女性が銀行の総合職で働くメリット:エリア総合職なら転勤がない!

銀行で働くには一般職と総合職があります。女性は転勤が少ない一般職として働く、というのが当たり前のように思われてきました。

しかし最近では、女性銀行員でも総合職として働く人が増えてきているようです。結婚を考えている女性でも活躍しやすい、エリア総合職という新しい働きかたも登場しています。

銀行の総合職で働く女性には、どんなメリットがあるのでしょうか。

なお、銀行員への転職を考えているという方は、大手転職サイト「リクルートエージェント」などに登録してみましょう。銀行員の非公開求人が豊富に掲載されています。

リクルートエージェントのサイトを見てみる

女性銀行員の総合職は増えてきた?

一昔前まで、銀行員で働いている銀行員は男性が総合職で、女性が一般職というケースがとても多く見られました。

総合職の場合は転勤があります。一般職よりも責任が重いのでやりがいのある仕事はできますが、ストレスが溜まって体を壊してしまう人もいるようです。

女性は結婚、出産があるので総合職では働きにくいと思う人も多いでしょう。しかし近年、福利厚生の充実や共働き思考の増加に伴って、女性の総合職は増えて来ているようです。そのため、今後ますます女性銀行員の総合職は増えていくと予想されます。

女性銀行員が総合職として働くことのメリット

女性銀行員が一般職ではなく総合職として働くには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

総合職ならではの魅力を、ぜひチェックしてみてください。

年収が高い

総合職として働くことの最大のメリットは、年収が高いことです。一般職と総合職を比べると、圧倒的に総合職として働いてる方の方が年収は高いです。生涯年収も大きく変わってきます。

勤続年数が高いほど年収の差が大きくなり、社会人5年目の総合職と一般職の場合、年収はなんと100万円もの差があるのです。

出世することができる

総合職は出世コースです。一般職では、係長までしか出世することができません。さらに、係長になっても給料は少ししか上がらないようです。

係長よりも上の課長や部長に出世するためには総合職として働く必要があります。出世していけるということは女性銀行員にとって、総合職として働く大きなメリットでしょう。

増えてきているエリア総合職

総合職には転勤がつきものだと思う人は多いでしょう。

さまざまな地で働くことで視野を広く持つことができますが、転勤があると女性は働きづらいですよね。独身のうちは転勤があっても問題ありませんが、結婚した場合や子供ができた場合、転勤は難しいはずです。

しかし、エリア総合職(地域総合職)であれば、異動があってもエリアが限定されるので引っ越しを伴う心配はなくなります。そのため、結婚しても働きやすいと言えるでしょう。

エリア総合職は総合職と大差はありません。仕事内容はほぼ同じ、出世すれば役職も付きます。違うのは転勤がないということだけです。

分かりやすく説明すると、総合職と一般職の間といった感じでしょうか。給料が総合職以下、一般職以上と考えると良いです。

出世はできますが会社の重役になることはできず、出世を重視するならエリア総合職はオススメできません。

地域総合職とも検索してみて

エリア総合職は別名地域総合職とも言われています。ですので、就職サイトで検索する際などは、地域総合職と検索してみると検索結果が出てきます。

企業などによって名前が違う場合があるためです。そのほかには、準総合職または、特定総合職、特定職ともいわれます。

また、エリア総合職といわれても関西など幅広い地域での仕事になることもあるため面接時などに会社に確認をしましょう。家庭の事情などを考えできるだけ働きやすい仕事を見つけてみてください。

エリア総合職に求められていること

・地域に根づき高い知識を持ちスペシャリストになる自覚がある。

・その道一筋 経営側に立って仕事ができる。

・粘り強さ、現場を支える力がある。

・柔軟な考え方と向上心がある。

上記のように一般職にはない素質が必要となります。ですが、男性ばかりでなく女性にも挑戦できる仕事です。自信を持って挑戦してみてはいかがでしょうか。

とくに、仕事を頑張りたいという女性のかた、仕事と、家庭の両立を考えている方にはおすすめです。

エリア総合職(地域総合職)になりたい!就職活動対策

エリア総合職は、転勤はありませんが総合職なので、一般職のように事務仕事ではありません。そのため、志望動機には総合職と同等の仕事をしたいけれど、地域に密着していきたいとアプローチしていくと良いでしょう。

結婚を視野に入れている女性にとって働きやすいエリア総合職は、今後ますます増えていくことが期待されます。多くの女性が総合職として、活躍しながら働くことができる日も近いでしょう。

銀行員になるなら「リクルートエージェント」がおすすめ

銀行員への転職を考えているという方は、大手転職サイト「リクルートエージェント」などに登録してみましょう。

登録した人しか見ることができない非公開求人というかたちで、銀行員の求人が豊富に掲載されています。

銀行員はエリートというイメージがありますが、将来性への不安から人材の流出が続いているため、中途採用も積極的に進めています。

将来性にはたしかに不安がありますが、一時的に働くだけなら、給料もよく、忙しすぎず、安定もしているので、よい転職先と言えるでしょう。

リクルートエージェントのサイトを見てみる

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る