女上司とうまく向き合う方法4選:礼儀やマナーはしっかりと

女上司と聞くと、きつい女性を思い浮かべる人もいますが、実際は優しかったりイメージ通りであったり、さまざまな人がいます。

全ての人に共通していえることは、男社会で苦労してのし上がってきたことです。同じ女性であるならば、共感や尊敬がしやすいでしょうから、女上司とうまく向き合っていけるはずです。

今回は、女上司との付き合い方に悩んでいる女性に向けて、女上司とうまく向き合う方法を紹介します。

また、女上司の中には仕事に関係のないことでもいちゃもんをつけてくる人などもいて、仕事に支障が出てしまうことも。そんなときは、思い切って転職をしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントではプロが転職をサポートしてくれるので、働きながらでも効率よく次の就業先を探すことができます。無料で利用できるので、まずは登録してみましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

礼儀やマナーはしっかりと

まずは社会人として、礼儀やマナーをしっかりと身につけることが大切です。礼儀やマナーがなっていないと、女上司からの印象も良くないでしょうし、嫌われてしまいます。

挨拶は軽い会釈ではなく、はっきりと聞こえる声で自分から行いましょう。女上司が電話などしている場合は、軽く会釈して邪魔にならないようにすることが大切です。

言葉使いにも、十分注意しましょう。女上司が年下である場合でも、しっかりと敬語で話すことがマナーです。また、自分が使っている敬語が間違っていることも少なくありません。本などを買って、確認しましょう。

話を聞くときは、身体も女上司の方に向けると印象が良いです。服装やヘアスタイルは、清潔感がありTPOをわきまえたものにしましょう。遅刻は厳禁です。

また、職場に仲の良い友人がいても、業務に支障が出たり余計な気遣いをしないように、職場ではあくまでもビジネスパートナーとして接しましょう。

しっかり仕事をする

次に大切なのが、しっかり仕事をして、女上司に認めてもらうことです。

「報・連・相」をきちんと行い、報告する順番にも注意しましょう。新人の頃や忙しい時期、職場の雰囲気がピリピリしている時は、分からないことがあっても、人に相談しにくいです。

しかし、トラブルになる可能性もありますから、分からないことはしっかりと聞きましょう。

女上司からのアドバイスや意見は、素直に聞き入れて同調することが大切です。

上司に敬意を払う

ビジネスの現場は、まだまだ男社会です。そんな男社会でのし上がってきた女上司には、たくさんの苦労があったことでしょう。

同性であるなら尚更、尊敬できる部分があります。そこをしっかり見たり考えたりすることで、女上司とうまく向き合っていけます。

また、飲み会の席などで女上司の苦労話を聞いてみたり、上司の気持ちに寄り添うなどの気遣いをすることは、女上司と打ち解けるうえで大切です。

女上司と仲良くなる

男対女という状況や派閥争いの際、仕事のやり方で別の上司ともめている時など、常に女上司の味方でいましょう。同じ目線で物事を見たり、日頃から世間話や雑談をすることを心がけることで、女上司とうまく向き合うことができます。

飲み会などに誘われた際は、付き合いましょう。飲み会の場でも、礼儀やマナーには気を付けておくことが大切です。仲良くなれたとしても、あくまで上司ですから対等な関係を目指さないようにしましょう。

まとめ

女上司といっても、さまざまなタイプの人が存在します。頼れる仕事のできる上司もいれば、部下を妬み嫌味を言ってくる人も少なくはありません。

もし自分には合わないと感じたら、早めに転職を考えてもいいかもしれません。今の時代、転職はあたり前になっているので、ぜひ思い切って職場の環境を変えてみてください。

リクルートエージェントでは他の転職サイトでは紹介していない、企業の細かい情報を教えてくれるので、事前にどんな雰囲気なのかを知ることもできます。

またプロのキャリアアドバイザーと面談をすることができるので、今後の職場での人との付き合い方について、考え直す機会になるかもしれません。ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る