキャリアを活かして話題になっている副業を考えてみるのはいかがでしょうか。

趣味を延長したビジネスをしてみる、専門知識を教える講座やセミナーを開いてみるなど、あなたが普通にできることが実は周りではできないということもあります。

また、将来したいことのために資格や講座の勉強をすることも充実した休日の使い方です。今の自分よりも一歩前へ進むことが出来て、新しいことを知ることで脳への刺激もあるでしょう。

休日を充実させて、仕事をがんばる糧にしよう

一人暮らしならではの休日の過ごし方、自分に合ったものは見つかりましたか?丸一日休みならば、ぜひ平日にできないこと、したくてもできなかったことに時間を使ってみてください。

充実していると感じることが出来て、次の休日が楽しみになるでしょう。

記事の著者