世渡り上手になるための処世術:積極的なコミュニケーションが秘訣

世渡り上手な人は、会社などで気に入られやすく、得をすることが多いので、うらやましいと思ったことはありませんか?

「生まれ持った性格なんだろうな~」と思いがちです。確かに生まれた時から世渡りが上手な人もいます。

しかし、相手に積極的に話しかけに行くなど、少し意識することであなたも世渡り上手になることができるのです。そこで今回は、どうすれば世渡り上手になれるのか処世術を見ていきましょう。

世渡り上手な人ってどんな人?

「世渡り上手だな~」と感じる人はあなたの周りに居ませんか?具体的に世渡り上手な人がどういう人なのかみていきましょう。

コミュニケーション能力が高い

世渡り上手な人はコミュニケーション能力が高いです。コミュニケーション能力が高い人は、どんな人とでも話すことができ、嫌われることが少ないです。

うまく渡っていくためには、人に嫌われてはいけません。コミュニケーション能力が高い人は友達も多く、また上の人からも好かれている人が多いです。

甘え上手

世渡り上手な人はずばり甘え上手な人でしょう。末っ子タイプの甘え上手な人は、うまく相手を頼ることができます。人を頼るのが苦手な人は世渡り下手です。

また、甘え上手な人は相手の懐に入るのがうまいので、恋愛面でも活かされます。

世渡り上手になるための処世術

どうしたらコミュニケーション能力が高い、また甘え上手な人になることができるのでしょうか。「生まれもったものでしょ…」と諦めていませんか?誰でもできる処世術を紹介していきます。

コミュニケーション能力が高い人になるために

相手の話をしっかり聞き考える

コミュニケーション能力の高い人はしっかりと相手の話を聞いています。話しかけられた時にすぐに返事をするのではなく、沈黙を恐れずに相手の言葉をよく聞き考えてから発言していきます。そうすることで相手が求めている答えを返すことができるのです。

沈黙が怖い人は「今考えているので、ちょっと待ってください。」と一言伝えるといいかもしれません。

自分から話しかけに行く

コミュニケーション能力の高い人は、誰かから話しかけられるのを待つのではなく自分から話しかけに行っています。

しかし「声をかけることで嫌われたらどうしよう」と思って声をかけないのはとてももったいないです。話したことのない人の場合、最初からフランクにはいかないようにしましょう。

考えすぎないこと

しっかり考えて答えることも大切ですが、ときには冗談も大切です。何気ない会話ができるくらいになることが基本です。

常に真面目な答えばかりだと相手を疲れさせてしまうかもしれません。バランスが難しいですが、このバランスがしっかりできればコミュニケーション力はつきやすいです。

甘え上手な人になるために

好意を素直に受け取る

好意は素直に受け取るようにしましょう。「荷物を持ってあげるよ」と言われたら「ありがとうございます」とにっこり微笑み荷物をもってもらいましょう。

そこで「大丈夫です」と言ってしまうと次声はもうかけてもらえなくなりますし、相手があなたに距離を感じてしまうかもしれません。

感謝の気持ちを忘れない

なにかしてもらった時は、どんなに小さなことでも感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。「嬉しい」「助かりました」などを一緒に言うと、さらによいでしょう。

感謝ができる人だと、またなにかあったら助けたいなと思われます。感謝することは当然のことのように思われるかもしれませんが、実はきちんとできていない人が多いのです。感謝を相手に伝える時はきちんと目を見て伝えましょう。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る