転勤が多いMRの彼とうまく付き合う方法4選:心に余裕を持つことが大切

記事の著者:1504517

MR(Medical Representatives)は専門的で高収入な職業の代表例で、婚活中の女性にも人気です。

しかしながら、実際にMRの男性と付き合うと、「出張や転勤が多くて全然会えない」、「接待ばかりで連絡がとれない」などと、不満を漏らす女性も少なくありません。

すなわち、MRの彼と結婚するためには、遠距離恋愛やコミュニケーション不足を乗り越えなければなりません。

今回は、そんなMRの彼とうまく付き合っていく方法を紹介します。

MRはどんな仕事?

MRの彼とうまくお付き合いするには、MRがどんな仕事かを理解しなければなりません。そこで最初に、MRの仕事内容をご紹介します。

MRの仕事内容

MRは、「医薬情報担当者」という医薬品のスペシャリストのことをいいます。

MRの役割は、自社の医薬品の情報を医師や看護師に正しく伝えることです。また、MRは、医薬品の使い勝手などの情報を病院から収集して、自社の研究開発にフィードバックする役割も担います。

MRに出張・転勤が多い理由

病院は全国各地にあるので、MRの活動範囲も全国規模になります。

担当の医師から系列の病院を紹介されたり、学会やシンポジウムに出席する医師に帯同するなど、自然と出張は多くなるでしょう。

また、大手の製薬会社では全国各地に営業所を設置して、定期的にMRをローテーションすることが多いため、とても転勤が多い職業です。

MRに接待が多い理由

MRは、自社の医薬品を病院に売り込む営業マンの役割も担っています。そのため、医薬品の選定に影響力のある医師への接待は、MRの仕事の重要な要素です。

最近では、業界の自主規制で接待も減少していますが、それでも接待が完全になくなるわけではありません。

MRの彼とうまく付き合っていくには

ここからは、実際にどうやってMRの彼とうまく付き合っていくのかを紹介します。

仕事を理解したうえで付き合うのが大事と言えるでしょう。

連絡がなくてもイライラしない

まずは、メールの返信がなかったり、電話が繋がらなくてもイライラしてはいけません。

彼にとっても仕事が終わって携帯を見たときに、たくさんの着信や電話に出ないことを非難するメッセージがあったら、うんざりします。

MRは病院で働く医師や看護師を相手にする仕事なのですから、予定通りに仕事が終わるとは限りません。

そのため、事前に連絡する約束をしていたとしても、仕事の都合で連絡がつかないことは覚悟しておきましょう。むしろ、彼の仕事や体調を気遣うメッセージ残しておく寛容さが、彼をホッとさせる秘訣です。

あなたから会いに行く

週末は、あなたから彼に会いに行きましょう。

彼は、仕事の疲れで外出する元気がないかもしれません。そんなときは、彼の部屋で一緒にご飯を食べたり、DVDを観たりと、まったり過ごしましょう。

また、彼は週末も仕事かもしれません。そんなときは、決して彼を非難することなく、彼の部屋の掃除や洗濯をして帰るくらいの寛容さが必要です。

定期的に旅行する

普段はスケジュールが合わない彼でも、年末年始、GW、夏休みなどは休みがとれるでしょう。そこで、長期休暇には彼と旅行するのがオススメです。

旅行の予定があれば、旅行の計画を立てたり、旅行に向けて貯金するのも楽しくなります。

没頭できる趣味を見つける

彼に会えなくてイライラするのは、あなたに趣味がないことが原因かもしれません。そこで、あなたが没頭できる趣味を見つけましょう。

趣味に没頭すれば、彼と会えないストレスも発散でき、週末に暇を持て余すこともなくなります。ストレスを発散して彼に優しく接する余裕ができたら、彼との関係もさらに良くなるはずです。